FC2ブログ

Category

2020.04

 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  

改札通るだけで発電-JR東日本実験・他 

http://live14.2ch.net/test/read.cgi/wildplus/1154321876/
前に紹介した物が遂に実用化と言う事なのかだが
設置コストを考えれば
設置されるのは極めて人通りの多い場所のみと言う
事なのだろうか


http://japan.cnet.com/news/media/story/0,2000056023,20185747,00.htm
>同社は、フル機能のデスクトップOSが不要となり、ブラウザとウェブアプリケーション
>でほとんどの作業を実行するようになる時代を目指している。

とは言え無論ブラウザを
実行する能力はOSには必要だろうが
今程汎用性は要らないと言う
事かも知れぬが
過去に言われた様にWEB上に
上の様な極めてシンプルなOSが置かれて
コンピューターは只の端末に成ると言う所迄
行くのかどうかだが
(記憶装置は端末側にも
 バックアップ用等の物を
 置ければ良いだろうか)
サーバーやネットワークの速度が未だ
不十分と言う事かも知れぬが
サーバーをグリッドコンピューターの様に使えば
可也の高速分散処理は可能かも知れぬが
ネットワークの速度が現状では不足と言う
事かも知れぬが



http://live14.2ch.net/test/read.cgi/wildplus/1154345964
まあしかし
http://www.gamenews.ne.jp/archives/2006/07/post_1126.html
とうもろこしのバイオエタノールは余り利点は無く
大豆ディーゼルの方が良いと有るし
何れこちらに転換すれば
大豆の価格が高騰すると言う事に
成るのだろうか


http://live14.2ch.net/test/read.cgi/wildplus/1154334290/
ホースを治す犬等が
居たと言う事なのだろうか


http://zen.seesaa.net/article/21642555.html
YouTubeも広告は未だ確か
入って居ない様だが
前紹介した様な
投稿したユーザーが
広告費の一部を貰えるシステムを
整えるべきだろうか


http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0607/31/news068.html
確かにブログはブログ検索で分けた方が
良いかも知れぬが


http://bb.watch.impress.co.jp/cda/news/14887.html
無料期間中に何が見れるのかだが
タグや
検索結果・或いは新着動画の
ジャンル別のRSS配信程度は
WEB2.0時代には
最低限対応するべきだろうが


http://www.nintendo-inside.jp/news/188/18806.html
此れが開催中止とは驚いたが
コストが掛かって居たと言う
事の様だが
今後はNET主体で体験版やムービーを
やり取りする事が主体に
成るのだろうか


http://gigazine.net/index.php?/news/comments/20060731_segway_centaur/
此れは軍用の偵察車両等には
使えるのかどうかだが


http://gigazine.net/index.php?/news/comments/20060730_long/
此れは細かく切って居ないし
包装も簡易だから
安価なのだろうか


http://japanese.engadget.com/2006/07/30/mit-photo-detecting-fibers/
繊維状の光学センサー成る物も有るが
余り役に立つのか
どうかだが


http://slashdot.jp/mobile/article.pl?sid=06/07/31/1025203&from=rss
前に書いた
携帯用の外付けディスプレイと言うのも
発売される様だが
メールや電子ブックを低消費電力で読める
電子インク+フラッシュメモリを装備した物等は
無いのかだが
(外付けバッテリの様な物が有っても
 便利かも知れぬが
 此れは恐らく既に有るだろうが
 電源確保には
 太陽電池や靴底等に付ける圧力発電機・
 或いは熱・モーション発電機等も
 使えるかも知れぬが)





人気blogランキングへblogranking






参考文献:ビジネスモデル



アイデア
発想
着想
構想
発明
発見
創造
説明
プレゼンテーション
演出
商品 開発
製品 開発
技術 開発
イメージ 戦略
マーケティング

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://boukenkyuusha.blog72.fc2.com/tb.php/172-2db70944