FC2ブログ

Category

2019.11

 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  

「あしがら」と命名され進水 海自6隻目のイージス艦 

http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/politics/diplomacy/17061/
イージス6隻目も何時の間にか
進水していた様だが
マスト部分がステルスを考えて
改良されて居ると言うが
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%83%BC%E3%83%AC%E3%82%A4%E3%83%90%E3%83%BC%E3%82%AF%E7%B4%9A%E3%83%9F%E3%82%B5%E3%82%A4%E3%83%AB%E9%A7%86%E9%80%90%E8%89%A6
アーレイバークより可也太いかも知れぬが
アーレイバークの物は強度が不足していると言う様な
情報も有ったかも知れぬが
旗艦能力を持たせたブリッジの高さの差で
マストが高く成ったから
強度を持たせる為に太く成ったと言う
事かも知れぬが


>CIWSファランクスやハープーンを省略したり、また、VLSのクレーンを撤去
>して、積めるミサイル搭載数を増やすなどの対応策がおこなわれている。

こう言う改良は自衛隊のイージスには
無いのかだが
米イージスもCIWSはRAMに取り替えられていたかも知れぬが
艦載のハープーンは矢張り
使う局面は殆ど無い訳だろうか
(ハープーン用のランチャーに巡航ミサイルでも装備すると言う
 方向も有るだろうが
 サイズが違うのだろうか)


>主砲は艦首にMk45を1門装備する。Mk45は5インチ54口径で発射速度は毎分20
>発程度となっている。

対地用の127mmは妙に
発射速度が遅いが


>事実アーレイバーク級の改良型であるこんごう型護衛艦では毎分40発以上発
>射でき対空目標への使用が可能な艦砲を装備しているがその分艦首が延長さ
>れている。

対空用でも毎分40発程度だろうし
ザクマシンガンの様な物が有るとすれば
発射速度は此れより若干速い程度なのだろうか


>また前部のSPG-62は5インチ砲の射撃管制用としても使用される。

と言う事は砲もミサイル迎撃が
可能なのかどうかだが


>また、対潜任務の重要度低下により、曳航式ソナーの装備が廃止され、代わ
>りにバウソナー内に機雷探知用の高周波ソナーが装備された。

自衛隊のイージスには曳航ソナーは
装備されて居るのか
どうかだが


>Mk41VLSはフライトI、フライトIIでは前後VLSのうち3セルづつがミサイル再
>装填用のクレーンを装備するために割かれていたが洋上でのミサイル再装填
>は困難で危険も伴うことから現実的ではないとされ、フライトII Aではクレ
>ーンを廃止し、かわりにセル数を増し前部32セル、後部64セルの計96セルと
>なっている。

洋上でのミサイル装填が困難だっとは
知らなかったが
自衛隊のイージスはクレーンは
外されているのかどうかだが


http://hobby7.2ch.net/test/read.cgi/army/1154529281/901-1000
>フライトⅡaの艦齢が若いのはRAMの代わりにESSMを搭載だったような。
>曳航ソナーは「あたご」は無し、「あしがら」は装備、他のDDGは装備、だ
>っけ。

と言う様な情報も有るし
RAMさえ無い艦艇も米には有る訳だろうが
自衛隊は信頼性等の問題で
ESSMやRAMは装備せず
CIWSを装備すると言う
方向なのだろうか


RAMの射程も可也長かったかも知れぬし
自艦の防御以外にも使えないのか
どうかだが
http://www004.upp.so-net.ne.jp/weapon/ram.htm
RAMの射程は10km程度有るだろうが
射程の短いRAMの使用は
リスクが有ると考え
SM-2やESSMを増やして
対処しようと考えたのだろうか






Amazon ノートPCランキング





人気blogランキングへblogranking





参考文献:最新兵器



新兵器
ミサイル
ハイテク兵器
ハイテク戦争

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://boukenkyuusha.blog72.fc2.com/tb.php/275-092ff21b