FC2ブログ

Category

2021.09

 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  

04/11のツイートまとめ 

boukenkyuu

RT @in20876533: ヨーロッパでは馬上槍試合(トーナメント)が有名だが、日本で、しかも和種馬和式馬術で実際に槍をぶっ刺す演武はなかなか見られない。木曽馬系和種馬:道之輔写真左@koshi_vor さん 右:林佳夫2021.3.28撮影#紅葉台木曽馬牧場 h…
04-11 12:02

加藤清正自身は 槍で虎を倒していないと言う意見も有るだろうが https://t.co/lhcOmr6NOj 林直利も槍だけでは 虎を倒していないと言う事なのかだが
04-11 12:07

https://t.co/EOzvplYA1Z >菅正利 >主君長政が虎狩りをしていたさい、家臣に襲いかかってきた虎を傍にいた正利が一刀のもと首を斬り落としたという逸話がある[6][7]。   通常の刀でも虎の首を 一撃で両断するのは 腕力が有れば可能なのかだが
04-11 12:15

https://t.co/h7etyETHqf 左だと後藤又兵衛の援護も受けて 眉間を斬って倒したと有るだろうか
04-11 12:17

https://t.co/TpidZ0XWM6 左だとフェイント斬りを入れて虎の首を引かせた後で 踏み込んで斬ったと有るだろうか
04-11 12:22

https://t.co/IUgOUrjaTx 長宗我部元親家臣・吉田政重も虎を刀で倒したが 兜が無ければやられていたと言う事なのかだが
04-11 12:35

https://t.co/qMHqtVV4t2 >彰久の家臣に安田次郎兵衛義次という人がいました。義次は虎を探し求め、1頭の虎と対峙します。猛然と襲いかかってくる虎に対し、義次は夢中で虎の口に刃を突き刺しました。刃は虎の背を貫き、ついに虎は絶命しました。
04-11 12:52

垂水島津家三代彰久家臣・安田義次も刀で虎を倒しているが 島津的な大太刀利用の可能性も有るのかだが
04-11 12:54

https://t.co/OqOaVTMrvc >またまた文禄の役で虎狩りをしていた島津義弘隊は、1頭を誘い出すことに成功。格闘の末、安田次郎兵衛が太刀を虎の口に突っ込み、なんとか仕留めた。が、そこで安心していた所へ別の巨大な1頭が出現。上野権右衛門が斬りかかったが、あっという間に食われて即死。
04-11 13:01

>次に挑んだ帖佐六七も、太腿を噛まれ危険な状態に。なおも暴れる虎の尾に福永助十郎がしがみつき、その尾を木の枝に引っ掛けて虎の動きを止めた所を、長野助七郎が太刀で虎の右脇から背中にかけて斬り裂き、猛虎を討ち取った。太腿を噛まれた六七はその後、息を引き取った。(島津勢虎狩絵巻)
04-11 13:01

虎の首や口では無く 脇の動脈等を両断して仕留めた例も有ると言う事なのかだが
04-11 13:04

人間のこの部分を斬っても 致命傷と成る事が 当時知られていた故に 虎の脇を狙った可能性も有るのかだが
04-11 13:10

>文禄の役の時、加藤清正の陣が虎に襲われ清正の小姓・上月左膳までが食い殺される惨事となった。激怒した清正は山狩りを行い、一頭を誘い出すことに成功した。十分引き寄せて、虎が口を開けて駆け出した所へ鉄砲隊が撃ちこみ仕留めた。(常山紀談)
04-11 13:12

清正がこの際に 自身も銃を放っていた可能性は有るのかだが
04-11 13:13

https://t.co/gJbWsDoay1 >亀井茲矩 >あまり知られてないが挑戦出兵の時に虎狩りもしてて、鉄砲を眉間に二発撃ちこんで倒した旨の記録が残る仕留めたトラは京都の秀吉に送るあたり如才ない
04-11 13:25

此れは銃を2つ用意して 連発していたのかどうかだが
04-11 13:26

https://t.co/0hz045qqsm >犬走弥大右衛門(いぬばしりやたうえもん)なる人物いたことも分かっている。弥大右衛門さんは、豊臣秀吉が企図した朝鮮出兵の際に、大陸で開催された虎狩りでとても張り切ったらしく、「虎狩り四天王」という若干痛々しい称号を頂戴している。
04-11 13:47

