FC2ブログ

Category

2019.09

 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  

スペインが44年ぶり優勝/欧州選手権 

http://www.sanspo.com/soccer/news/080630/scd0806300710000-n1.htm
独の失点もレーマンの飛び出す位置が
やや遠過ぎたと言う事は無いのかだが
独も徹底してサイドからCKや
FKを狙えば
未だチャンスは有ったか知れぬが

独もカウンターから徹底してセットプレーを狙えば
どうだったのかだが
(良く上がって来るセナやシャビ・ラモスの背後に
 カウンターを掛けてセットプレーを取ると言うのは
 無理だったのかだが)


1ボランチにした後は独のカウンターが良く成ったが
スペインもボランチ横を狙ったかも知れぬが
1ボランチにしたなら独のセットプレーは
強力だった筈だろうか


ディフェンシブな選手を後半はスペインも増やしたが
攻撃力は無い訳では無い訳だろうか

http://news24.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1214777923/
>今回も残り時間結構あるのにドイツより早く3枚交代枠使い切ってたな
>3枚目はトーレスがバテたらグイサに変えるいつものやり方だけど
>結果論かもしれんがあのじーさんすごい

此れはスペインのフィジカルの弱さを補う為の
早目の交代であると言う事かも知れぬが
(控えのモチベーションを高める意味も 
 或いは有るのかも知れぬが)
2枚は兎も角3枚代えるのは故障を考えると
リスクは無いのかだが


独のセットプレーのディフェンスを見れば
スペインはショートコーナーに拘る必要は無かったかも知れぬし
ショートコーナーだけやるとリズムが狂う可能性も
有っただろうか

序盤は独もセットプレーが多かっただろうし
此れはスペインの失策では無いのかだが
中盤以降はクリアやスローインに逃れる等して
可也セットプレーは
取らせない様にしていたと言う事かも知れぬが
(独もセットプレー以外で
 前線のFWに放り込む場面が余り無かっただろうが
 此れはスペインがフリーでPA内部に
 クロスを出させない守備をしたと言うより
 独の戦術の不徹底では無いのかだが)


MVPはシャビと言う事の様だが
点には絡んでいるが
セナが居なければ中盤の守備が出来ず
スペインの優勝は無かったと言う事かも知れぬし
あの様なタイプの選手はスペインには
居なかった訳だろうし
シャビが居なく共或いは優勝出来たと言う事は無いのかだが


http://sportsnavi.yahoo.co.jp/soccer/eusoccer/headlines/20080630-00000040-spnavi-socc.html
>1点を追うレーブ監督は、後半13分にMFヒッツルスペ
>ルガーに代えてFWクラニーを投入し、2トップのシステ
>ムにして反撃を試みた。実際、その選手交代は効果的
>で、後半20分以降、ドイツが3度いい形でスペインのゴ
>ール前に攻め込んだ。しかし、アラゴネス監督は即座に
>反応し、後半18分にセスクに代えてシャビ・アロンソを投
>入。目的は中盤の守備強化、特にディフェンスライン前
>のバイタルエリアのスペースを消すことだった。その狙い
>通り、ドイツの反撃はシャビ・アロンソの投入によって収
>まり、終盤もスペインがドイツの猛攻を受けることはなか
>った。

独の2トップに対応し
ダブルボランチにして守備力を即座に
強化していた訳だろうか
(2トップに対してはセナと言え共1ボランチでは
 厳しいと言う事かも知れぬが)


>交代枠2つを同時に使う積極策も目立っていた。

同時に2枚交代した方が
相手をより混乱させられる訳だろうか


スペインの監督が胴上げを受けていて驚いたが
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%83%B4%E4%B8%8A%E3%81%92
仏にも胴上げの風習は有るのかだが
日本の物が伝わった可能性は有るのだろうか



日本もスペインの様なサッカーをしろと言う意見も多いが
日本の場合はセナ等は居ないから2ボランチが
必要と言う事は無いのかだが
ボランチ以外の前線の選手はスペインの様に小型でも良い訳だろうが
トーレスの様な大型FWが
1枚は必要と言う事は無いのかだが

或いは闘利王の1ボランチと言うのも有り得るかも知れぬが
セナ程の守備能力・運動量は有るのだろうし
故障も多いだろうか

コメント

http://sports11.2ch.net/test/read.cgi/football/1214790884/
ちなみに各国代表平均身長は

スイス 184.6
チェコ 184
ポルトガル 180.8
トルコ 180.3

オーストリア 184.4クロアチア 184.9
ドイツ 184.8
ポーランド 184

234 :ココローシャ:2008/06/30(月) 21:04:12 ID:zuBgqum9O
オランダ 183.3
イタリア 183.1
ルーマニア 181.4
フランス 181.8

ギリシャ 184.4
スウェーデン 184.1スペイン 179.6
ロシア 182.2

トルコよりスペインの方が小さい訳だろうし
大会中で一番小さい者が勝ったと言う事だろうが
独も170cmのラームがトーレスにやられていただろうし
SB・CB・ボランチのフィジカル軽視は限度も有ると言う事は
無いのかだが

DF・ボランチが大型でも
前線の選手が小型の場合は
セットプレーの時は厄介だろうから
セットプレーを取らせない様にする必要は
有る訳だろうか

スペインも
プジョル(178cm)以外のDFは180以上だろうし
セナも177有り
途中からボランチで入ったシャビアロンソも
180以上だろうから
170のラームをSBにしてディフェンスを軽視する様な事は
して居ない訳だろうし
独が逆にトーレスのフィジカルにやられると言う
皮肉な結果に成った訳だろうか

日本も駒野がW杯でラームの様にやられているだろうし
SBやボランチのフィジカル軽視は
問題では無いのかだが

スペインの余り小型では無いDF陣を考えると
独の放り込みは余り通用せず
セットプレーに持ち込んで
前線の小型選手にもディフェンスを強いらせる必要が
有った訳だろうか
(或いは2・3列目の選手を狙って
 放り込めば
 スペインの前線の選手もディフェンスを強いられた訳だろうか)

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://boukenkyuusha.blog72.fc2.com/tb.php/2710-afab92b2