FC2ブログ

Category

2019.11

 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  

††Red Devils Manchester United 176†† 

http://sports11.2ch.net/test/read.cgi/football/1209115845/
>バルサみたいに平面での戦いがメインなら今の引き篭もり方で十分
>でもチェルシーにはドログバがいるんだから同じ戦法では駄目なんだよ
>現にリオややヴィダや茶は競り負けてばかりでロングボ
>ールがことごとくドログバに収まって
>簡単にあの危険な位置で起点を作らせてしまっていた

>あと、この引き篭もりをするならドログバみたいな電柱が
>いないと攻めが機能するわけない
>栗はスペース消されたら終了、最終ラインから巧くショー
>トパス繋いでいく技術もないのに

ドログバクラスのパワーの有るFWでは
パワーの有るCBも高さでやられると言う事は
有る訳だろうが
アンリやボージャンのスピードにもMANUDFは
何処迄付いて行けるのかだが

MANUもチェルシー戦の負けは計算外では無いだろうが
ルーニーの怪我は無論計算外だろうが
バルサ戦に間に合うのかどうかだが


>チェルシーCLプレミア優勝&ドイツEURO優勝ならバラッ
>クバロンドールだろ

チェルシーのプレミア優勝は正直可能なのかだが
CL決勝もモスクワでやるなら
チェルシーが勝つ可能性も高いかも知れぬし
ドイツは英誌も認める
ユーロ2008優勝最有力候補だろうか


>何でテベスを出さなかったのだろう?多分バルサ戦は4-
>3-3だろうし、テベスはどうせサブでしょ。
>ヴィディッチが膝アッパーでのダウンダメージから回復が
>無理だと、また4-4-2でいくのかなぁ。
>攻撃的に行くならともかく、ポゼッションで分の悪いバル
>サ相手に4-4-2はミスマッチだと思う。
>1stレグでは4-4-2でCL用の戦い方をして、攻撃に見る
>べきところは全くなかったけど。
>アンデルソンは囲まれてもキープできるし、前に運ぼうと
>いう意識があるから見てて楽しいのだが
>ここのところ出場機会が減ってるし、コンディションが万
>全で無いのかな。

前にも書いた様に
アウェーで守備的な戦いをするなら
4-4-2では中盤を支配され得るだろうし
厳しいと思ったが
テベスを出さなかったと言う事は
ホームでも同様の戦い方をする可能性も
有る訳だろうが
此れは守備的サッカーに徹していると言う
批判をかわす為も有るのかどうかだが
(まあしかしバルサに中盤を支配されて
 ファーストレグに似た様な結果に成ると言う恐れも
 有る訳だろうか)


>バルサ戦に対して悲観的な見方もされてるけど、あれだ
>けポゼッションで上回りながらホームで
>0-0に終わった相手にオールドトラッフォードで負けるは
>ずないと楽観視していいと思うけどなぁ。
>バルサスレを覗くと引きこもりを非難されながらも、守備
>の組織を褒めてる発言も見られた。

まあしかし1失点でもCLでは致命的に成る事も多いし
バルサもMANUのカウンターを警戒し乍ら
攻めて来る可能性も有る訳だろうし
篭ってカウンターを狙うのでは無く
1トップで中盤を固めつつ全体を前に上げて
攻撃し続けると言うのが正しいのか
どうかだが
守備的サッカー批判を恐れたのか
2トップでやや中盤守備を捨て攻撃すると言う戦術に
ファーガソンも出ると言う事かも知れぬが
中盤を支配されて押し込まれ
失点しアウトと言う事に成るかも知れぬが


まあしかしMANUは
来期もこんな運動量のサッカーが
出来るのかと言う疑問は有るだろうし
イングランドがユーロ予選で敗退したから
無理なサッカーを続けて勝とうとしていると言う事は
無いのかだろうし
ユーロ優勝後のギリシャの様に衰退すると言う
可能性は無いのかだが

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://boukenkyuusha.blog72.fc2.com/tb.php/2500-1f14f1df