FC2ブログ

Category

2020.08

 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  

「日本の底力は『おもしろければなんでもあり』にあり」 

http://business.nikkeibp.co.jp/article/person/20080416/153213/
>マーティ: 誰がそれを言いだしたのかは知らないけれ
>ど、それはバカな人だよね。どんな音楽でも、ミュージシ
>ャン同士、いろいろ影響しあってる。ビートルズだって、プ
>レスリーから影響受けてるじゃん。プレスリーも、チャッ
>ク・ベリーも、影響しあってるじゃん。

> どんなミュージシャンも、100%、誰かの影響を受けてる
>から、パクリとかそんなことは考えない方がいいんです
>よ。「その音楽が好きだから。好き」。誰かがパクったと
>か、パクリ=悪とか、もったいないよね、その考え方。だ
>って僕、ビートルズは嫌いだけど、PUFFY大好き(笑)。

> そういうイメージは、すごく消えてほしい。だって、まった
>く同じように洋楽だってパクっているんだし。日本では元
>曲が分からないから、わからないのかな。それに……最
>近、アメリカのアーティストは日本のアーティストをパクっ
>てるよ。 ビジュアル系の影響が少しずつ入っているし、イ
>メージだけじゃなくて、音楽のセンスもパクってる。僕の
>音楽だって、日本に住んでいる影響がいっぱい。みん
>な、お互いに影響あるんだから、そしてそれがいいんじゃ
>ない。

矢張り覇権国が世界に流行する音楽を
決めると言う事かも知れぬが
米経済覇権崩壊前に
主流の音楽は日本発の物に明確に切り替わるのか
どうかだが


>―― この本の中で「えっ」と思ったのが、アメリカの音楽
>状況です。「ラップ、R&B、ロック、細かいジャンル分けが
>しっかりあって、そこから絶対に外れない」という話はす
>ごく意外だったんですよ。あちらは音楽の先進国なのだ
>から、いろいろ新しいことをやっていて、新しいジャンル
>や音楽がどんどん生まれているんだろう。そこからJ-PO
>Pはおいしいとこ取りをしてるんじゃ、ぐらいに思ってまし
>たけど、そうではないんですか。

>マーティ: アメリカでは確かにジャンルがしっかりしてい
>るんですが、結果的にその枠に縛られているんですよ。
>例えば向こうのヘビーメタルは、ほかのメタルバンドから
>はパクるけど、ラテン系の音楽からパクれない。ディスコ
>ミュージックからもパクれない。

> ところが日本では、ジャンル関係なしに好きだったらパ
>クる(笑)。ほかのジャンルからパクっちゃダメ、みたいな
>。ルールがないから、結果的にはすごく冒険的に、面白>いものが生まれてくる。たぶん失敗作も出るかもしれな
>いけど、冒険する時って、そういうものでしょ。

> おかげで、メチャメチャ面白い、オリジナルな融合が生
>まれてくる。だから、日本でジャンル分けが強くないの
>は、とってもいいことだと思います。

米のジャンル分けは人種対立の影響が有るのかも知れぬが
今後は日本でジャンルが混合された音楽が
世界に流行すると言う事に成るのかどうかだが

コメント

英米

ピーター・バカランが JPOP はパクリばっかりと言ってたのを見たことある。
バカランとの違いは単にセンスの問題なのか、それとも自身がクリエーターかどうかの違いなのか、はたまた、英国人と米国人の違いなのか。

  • [2008/04/17 20:42]
  • URL |
  • USS Virginia SSN774
  • [ 編集 ]
  • TOP ▲

まあ仮にコピーしか無く共
ジャンルの混合というのが他国には困難なら
意味は有ると言う事かも知れぬが

ハイブリッド音楽

サラダボウルの世界では民族や文化的アイディンティティの堅持という問題も絡んでくるんで、うかつに融合できないという抑制も強く働くんだと思います。

日本だとそういうの意識しなくて済むから、融合しやすいのかも。

  • [2008/04/18 00:51]
  • URL |
  • USS Virginia SSN774
  • [ 編集 ]
  • TOP ▲

>サラダボウルの世界では民族や文化
>的アイディンティティの堅持という
>問題も絡んでくるんで、うかつに融
>合できないという抑制も強く働くん
>だと思います。

米崩壊後に
多人種・多民族でも文化が融合する
世界帝国が
ロックフェラー等の手により
日本中心等で作られると言う可能性は
有るのかどうかだが
(米欧中露が崩壊し
 例の6月から始動すると言う
 東京の金融特区に彼等が来れば
 そう成る可能性も有るかも知れぬが)

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://boukenkyuusha.blog72.fc2.com/tb.php/2469-9afbeeca