FC2ブログ

Category

2019.09

 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  

レーザー迎撃や無人機開発=防衛技術、初の中長期指針 

http://www.jiji.com/jc/c?g=soc_30&k=2007042601167
日本もレーザーでのミサイル迎撃を考慮する様だが
巡航ミサイルや弾道ミサイルは耐熱装甲や対マイクロ波装甲を装備されると
厄介かも知れぬし
対弾頭ミサイル用なら核弾頭等を装備した迎撃ミサイルの方が矢張り
有効かも知れぬが


レーザーは重戦闘機や戦車等のセンサー破壊と言うのが
主体に成るのかどうかだが
センサーは小型のUAV等に装備されて
秘匿されると言う可能性も有る訳だろうか


酸素の無い宇宙空間では
炭素(融点3500度)を耐熱素材に
使えないのかどうかだが
大気圏突入後は
燃えないアルミナ(融点2200度)
等を耐熱素材にする可能性も
有る訳だろうか

まあ弾道ミサイルの発射直後・
大気圏内部を上昇中にレーザーを放たれれば
炭素では燃えるかも知れぬが
多少延焼しても酸素の無い宇宙空間に到達する前に
内部がやられなければだろうか

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://boukenkyuusha.blog72.fc2.com/tb.php/1156-6b8ab478