FC2ブログ

Category

2020.08

 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  

熟睡できる出前マシン 

http://www.gizmodo.jp/2007/05/post_1554.html
可也小型の装置であるし
携帯も可能なら
軍用に利用される可能性も有るかも知れぬが
何か副作用は無いのか
どうかだが
(脳以外に疲労が溜まる等の問題は
 無いのかどうかだが)


http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%9D%A1%E7%9C%A0
>人間では、6~8時間の睡眠のうち、1時間半~2時間をレム睡眠が占める。

1-2時間上の機械で眠れば
脳は問題は無いのか
どうかだが


http://www2.health.ne.jp/library/5000/w5000057.html
>しかし実はカラダのための睡眠は全体の5分の1だけで、そのほとんどが脳のための睡眠なのだ。人間にとって大切なのは脳の睡眠。

と言う事は
2時間の睡眠でも脳以外には
悪影響は出ないと言う事かも知れぬが


http://www.fuanclinic.com/owl/hakase1.htm
>ノンレム睡眠は「脳の眠り」であると言われ、一方、レム睡眠は「身体の眠り」と考えられている。

レム睡眠だけでは
脳に負担が掛かると言う事は
無いのかだが


http://www2.health.ne.jp/library/3000/w3000291.html
>大脳が最も休まる1回目と、2回目のノンレム睡眠時に、いかにぐっすり眠れるかどうかで疲労の回復が違う。極端に言えば、後の睡眠は「おまけ」みたいなもので、その「おまけ」が多い人と少ない人がいるだけである。しかし眠る寸前に神経が興奮していると、始めの深い眠りの時に十分休めず、その後がズルズルと 長くなってしまう。その人にとっての自然な睡眠時間を見つけるためには、眠り始めの約3時間を大切にしたい。

ノンレム睡眠を作り出す装置を
作るべきと言う
事だろうか

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://boukenkyuusha.blog72.fc2.com/tb.php/1254-b46326d3