FC2ブログ

Category

2020.08

 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  

海上自衛隊、外国人配偶者持つ隊員を情報部署から異動へ 差別に当たるかもとの懸念も 

http://news22.2ch.net/test/read.cgi/wildplus/1182918627/
此れは米ではどう成って居るのかだが
何れにせよ此れで
100%スパイを防げる訳では
無い訳だろうか

コメント

因みに警察では警察官、一般職員を問わず、共産党関係者との結婚を禁ずる暗黙のルールがあったりします。
共産国の人との国際結婚は…普通に考えてだめでしょうな。
共産国への渡航自体に制限があるくらいですから。
それを考えると、自衛隊は随分甘いなと以前から思っていたんですが。

どの道スパイは入り込むかも知れぬし
相手の情報収集を同様にやれば
良いと言う事かも知れぬし
同時に複数人を用いて同じ情報の収集をやれば
二重スパイの偽情報も見分けられるかも知れぬが
首脳や幹部に迄スパイが入り込んで居たら
正確な情報が得られても有効な状況判断が出来るのかだが
(イージス艦等でスパイに破壊工作を起こされれば
 ミサイルも迎撃出来るのかだが
 日本側も同様に北朝鮮のミサイル発射を
 幹部に入り込んだスパイや
 破壊工作で阻止出来ると言う
 事かも知れぬが)

敵の幹部にスパイを入り込ませられれば
誰が自軍・自国に潜り込んで居る
スパイか・及び彼等の目的も
把握出来る可能性も
有る訳だろうし
敵が把握している自軍スパイと言うのも
分かるかも知れぬが
(幹部にスパイを入れられれば
 傘下のスパイの情報を歪曲して
 偽情報を敵に渡す事も可能かも知れぬが
 複数の幹部に同じ情報を伝達する様な事をされれば
 困難かも知れぬが)


まあしかし1人の幹部が自軍の全部のスパイを把握しているとは
限らぬ訳だろうし
敵の幹部にスパイを少数潜り込ませたからと言って
敵の全てのスパイの動向が把握出来る訳では
無い訳だろうか
(敵の把握している自軍のスパイの情報と言うのも
 少数の幹部のスパイで何処迄把握可能なのかだが)

敵の幹部に味方のスパイが入り込んで居たら
首脳・幹部の意図を
把握出来ると言うのは大きいかも知れぬし
首脳がスパイなら国を操れるかも知れぬが
別に影の支配者等が居たら
どうなのかだが

北朝鮮の軍首脳部や党幹部にスパイを入り込ませれば
クーデターを起こせるかも知れぬが
果たしてスパイと出来ているのか
どうかだが

幹部や敵味方のスパイを監視する人間も
1名に対して複数用意し無いと
スパイが入り込んで居たら厄介だろうし
監視内容も複数の幹部に報告させると言う方向にしないと
監視内容の報告を受ける幹部に
スパイが入り込んで居た場合
厄介だろうが
スパイの幹部が複数の監視員に
全員スパイを任命する等の危険も
有るかも知れぬし
監視員の決定は複数の幹部で決める必要は
有るかも知れぬし
此れはスパイの決定も同様である訳だろうか
(首脳にスパイが入り込んで居た場合は
 幹部全員にスパイを任命すると言う様な事態も
 起こり得る訳だろうか)

護衛にスパイが入り込んで
スパイで無い幹部や首脳が
暗殺されると言う事も有るかも知れぬし
(無論自国のスパイを巻き込んでの暗殺も
 有り得る訳だろうが)
警備員にスパイが入り込んで
基地等への進入・脱出を許すと言う様な事も
良く有る訳だろうが
警備員のスパイなら
同一箇所を防衛する警備員を複数用意すれば
何とか対処は可能かも知れぬが
護衛にスパイが一人入り込んでも
要人を暗殺は出来る訳だろうが
此れには影武者で対処されると言う可能性も
有る訳だろうか

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://boukenkyuusha.blog72.fc2.com/tb.php/1346-3a0ff7ec