RT @3618Tekubi: 刀の柄に被せる「柄袋」という道具を外してから抜刀するまでどれだけかかるかという検証。桜田門外の変の際、冬季、かじかんだ手で、柄袋が外れず、遅れを取ったのではないかという歴史考察。確かに柄袋がつっかえると結構手間取った。動画は成功例。 ht…
04-11 14:02

RT @ujyou4: @3618Tekubi ですね。当日は絵だと雪が降っていた様ですから尚更、手がかぢかんでいたでしょうね。
04-11 14:02

RT @matiasauquebaux: あー、自分が怪我をしたとき、あるいはひとが怪我をする瞬間を見たときってこうだったなと思い返しました。怪我をしないためにも、おすすめです。#373 練習で怪我するのはこんな人|YAMAWAKI_BJJ @YusukeYamawaki
04-11 14:04

https://t.co/T9ZuPVa3Db >二月十三日、長政公はまた山に入って虎を狩られた。この時長政公、鉄砲に寄って駆け来る虎を間近く寄って撃ち殺された。その後、猛き虎が一つ駆けてくるのを、長政公がまた鉄砲を構えられた所に、虎は脇に人がいるのを見つけると、長政公の方へは行かず、
04-11 14:12

>菅正利与力の足軽が並び居る所に駆けてきて、一人の肩を咥え後ろに投げ、一人をその腕を喰らって倒した。これを見る者で恐怖しないという者は居なかった。この時菅正利は朱塗りの鎧を着ていたため、人多き中にも著しく見えたのだろう、虎は正利をめがけて懸ってきた。
04-11 14:13

>しかし正利(当時二十八歳)はこれを見ても少しも騒がず、刀を抜いて進み、駆け寄る虎を一刀、斬った。刀能く切れ、虎は一声吼えて即時に倒れようとした所を、また一刀斬って首を打ち落とした。   菅氏世譜だと 菅正利のフェイント斬りは無いと言う事なのかだが
04-11 14:14

上手い者なら首の横の動脈を斬って 一撃で虎を倒す事も可能なのかだが 脇や腿の付け根は 容易に狙えるのかどうかだが
04-11 14:23

https://t.co/fi576mePtC>Danがこのタイミングでこれwwwしかも動画元wwwww>>302それそれ匂わせ(弱)→匂わせ(強)と来て、もろが来たからさすがに期待してしまう。アノンだけで無く、陣営からの強めの匂わせが増えたよね
04-11 15:02

>>289動画のソース元の人の投稿色々見てたが、4/6のMSNBCでファウチが中継に出た時にロックダウンなんかクソ食らえなのとマスク着用廃止したテキサスじゃ新規感染者が2020年6月以来最低を記録していることに関してどう思いますかって聞かれた時のファウチの表情が笑えるw
04-11 15:05

MarinDeck https://t.co/yrJAyADfho
04-11 15:39

RT @kentarou_yokota: 昨日の稽古で中抜刀に入ると、それ以前とは少し所作が変わった。前抜刀の血振は納刀前に柄を1回転させ、右拳で左小手を叩く。中抜刀は柄を1/4回転させ右手刀で柄を叩き、納刀の前に1動作追加。抜刀前の所作も略されている。前抜刀の納刀前の所作は香…
04-11 15:46

RT @kentarou_yokota: この所作、実は目釘の折損や緩みの確認であるという説を聞いた。拳で柄を叩く、拳で小手を叩く(茎を柄から外す動作と同じ)、1/4回転させ目釘穴が見える角度にして手刀で柄を叩く。これらを考えると確かに目釘の折損や緩みの確認説は有力であると見え…
04-11 15:47

https://t.co/u1uEFYRphI >虎の皮を最初に秀吉に献上したのは、槍の名人の亀井武蔵守茲矩(これのり)という。この虎の皮を見て秀吉は「虎とはこんなに立派なものなら、この肉は効くだろう」と侍医連中に聞くと「それは効きます」という。
04-11 17:18

https://t.co/2NDG2cZycO >文禄2(1593)年 2月21日最前線である漢城は明国と睨み合いを続けていた頃であるが機張城は補給路線からも外れていたうえ 義兵も手痛く叩いた直後とあって一時的に暇が出来た茲矩は 山中で遊猟をした
04-11 17:22

>この狩猟中 茲矩は山中で一頭の巨大な虎を発見した>そう言い放つや茲矩は 虎に向って自ら鉄砲を放った>銃弾は虎に命中したが…… 致命傷には至らなかった>怒り狂った虎は 茲矩らに向って 猛スピードで襲いかかってきた  >しかし茲矩は 慌てず騒がず予備の鉄砲で再び発砲……
04-11 17:26

