FC2ブログ

Category

2019.09

 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  

U-17代表メキシコ遠征・グループB 強豪ブラジル相手に宇佐美貴史が2ゴール! 

http://anchorage.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1232873791
>極端な話だと、
>Jリーグのプレスはボールを狙いにいく、
>欧州サッカーのプレスはボールホルダーに体を当てにいく、
>って感じだな。
>まず相手のボディーバランスを崩してから、
>ボールコントロールが困難になったところでボールを奪
>う、って感じ。

攻撃時もDFをただ避けて突破しているのでは無く
DFに体を当てて
バランスを崩してから突破している事も多いと言う事は
無いのかだが

まあ只自陣深くで余り体を当てると
ファウルに成った場合リスクは有る訳だろうが
他の場所では体を当てて行くと言う選択肢も有る訳だろうし
フィジカルが弱く共当たりように拠っては
大きな相手のバランスを崩せる訳だろうか


DF出身の監督が高度な攻撃戦術等出来るのかだろうし
逆にFW出身のコーチが高度な守備戦術等出来るのかだろうし
野球の様に攻撃用のコーチと守備用のコーチを
付けると言う方向も有るだろうが
こう言う例は有るのかどうかだが

コメント

http://schiphol.2ch.net/test/read.cgi/eleven/1220269400
>もうやってるよ
>岡田監督の守備+大木コーチの攻撃
>=今の日本代表
>すこしずつだけど形になってきた

>・前線からの積極的なプレス守備
>・パス&ムーブ
>・流動的なポジションチェンジ
>これって大木さんの影響でしょ

と言う意見も有るし
守備的な岡田にしては
攻撃パターンを考えていると思ったが
攻撃は別の人間が指揮して居た訳だろうか

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A4%A7%E6%9C%A8%E6%AD%A6
>彼の戦術として印象的なのが、「クローズ」である。ドリブルやサイドチェンジは極力排除し、片方のサイドだけでパスを回していくものである。
>この戦術のメリットは奪われてもすぐに取り返せるところであるが、逆に個人個人の技術も必要である。そのため技術的に乏しい選手が多い甲府ではガラ空きの逆サイドに回されて失点することが多かった。

無理なサイドチェンジや中央突破でボールが奪われる場面も多いかも知れぬし
ボールを片方のサイドから素早く前に運んで
セットプレーやミドルを出来るだけ沢山放つと言う様な方向も
有る訳だろうか

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://boukenkyuusha.blog72.fc2.com/tb.php/3813-d21773ca