FC2ブログ

Category

2020.01

 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  

日本、サウジアラビアに0-1で惜敗=アジアカップ予選 

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20060904-00000001-spnavi-spo
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20060903-00000025-nks-spo
カウンターに対するカウンターと言うのも
考えて居た様だが
実戦で出来たのかだろうし
他の攻撃も内側に良いボールは殆ど
入って居なかった訳だろうし
此れは敵が素早く引いて居た事も有るだろうが
この様な状況で点を取るには
ミドルのレンジに素早く運んで
ミドルを数打って相手を引き出してから
サイドから攻撃か
或いはサイドから上がって相手を下げた後で
ミドルを打つと言う様な方向を
繰り返すと言う方向も有ったかも知れぬし
此れが無理なら
セットプレーを狙う事に徹すると言う
方向も有った訳だろか
(中央も縦方向の突破は兎も角
 横方向のドリブルなら
 可也出来ていたかも知れぬし
 PA付近中央で横方向のドリブルを繰り返せば
 相手がファウルをしたと言う
 可能性もも有る訳だろうし
 サイドは突破出来ていただろうから
 サイドからセットプレーを取ると言うのは
 容易だったかも知れぬし
 サイドを警戒して相手が引いた所に
 中央に渡してミドルと言う
 方向も有ったかも知れぬが
 相手も此れを警戒して中央を分厚くして居たかも
 知れぬし
 サイドを下げて中央を分厚くされれば
 ミドルもサイド攻撃も可能なのかだろうし
 矢張りセットプレー或いはカウンターしか
 無かったのかも知れぬし
 カウンター以外では
 中央で横方向のドリブルをして
 ファウルを貰うか
 或いはサイド突破から
 CKを取るかと言う所かも知れぬが)


http://www.nikkansports.com/soccer/japan/p-sc-tp2-20060903-84666.html
この練習が例の川口のミスを招いたと言う
可能性も有るのかも知れぬし
川口のフィードに特に改善は
無かったかも知れぬし
ミスを許さないオシムの影響か
ミスを恐れて
攻撃が単調に成っていたと言う
事かも知れぬし
或いはアウェーを意識する余り
守備的な練習に
偏り過ぎたと言う事は
無いのかだが

巻は序盤に負傷していたと言うし
巻を早急に交代させていれば
或いは勝てたと言う可能性も
有るのかどうかだが






Amazon デスクトップPCランキング





人気blogランキングへblogranking







サッカー 戦術



サッカー
サッカー 戦略
サッカー 理論
サッカー 科学
サッカー 技術
サッカー テクニック
サッカー 練習
サッカー トレーニング
サッカー メンタル
サッカー 上達
サッカー 体力
サッカー フィジカル
ドリブル
サッカー シュート
サッカー パス
セットプレー

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://boukenkyuusha.blog72.fc2.com/tb.php/293-e33624b4