fc2ブログ

Category

2023.05

 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  

12/27のツイートまとめ 

boukenkyuu

RT @hiro0725: 🎙️中国:○ロナ規制撤廃🎙️【速報】disclosetv『中国は1月8日からすべての検疫措置を廃止する - コビド「対策」を「カテゴリーB」レベルに格下げする。中国国家衛生委員会は、毎日のコビド患者数の発表も中止。』👁‍🗨 日本政府、○チン推進…
12-27 09:18

RT @Reloaded7701: 🚨🆕🐦ツイッターファイル💣要約ツイッターはいかにして5656論争を不正に操作したか🔺真実でありながら米国政府の政策に不都合な情報を検閲した。🔺同意しない医師や専門家の信用を落とす事でそのような情報を流す。🔺CDCのデータを共有する…
12-27 09:24

RT @amanojuku: #ブラジル インディオらが逮捕された指導者の釈放を求め、最高裁に詰めかけた。左派は弾圧を準備。https://t.co/Ay6ZpeHQtA
12-27 09:32

RT @amanojuku: #イーロン・マスク: #Twitterファイル COVID版、来週には、ハーバード大学、スタンフォード大学などの医師や研究者が登場する続編が掲載される予定です。#ツイッター #TwitterFileshttps://t.co/ZruE79P
12-27 09:33

合羽には防水用の油紙が挟まれる物も有るだろうし これに火を付けて敵を牽制等と言う事は行われたのかだが https://t.co/XUye1gBPOt
12-27 11:57

https://t.co/FvVNRJRKTj 提灯の火が合羽の油紙に引火して 焼死した例も有るのかだが
12-27 12:02

https://t.co/1BK4H5vnvk >江戸時代になると和紙に油を塗り防水加工を施した「紙合羽」が登場し、安い・軽い・便利、と三拍子そろっていることからあっという間に庶民にも広まりました。さらに木綿の生産が増えた江戸時代中期には、木綿の合羽も登場、
12-27 12:06

>袖付きで小袖の上に着る木綿合羽は前が開かないようヒモが付いているという細やかな心配りも。また、表地と裏地の間に防水用の油紙を入れた「引廻し合羽(ひきまわしかっぱ)」は旅行の必須アイテムとして大人気でした。
12-27 12:07

傘にも油紙が利用されるし これに火を付けて敵を牽制と言う事は行われたのかだが
12-27 12:14

RT @arahagaN_1: 🚨マリコパ選挙ディレクタースコット・ジャレットカリ・レイクの歴史的な選挙裁判で宣誓の下で嘘をつく投票用紙の印刷の問題について「選挙日の数日後」に知っていた事を認めた🗣️異なるサイズの投票用紙を使うなんて意図的にしかできない不正…
12-27 12:19

https://t.co/YoI7RoN0qU https://t.co/dmLatgn5Hz 浮世絵の引廻し合羽だと 膝下程度迄の長さは有ると言う事なのかだが
12-27 12:24

https://t.co/csGXSHxBgh >円形マント式の合羽では、行動には不便があった様で、着物に合わせた袖のあるものが作られる様になり、これを「袖合羽」と言い、これに対し従来のものを「丸合羽」或いは「坊主合羽」などと呼ばれました。
12-27 12:31

https://t.co/1BK4H5vnvk 渓斎英泉の浮世絵に袖無しの合羽が描かれるし 19世紀初期迄は此れは利用されたと言う事なのかだが
12-27 12:33

https://t.co/kjVwJgNYUh 細川忠興が居合で一色義定を暗殺した際は 左手で抜刀していた可能性も有るのかだが https://t.co/F9yIWBRN38
12-27 13:03

https://t.co/pF8FyTYjmF >忠興様は日置主殿を追ったが、主殿は逃げ延びた。この時主殿の弟二人が、忠興様に斬りかかった。そして斬り合いをしている所に、忠興様がお側に召し置いていた坊主が薙刀を取って庭に飛び降りるように言い、そのまま二人で厩に入り、
12-27 13:19

