FC2ブログ

Category

2019.09

 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  

当面はイラン戦は回避されたか否かだが 

アブダビのシティ救済で
当面イラン戦は無いかも知れぬが
英のバブルが崩壊して新興市場も崩壊し
アブダビ等がシティを救済困難と成れば
米もイラン戦を目論むかも知れぬが
チェイニーが逮捕されて
イラン戦は阻止と言う事に成るのだろうか


http://blogs.yahoo.co.jp/kabushikisobatenbo/8912594.html
>11月26日(ブルームバーグ):英ホームト
>ラックの調査によると、11 月の英国の住
>宅価格は2カ月連続で下落した。信用コス
>トの上昇を受け、住宅 市場で売買意欲が
>低下した。

英の住宅は
そう大幅な下落では未だ無い様だが


>次はどの国が住宅ローン問題に見舞われる
>のか? 英国は米国以上の熱狂的な不動産
>バブルが発生している。不動産評価が水増
>しされ、融資基準が緩和された結果、英経
>済は依然として健全でも、返済の延滞は急
>増し始めている。英国はサブプライム危機
>に直面しているだけではなく、米国よりも
>はるかに深刻な危機に陥りかねない。

>問題が生じた場合に物件を売却してローン
>を返すことは不可能であり、返済の継続を
>促す要因はほとんどない。英国はまだ、そ
>うした状況の入り口でしかない。しかし今
>後は米国よりもひどい混乱が生じかねない。

英は米以上のバブルと言う評価を
グリーンスパンもして居た訳だろうが
住宅価格の下落は始まったが
何時頃完全にバブル崩壊が
顕在するのかだが
英経済も保って後半年かも知れぬし
五輪前にバブル崩壊と言う可能性も有るだろうし
ゴールドマンが五輪前の新興市場暴落を
警告して居た訳だろうか

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://boukenkyuusha.blog72.fc2.com/tb.php/1842-b59893db