fc2ブログ

Category

2024.04

 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  

08/06のツイートまとめ 

boukenkyuu

RT @arahagaN_1: 🚨トランプの「RED WAVE」戦略が機能するかどうかという問題は解決された最も腐敗した郡の 1 つである6 つの腐敗した激戦州の 1 つでカリ・レイクが勝利非常に多くの人々が関与すると彼らの巧妙な不正投票メカニズムはすべて一掃さ…
08-06 09:37

李如松も安東常久等の騎兵銃の散弾で馬がやられて 落馬したと言う可能性も有るのかだが
08-06 10:16

https://t.co/Y9PDk7j2O4 ブシコー元帥(ジャン2世・ル・マングル)の訓練を一部行った動画も有るが 仏以外の騎士は同様の訓練は有るのかだが
08-06 10:35

https://t.co/8vjCtlnbzA ブシコー元帥もアジャンクールで捕縛された後 仏には帰れなかったと言う事だろうか
08-06 10:42

ニコポリスでもルマングルは捕縛されているが 再編・休養を拒否した仏騎士の中に ルマングルは含まれていたのかどうかだが
08-06 10:45

熊野武士は山を馬・徒歩で走り 太平記で出て来る 指の先に迄鎖の有る重装備の者も居るだろうが ボルダリング的な訓練も太平記で笠置城の崖を登り潜入した 備中の陶山義高の傘下等の武士なら行っていたのかだが
08-06 11:06

https://t.co/RgfIxvMZTu >五十余人の者ども、太刀を背中に負ひ、刀を後ろに差いて、城の北に当たりたる石壁の数百丈聳えて、鳥も翔けり難き所よりぞ登りける。
08-06 11:08

https://t.co/Haq0qwWNqI 笠置城潜入だと素手で登れない様な場所は 鉤縄で登っているが 騎士は鉤縄利用は有ったのかだが
08-06 11:10

RT @LandsknechtPike: The battle of the Yellow Ford happened in 1598 during the Tyrone's Rebellion.The Irish alliance led by Hugh O'Neill,…
08-06 11:53

RT @LandsknechtPike: But they still kept some of the archaic units. The kerns used darts against enemy horses which apparently proved to be…
08-06 11:55

1598年のイエローフォードの戦いだと アイルランド騎兵のダーツは騎兵銃より有用だったのかだが ヒネーテのジャベリンの様に騎兵の板金鎧を貫通する事は 防弾鎧の普及も有り無かったと言う事なのかだが
08-06 11:57

鈎縄で城に登っている 西欧の絵も確か有ったが 梯子の利用が大半なのかだが
08-06 12:39

https://t.co/NrZYii8f6e 左は水上から 鉤縄で城壁を登ろうとしているのかだが
08-06 12:41

水上だと船の揺れで梯子が安定しないから 船から鈎縄で城壁を登る例も有るのかだが 縄梯子の利用の方が多い可能性は有るのかだが
08-06 12:45

RT @LandsknechtPike: The evolution of hussar wings!There is evidence that the famed Polish hussars initially imitated the Ottoman deli ca…
08-06 13:46

RT @LandsknechtPike: Just how well armed were the famous Polish hussars?As a versatile cavalry unit, they carried several types of weapon…
08-06 13:50

フサリアもランスの補充に苦労し サーベルで戦闘していた例も多いのかだが サーベル使用時だとパイク陣をパンセルニの弓で崩してから 突撃していたのかだが
08-06 13:58

フサリアも1560年迄 ピストルの装備率は30%とすると これでパイクを崩していた訳では無いと言う事なのかだが
08-06 14:02

スウェーデンのサーベル騎兵も ランス無しのフサリアに撃破されていたのかどうかだが
08-06 14:08

フサリアも直剣であるコンツェシュ或いはパラシュ何れかの携行が サーベルとは別に義務付けられていたと言う記述も有るが 前者は突くと折れる消耗品で ランス同様補充は余り出来なかった可能性も有るのかだが
08-06 14:19

RT @TamahaganeKanao: これなんでなんだろ。少なくとも石器とか狩猟時代には多かれ少なかれあったんだろうけど、そこから廃れた理由がわからない……考えられるのは起伏や木々等の障害物とコストかな?狙撃と消費していい物資での斉射の2極端説とか?
08-06 14:23

