FC2ブログ

Category

2019.11

 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  

最新型の米原潜の戦略から見えるもの 

http://ameblo.jp/adco/entry-10047471951.html
>原潜のキャプテン(艦長)によれば、シー
>ルズは80人程度乗船するようだが、そう
>すると最大でも80人の兵力を敵地に送り
>込むしかできない。全員を上陸させたとし
>ても、軍事行動と呼べる活動を展開するこ
>とは不可能だろう。


> それにもかかわらず彼らは自信を持って
>敵を破壊できるような口ぶりだった。


> その数からいけば、彼らが語るように、
>大きな戦果を考えるとすれば、テロ国家の
>首相を拉致するぐらいなものだろう。


> しかし、彼らはそれ以上の破壊力がある
>ことを指摘していたように感じる。

> それはどこにあるのか…?

> この映画を見られた方は、すでにお気づ
>きかと思うが、兵隊たちはレーザービーム
>を照射していた。トマフォーク(Toma
>hawk)は、地形照合(terrai
>n contour matching)を
>しながら、レーダー網をかいくぐるため地
>上すれすれに飛び、目標に到達することが
>できる。しかも、偵察衛星からのデータを
>受け取りながら、目標に向かって巡航でき
>る。

> そして、こうしたアメリカのミサイル
>は、最後のアタックになれば、地上にいる
>兵士が目視しているターゲットに対してレ
>ーザーを照射することにより、ターゲット
>をピンポイントでヒットする能力を持って
>いるはずだ。

トマホークがレーザー誘導等出来るのかだが
タクティカルトマホークなら
特殊部隊からの情報伝達でGPS誘導等は
容易だろうし
指導者のピンポイント攻撃も
可能と言う事かも知れぬが
金正日はこの程度の情報は
公開等されず共
分かっていると言う事かも知れぬし
特殊部隊よりスパイの情報で
ミサイルを誘導されたり
スパイに直接暗殺されるのを恐れていると言う事は
無いのかだが

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://boukenkyuusha.blog72.fc2.com/tb.php/1545-11ea8c2c