>これが急所に直撃し 茲矩は見事に虎を討ち取った
04-11 17:27

>当時も食いつづけてたの薩摩、南西諸島、琉球位だったみたいですね、豚肉食うの。改めて普及したのは幕末みたいですし。実際残飯でも育てられた位にしぶとい家畜なのに、なんで飼われなくなったのは本当に不思議。
04-11 17:29

>というか、日本における稲作の効率が異常なので、関東以南は稲作やった方が沢山の人間が食えるのですよ水田なら連作障害もなく麦とは比較にならないくらい収量を確保できるのであと、ヨーロッパでは落葉広葉樹林のドングリなどで豚を養っていたけれど、
04-11 17:29

>日本の中部以南の常緑広葉樹林では豚を養うのにあまり向かないと東北地方とかは酪農や牧畜、養豚やってもよかったんでしょうけどねえ
04-11 17:30

https://t.co/7MtRML3rY0 >県内では初公開の、襟や袖にフリルが付いた茲矩の具足下着など約50点が展示されている。 >フリルのほか、東南アジア風の柄の布地を使った具足下着もあり、よろいの端からちらりと見える下着を楽しんでいた茲矩のしゃれた趣味がうかがえる。
04-11 18:09

亀井茲矩も槍・銃双方の名手と言う事なのかどうかだが
04-11 18:44

https://t.co/pebLJDYijv >出雲を脱出して京都から伊予国(愛媛県)に逃れるなど、苦難の少年時代を過ごしたと伝わります。 過酷だったろう流浪生活の中で、新十郎は英知を磨き、武芸の鍛錬に励みました。その腕前は「槍の新十郎」の異名をとるまでになっていました。
04-11 18:51

>伊予国では、海賊衆に学んで操船・造船の技術を習得。さらに、外国との取引を目の当たりにして、海外には高度な技術があることを、未だ見ぬ広い世界が存在することを知るのでした。
04-11 18:51

亀井茲矩の因幡水軍も村上・伊予水軍的な 焙烙は利用していたのかどうかだが 船は瀬戸内的な強度の有る楠製では無く 杉製と言う事なのかだが
04-11 18:58

https://t.co/9mz1H7bZNi>1607年から、三度にわたり朱印船を行ったことで知られる。1609年、シャム(現タイ)に渡った家臣に、将軍家康からの鉄砲二十挺をシャム王に贈らせ、水牛角、くじゃく、などを持ち帰らせた。
04-11 19:08

https://t.co/gJbWsDoay1>朱印船を派遣する時の藩士への書付も「シャム猫は雄を一匹、雌を十数匹買ってこい」とか細かく指示出ししてるあと、「何を買うにしてもあんまり高くなり過ぎるようだったら他の藩士とよく相談しなさい」とかクーリングオフ的なアドバイスまでしてくれる殿様
04-11 19:25

このシャム猫の子孫は 現在では確認出来ないと言う事なのかだが
04-11 19:26

RT @bookiswonderful: 【テレビでQアノンが作成した動画が報道されました】日本にもきましたよ!何の根拠もないとはまだ言っているけれどテレビで放送されました!皆さん、拡散してください😃😃😃😃 https://t.co/revBwEXM0V
04-11 19:40

RT @bookiswonderful: 陰謀だという切り口での放送でしたが、よってはいましたが、一方的な感じではなかったです。番組名はこれでした。テレビメディアへの進出は大きな一歩だと思います😃😃 https://t.co/R6BlVunQcf
04-11 19:40

RT @shin_____443: @bookiswonderful 3月19日同じ内容でBSで放送してました。 https://t.co/MLQofGyxrS
04-11 19:41

RT @HTCxLuVJRQK8CcX: @bookiswonderful @tnagahara1 メディアは中韓に乗っ取られているって放送したり、どうしたんでしょうね
04-11 19:41

RT @tnagahara1: @HTCxLuVJRQK8CcX @bookiswonderful 放送したいのではなく放送せざるを得ない状況かもしれませんね。🤔🤔🤔
04-11 19:42

RT @chilime: お風呂で気を失いかけた時に覚えておいて欲しいのは「とりあえずお風呂の栓を抜く」ことです。お風呂から上がることができればそれに越したことはないのですが、立ちあがろうとしても立ち上がれず、そのまま…ということもあるようなので…実際に「偶然お風呂の栓が抜けて…
04-11 19:58

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://boukenkyuusha.blog72.fc2.com/tb.php/11487-19118d15