FC2ブログ

Category

2020.08

 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  

世界史に見られるランドパワーとシーパワーの戦略VOL168 江田島孔明 

http://klingon.blog87.fc2.com/blog-entry-342.html
>私は、アメリカの上位0.1%の優秀な頭
>脳(これは、現在まで、インターネットや
>原爆やアポロ計画を実用化してきた)の奪
>い合いが始まると見ている。日本はこいつ
>らを国費を投じて、積極的にリクルートす
>べきだ。


米も遺伝子操作や薬物で
知能を強化した人間等を利用して
極秘に超兵器を開発していると言う
情報も有るだろうが
各国共似た様な事は
しているのかも知れぬが
此れも米のレベルが一番高いと言う事かも知れぬが
(此れ等の超兵器がWW3等で利用される懸念も
 無論有る訳だろうが)


彼等の脳だけでは無く
スカンクワークスの様なシステムも
導入すると言う事なのかだが
脳と機械の融合や
知能を持ったコンピューター・無人兵器等の技術も
裏では遺伝子操作等で知能を強化した
科学者等を利用して
可也進んで居ると言う事は無いのかだが


遺伝子操作等で24時間不眠不休で
機械や他の研究者の脳と
自己の脳を接続し乍ら研究を続ける
化け物の様な研究者が既に量産されて居るか
研究者さえ補助的に成り
人間以上の知能を持ったコンピューターが
既に研究の主体に
成って居ると言う可能性も
有る訳だろうが
彼等の開発した超兵器は
イラン戦やスパイ戦では
他国に技術が割れるのを恐れて
使用される可能性は無いと言う
事なのかどうかだが
現行兵器よりは高性能だが
技術レベルを明かさない
割りに低レベルな物は使用されると言う可能性は
無いのかどうかだが
イラク戦で此れが使用されて居る形跡は有るのかどうかだが
他国も使用しているので容易には米も
勝利出来無いと言う事なのか
どうかだが

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://boukenkyuusha.blog72.fc2.com/tb.php/1453-fea81954