FC2ブログ

Category

2021.09

 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  

03/19のツイートまとめ 

boukenkyuu

RT @Count_Down_000: 腰のモノを抜くより、打撃を入れるほうが速いのもあるかもしれませんが、同時に、後々に武器を使うように、『KOを狙う打撃』でなく、『突き飛ばしたり、座り込ませるような打撃』が甲冑を着てる相手への打撃は多いかもしれません打撃で絶命させる…
03-19 10:36

https://t.co/ADLh9yg7GB >※太平記(14C後)一四「篠塚かい違ふては蹴倒(けたふ)し、蹴倒しては首を取り、足をもためず一所にて、九人迄こそ討たりけれ」    太平記の篠塚重広の蹴りも 此れだけで倒したのでは無く 転倒させて刀で止めを差したと言う事なのかだが
03-19 10:49

https://t.co/SxnFIPf2Zd 猪俣則綱は 殴る直前に投降していただろうが 短刀の装備は許されていた可能性も有るのかだが
03-19 10:57

RT @retiayam: こ、これはwww🤣CNNがここまであからさまに変わるといよいよ...の実感わくなぁ😊日本も福井県議の例の報道しかり、少しずつニュースの質が変わってきているように思うし。3/21(日)(日本時間は3/22?)に向けてメディア各方面から目が離…
03-19 11:03

RT @skawa87776342: @shinsoukyuumei 軍が、掌握したかな?CNNの上層部も、いなくなった模様。。。。良い流れです。(^-^)
03-19 11:03

RT @marumi37432627: @shinsoukyuumei やはり、17は、マジックナンバー❣️
03-19 11:03

RT @CLLASICO: @Mii2410yumomo サイモンパークスさんも3月中と言ってますね。それに保守系SNSもマイピローの社長が3月中に立ち上げと言ってます。楽しみですね。
03-19 11:04

https://t.co/2akGlKC8ww 月岡芳年も 獅子の付いた伝義経の兜を 知っていたと言う事なのかだが
03-19 13:09

Check out Manchira Edo Period Armor Concrete Feet Helmet A573 https://t.co/EMn3t0k2gw  この満智羅は 脇引・小鰭部分以外は 装甲は無いと言う事なのかだが
03-19 14:12

https://t.co/mcfhlYRh97 棒の手(井上見当流)にも 巻き落としが有ると言う事なのかだが
03-19 16:48

https://t.co/b55qHYSLib 地面の土を手で掛ける様な動きが有るが 果たしてどうなのかだが 闇討ちと言う技の名称は 土での目潰しを意味しているのかだが
03-19 17:03

https://t.co/I8HsyQHiOM カムイ伝には 足で土や石を顔に飛ばす例も有るが これは容易なのかどうかだが
03-19 17:09

https://t.co/KMfrCA0Jl5>少しずつ、少しずつ、不正選挙が裁判で認められつつあるねMIでも不在者投票の変更は違法とでた。こういうのが積み重なってなにか起きるかもしれないな。とにかく不正選挙が防げる仕組みができるまでは、DSが勝つ。
03-19 20:18

>>143なんかシンエヴァはそういうNWO的な世界からの目覚めさらにいうと誰かが引っ張ってくれることに期待しないで一人一人がきちんと両足でたって自分のあり方を考えていこうぜみたいなメッセージに思えた
03-19 20:19

>死海文書発掘https://t.co/CVYAAuvoEb>>149トレンドにもなっていたがよりによって17日にかしかもシンエヴァ完結で盛り上がっているこの時にw
03-19 20:20

https://t.co/Hroy1fOr3p >源義経は二十四キロの弓を使っていたが、これは当時の武士の標準からすると軽すぎてお話にならないものであり、バレると笑い者になりかねなかった。それで戦闘中に海に弓を落としてしまった義経は、泳いでわざわざ取りにいったと言われている。
03-19 20:30

義経の弓の張力が24kgと言う記述は 平家物語には無かったかも知れぬが 1人張り(20-30kg)程度の可能性は有るのかだが 歩兵や郎党は兎も角 騎馬武者は2人張り(40-60kg)以上の弓を引けないと 腕力が無い者と見做されていたのかだが
03-19 20:32

雑魚歩兵の半弓は1人張りが基本なのかだが 一方で足軽でも強弓を装備している者は 軍記物には多数出て来るだろうか
03-19 20:34

RT @kamaeatte: 「山口休庵咄」によると、今福の合戦での後藤又兵衛の出で立ちは「黒具足、黒ほろ黒ぬり半月のさし物を指し」、木村重成は「白きねりの具足羽織に、長サ三尺計のかくの頭をみのヽ如くいたし、甲のしころの上に引廻し」、渋江内膳は「むかし流のにしき直垂を着、こがね…
03-19 22:34

RT @kamaeatte: を着、星甲に鍬方を打」というものであったという。また渋江の馬には「金の馬よろい」が着せられていたともある。「こがねざね」は金小札のことと思われるから人馬ともにかなり派手な装いだったのだろう。こういう記録を見ると甲冑や陣羽織、指物が個人標識としてよく…
03-19 22:34

両籠手の時代だと https://t.co/TlSQ9Ax0AP 鎧直垂は足利義尚像の様に 籠手の上に着ている例も多いのかどうかだが
03-19 22:37

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://boukenkyuusha.blog72.fc2.com/tb.php/11466-bcf54d6b