太平記では手突矢が利用され 小型の印字槍は投石兵等が利用していたと言う事だろうか 矢より木に掛かり易いので森林の多い日本では利用は余り無かったのかだが
08-06 14:28

https://t.co/ReJ6IMEoo8 万葉集にも投げ矢が出て来るが 打根程度の物なのかだが
08-06 14:28

https://t.co/6qwEVLFf4Z >葦辺(あしへ)行く雁の翼(つばさ)を見るごとに君が帯(お)ばしし投矢(なげや)し思ほゆ   万葉集の打矢も雁の羽が付いていたとすると 打根的に小型の物の可能性が高いのかだが
08-06 14:37

https://t.co/7MYldWib6h 明の藤牌兵のジャベリン・鏢鎗だと 羽根は無いと言う事なのかだが
08-06 14:42

https://t.co/4q4RQF8n1d https://t.co/ymoHRPl70X 袖箭・流星箭・筒子箭だと翼は有るが 戦場では何処迄利用されていたのかだが
08-06 14:47

劉綎が袖箭を利用していたと言うが 戦場で袖から飛ばしていたのかどうかだが
08-06 14:49

https://t.co/f7q5XhllLb 楊応龍の乱やサルフだと 劉綎自身が白兵戦をしているなら この際に袖箭が使われた可能性は有るのかだが
08-06 14:56

https://t.co/PmMlFmAF9j 順天城の戦いだと10月2日に劉綎の地上軍が戦闘しているが 劉綎自身の戦闘参加は有ったのかだが
08-06 15:08

https://t.co/jTiJaDt6Vo アトラトル利用には両手が必要だから 盾を持つローマ兵はピラ投擲時に 此れを利用しなかったと言う事なのかだが
08-06 15:41

https://t.co/fCKONs02uj アメンタムだと片手利用も可能と言う事だろうが ピラには装備されていないと言う事だろうか
08-06 15:48

https://t.co/i2mHJogXp5 ローマでも軽歩兵ウェリテスの使う 軽量ジャベリンは アメンタム装備と言う事だろうか
08-06 15:59

RT @byzantinemporia: Unlike massive counterweight trebuchets, the main purpose of traction trebuchets (mangonels) wasn't to batter down cas…
08-06 16:20

RT @LandsknechtPike: We can see a collection of Hussite weapons on display here, including war flails. Morning stars were also were popular…
08-06 16:26

肥後国人一揆の立花軍騎銃兵は 歩兵に対し多段射撃をしているが 歩兵に対抗する為に長い銃を利用していたのかだが
08-06 17:57

騎銃兵に随伴していた長柄の徒歩隊と言うのは 徒武者や持槍足軽も含まれるのかだが 彼等が戦闘して 騎銃兵の再装填終了後側面に退き 騎銃兵が再度銃撃したのかだが
08-06 18:05

碧蹄館だと500の十時連久の騎兵は50名程度だろうし 2000の明軍前衛に対し騎兵銃で牽制は出来なかったと言う事なのかだが
08-06 18:06

立花軍の徒武者や足軽の銃兵も 騎乗移動していた可能性は有るのかだが
08-06 18:26

銃撃で隈部軍が混乱した後は 騎馬武者は突撃戦をしていた可能性も有るのかだが
08-06 18:44

https://t.co/ZCNZX2KPnx >そして先に鉄砲200挺を三連射し、長刀や長槍を高く揚げて白い刃[103]と300名ほどの将兵が被る金兜で日光を反射させ、敵の将兵の目を晦ませて左側面から突襲[104]。立花・高橋軍およそ3,000は敵本陣へ突撃し白兵乱戦になるも、
08-06 19:08

碧蹄館で三段射撃された 立花軍の200の鉄砲と言うのは 肥後国人一揆の200の騎乗銃兵と同数だが 騎乗銃兵の銃の可能性も有るのかだが 肥後国人一揆の際の様に歩兵の白兵戦の後で再度射撃はしたのかだが
08-06 19:10

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://boukenkyuusha.blog72.fc2.com/tb.php/11969-ba3cd0a8