FC2ブログ

Category

2020.04

 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  

ロシアがCFE条約の履行を停止 

http://news.tbs.co.jp/part_news/part_news3730943.html
欧露関係は更に悪化と言う事かも知れぬが
イランの核開発停止を受けて
米はMDで譲歩するのかだが
譲歩しないとすれば
欧州への兵力増強は有るのかだが
米の経済が其の前に崩壊し無いのか
どうかだが

チェイニー逮捕ならロシアがグルジアや
ウクライナ東部等に侵攻する可能性も有るかも知れぬが
東欧に迄は行くのかどうかだが
米の助力無しに欧州は東欧は
守れるのかだが


ロシアもウクライナ東部・グルジア
http://www.tokyo-np.co.jp/article/world/news/CK2007121202071453.html
独立を阻止したい
コソボへ軍や物資を投入したり
或いはプーチンと仲の悪いベラルーシ大統領も
打倒を目論む可能性も有る訳だろうか


http://www.nikkei.co.jp/kaigai/eu/20071211D2M1100711.html
MDと言うよりEUのコソボ独立支持に反発しての
CFE条約履行停止と言う
事かも知れぬが
EUは独立支持を撤回する可能性は
有るのかどうかだが


エストニアとロシアの仲も可也悪かっただろうが
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A8%E3%82%B9%E3%83%88%E3%83%8B%E3%82%A2
エストニアはNATO加盟国なので
侵攻は困難かも知れぬが


http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%AC%A7%E5%B7%9E%E9%80%A3%E5%90%88%E5%8A%A0%E7%9B%9F%E5%9B%BD
>アゼルバイジャン (イスラム教を信仰するイラン系アゼルバイジャン人が多数。イルハム・アリエフ大統領が父から権力を世襲。民族問題でアルメニアと対立し親米路線へ)
>モルドバ (ルーマニアとの国家統合も含めて計画。国内にはロシア系住民を中心とした独立運動)

後はモルドバ・アゼルバイジャンへの侵攻も
有り得るのかも知れぬが


ロシアのアルバニアへの攻撃と言うのも
アルバニアがアルバニア人主体の
コソボ独立を支援していると言うなら
有り得るかも知れぬが
EU加盟国のハンガリー等を通過しての
陸上ルートでの攻撃は無理だろうし
空母からの攻撃が有り得るのだろうか


まあしかしモルドバ攻撃はルーマニア軍の
偶発的な攻撃を招くかも知れぬし
アルバニア・コソボの攻撃も
イタリア軍の偶発的な攻撃を招き得るから
此れ等は避ける可能性も有るだろうし
ルーマニア軍やイタリア軍の攻撃は
EUとロシアの全面戦争を招く可能性が有る訳だろうが
ロシアも軍をモルドバやコソボの付近に展開し
攻撃を受けない程度に威嚇をする可能性は有る訳だろうか

コメント

アゼルバイジャンの民族は
イラン系だろうし
イランとの関係を重視するロシアが
彼等を攻撃出来るのかだが
親欧米の政権をイランが嫌っているなら
ロシアが侵攻する可能性も有るかも知れぬが

コソボのセルビア人に
武器を供給する可能性も有るだろうし
全面戦争に陥らない程度に
ロシアの特殊部隊を少数コソボに投入すると言う可能性も
有るだろうか
(モルドバにはロシアに合併する様に
 圧力を掛ける可能性も有るだろうし
 此れを拒否すれば政権転覆も有るだろうか)


セルビアの親欧米勢力を打倒する為に
セルビアの親ロシア勢力に武器を渡したり
セルビアにも特殊部隊を投入する可能性は
有る訳だろうか

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://boukenkyuusha.blog72.fc2.com/tb.php/1956-330968e2