FC2ブログ

Category

2020.08

 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  

欧州発の「日本株推奨」発言が意味するものとは? 

http://archive.mag2.com/0000228369/20081228200000000.html
>ドイツ・フランクフルトのプライベート・バンカーが
>有力紙フランクフルター・アルゲマイネ・ツァイトゥングの
>インタビューにこたえ、何と日本株は「買い」だと、
>それも極めて「買い」だと言いきったというのです。

>東欧の実体経済が危機に瀕し、そのファイナンスを
>行っていたドイツも深いダメージの中にあります。

>そのドイツで「希望」として語られる日本株。
>果たしてその根拠は何なのでしょうか?
>そして、このタイミングでそれが喧伝される理由とは?

ロスチャイルドが
東欧と共に破綻するドイツの金を
破綻前に日本に移動させる為の
口実と言う事では無いのか
どうかだが


http://archive.mag2.com/0000228369/20081228080000000.html
>●「トルコのEU加盟交渉が少しずつ進む」

独・東欧が抜けた新EUに
英のシーレーン周辺国のトルコが入ると言う事に
成るかも知れぬし
以前は反対して居た仏も
今回は反対しない可能性も有る訳だろうか

コメント

しかし、日本の実体経済もギリギリだと思うんですがねえ。
それに比べても欧州破綻、米破綻は大きいということなんでしょうか。

EUがクラウス・サルコジの対立や
東欧のデフォルト等で
東西分裂した場合は
ユーロは最低でも半分と言う事に成るかも知れぬし
独が東欧の損失で崩壊すると言う意見も有るだろうから
新マルク等も危ういと言う事かも知れぬし
米はデフォルトやクーデターが起き得るなら
ドルは1/10以下に成ると言う事かも知れぬし
打撃は輸出依存度の少ない
日本の比では無いと言う事だろうか

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://boukenkyuusha.blog72.fc2.com/tb.php/3655-db9b050b