>その柱を盾にしてせり合いをしていた所、その内に広間に居た家臣たちが追いつき主殿の弟達を仕留めた。    細川忠興も一色義定暗殺後は 多数の敵に対し薙刀で戦闘していたのかだが 厩に入って同時に多数の敵と対さない様にしていたのかだが
12-27 13:21

https://t.co/xqtLBNQ5gw >自分の左側に刀を置いて相手と対座することを抜き打ち座(ぬきうちざ)と呼び、緊迫した状態です。幕末に、勝海舟と西郷隆盛が江戸城無血開城の直談判を行いましたが、その際の2人が対座する絵を教科書などで見たことはないでしょうか。
12-27 13:35

>その際の刀の置き方がまさに抜き打ち座なのです。この話し合いの緊迫感が伝わってきます。抜き打ち座に刀を置いて対座するということは、相手を信用せずいつでも斬り合うという意志を表すことになるのです。   一色義定暗殺時の様に相手に酒を出す様な状況だと 刀は右に置かれたのかだが
12-27 13:37

人形も火炎に紛れると 可也人間と識別し難く成る例も有るのかだが https://t.co/C2MZ3tbNRm
12-27 16:39

ブルウィップだと6mの物も有るが 分銅鎖は最長4m程度と言う事なのかだが https://t.co/Z2ia1zNN7K
12-27 16:42

https://t.co/E32u91pI1E 流星錘だと10m等の物も有るが 鎖では無く紐利用の可能性も有るのかだが
12-27 16:45

袖絡的な鈎付き分銅なら 合羽や野中の幕に掛けて拘束する事も可能なのかだが 通常の分銅鎖同様に 鞘に巻き付かせる例も有るのかだが https://t.co/ZhvjJy1xb0
12-27 16:54

水中に逃れて分銅を回避する事は 果たして行われたのかだが 鈎付き分銅だと掛けられる危険は有るのかだが https://t.co/On8fkJx1wl
12-27 17:04

水中で分銅鎖の打撃力は低下しても 自身も潜って近接戦で絡める事は出来ると言う事なのかだが https://t.co/9ifXqXZlck
12-27 17:09

首以外を絡めても 水中で拘束して窒息させる事は可能なのかどうかだが
12-27 17:10

合羽で鎌は 落とせるのかどうかだが 油紙が挟んであるとすると 耐久性は高いのかどうかだが https://t.co/3BQFAL0Hkx
12-27 17:30

https://t.co/W7DYla4zuK 現代物の槍付き陣鎌は有るが 古い物は分銅鎖が付く物以外は無い可能性も有るのかだが
12-27 17:32

https://t.co/bCr8ex13gJ 二刀神影流鎖鎌の鎖が付かない方の鎌も 槍は装備されるが これが単体で利用された例は有るのかどうかだが
12-27 17:38

https://t.co/QFg7iAy4sC 提灯やランタンだと 風には可也強いと言う事なのかだが 龕灯の前部を紙で覆った物は無かったのかだが https://t.co/dPYTSj1rVG
12-27 17:56

https://t.co/yRPFrpe9oL >この龕灯(がんどう)は、風に強いだろうと思ってはいたが、やはり強かった。時代劇で見る限り風に強そうだが、劇だからどうなのかなと思っていた。今回、扇風機で煽ってみたが消える事はなかった。
12-27 18:01

龕灯も風には強い可能性も有るが  雨が降っている際に上に向けると 火が消える可能性も有るのかだが
12-27 18:01

https://t.co/DgrIeOR3v2 >元禄初年(1688年)富裕な町人、 医師、 俳人たちも合羽の贅を競うようになったため、 幕府は数度に渡って着用を禁止町人のラシャ合羽着用なくなる    元禄期に古い形式の羅紗の合羽は 町人は利用出来なく成ったと言う事なのかだが
12-27 18:25

2刀の場合 脇での槍・刀の拘束が多く成る可能性も有るのかだが 西欧でも脇での剣や長物の拘束は有り 日本の浮世絵でも有るだろうか https://t.co/Q6MGkhYZPh
12-27 19:56

2刀が同時に 同一目標に投射された例も有るのかどうかだが https://t.co/jZF6atXYKI
12-27 19:59

狭く足場が悪い場所だと 槍を横に回避し難く 踏み込み速度も低下すると言う事なのかだが https://t.co/dXtrLVl94j
12-27 20:10

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://boukenkyuusha.blog72.fc2.com/tb.php/12112-25736abf