FC2ブログ

Category

2021.09

 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  

03/15のツイートまとめ 

boukenkyuu

RT @lezioni: マービン·ハグラー死去。トーマス·ハーンズのSNS によれば、ワクチンの副作用でICU に入っていた、とのこと。
03-15 09:55

RT @Dgaj0328: 二階の地元和歌山で地震⁉️DSの大掃除かなーなら、そろそろ二階は辞任だな https://t.co/zZ5YZitsXG
03-15 09:59

RT @HenjoCongo: テッド·クルーズ共和党上院議員が、FOXタッカー·カールソンを初め一般市民を威嚇する政治的な攻撃 に歯止めを掛けるため、米海兵隊司令官との面会を要求した。※マスク義務を解除したテキサス州で、民間銀行の警備員が、マスクしてない65歳女性客を床に抑…
03-15 11:24

斧術も樵出身の野伏・地侍か 斧で行路を切り開く事の多い山伏が 多用したと言う事なのかどうかだが
03-15 11:51

https://t.co/e82t3HmI6N >斧はヨキともいい,山の生活と深い関係をもっていた。修験道では,斧は行路を妨げる雑木やいばらなどを払うほか,魔性を含むいっさいの障害をも打ち砕く武器ともされ,峰入りの際には山伏は斧を先頭にして進む。
03-15 12:00

鎌も枝打ちに使われるだろうが 山伏の場合は木迄排除していたのかだが
03-15 12:01

>また熊野山伏は,鍛冶屋がまつる鋳物明神と深いかかわりをもち,斧を肩にかけていたという。  太平記の熊野八庄司の兵で 鉞を装備していた者が居たが 熊野山伏と関連は有るのかどうかだが
03-15 12:27

https://t.co/cebWPaVNmM >爰に是ぞ聞へたる八庄司が内の大力よと覚へて、長八尺許なる男の、一荒々たるが、鎖の上に黒皮の鎧を著、五枚甲の緒を縮、半頬の面に朱をさして、九尺に見る樫木の棒を左の手に拳り、猪の目透したる鉞の歯の亘一尺許あるを、右の肩に振かたげて、
03-15 12:30

太平記では長山頼元も鉞を持つが 熊野では無く美濃が地盤である訳だろうか
03-15 12:45

https://t.co/FijPxlkRZy 太極拳の大斧も槍先は装備されるが モンタンテ的に回しながらの利用なのかだが
03-15 13:09

RT @NewsUs1: 【緊急速報】3・21トランプ就任式 アメリカ共和国誕生 米国株大暴落 - News U.S. https://t.co/ARFqb4HSiI https://t.co/mEIBL43LGB
03-15 13:22

https://t.co/L3O0rjaj0N 大斧も回しながらの利用が基本だが 突く攻撃も入ると言う事だろうか 密集陣では縦方向に旋回させていたと言う事なのかだが
03-15 13:36

太極拳では騎兵を鈎で掛ける様な操法は無いだろうが 現実にはハルバード同様に行われていると言う事なのかだが 斧前部で武器を掛ける事も行われたのかどうかだが
03-15 13:39

アルタン・ハン等の 鉄鎧の無いモンゴル系騎兵相手に大斧の利用は無いかも知れぬが 馬に鉄装甲が有ると言う女真騎兵相手には利用されたのかだが
03-15 13:42

戚継光が女真騎兵と対したとしても 大斧利用では無く 銃兵の苗刀等で騎兵の足を狙わせた可能性も有るのかだが
03-15 13:49

https://t.co/YutO2uPgjY 徐光啓が計画していたが 実現しなかった 対女真歩兵でも 大斧は何故か無いだろうか
03-15 14:20

https://t.co/dpTD4hwRFd 徐光啓も女真騎兵に対し 鉄人兵的な重装甲の歩兵を利用しようとしていた様だが 鄭成功が此れを参考とした可能性は有るのかだが
03-15 14:21

キリスト教徒の徐光啓は西欧の知識は多いだろうが テルシオのパイク+ハルバードの様な運用は 考慮しなかったと言う事なのかだが
03-15 14:29

https://t.co/HOtGEJc1e0 鉄人兵も 大斧利用は同様に無いだろうか
03-15 14:42

スイスのハルバードの登場時期は14世紀と 槍付き大斧より可也遅いだろうが 影響は有るのかどうかだが 中東で同種の武器が 14世紀に使われた形跡は無いと言う事なのかだが
03-15 15:05

https://t.co/AwMDcU5V1t 岳飛も大斧と斬馬刀的な麻扎刀で 金騎兵の馬の胴では無く 足を狙わせていたのかだが
03-15 15:43

https://t.co/2wtGgOoeU11161年の采石磯の戦いだと 目潰し用の石灰や ヒ素迄入る霹靂砲が利用されたが 元寇時にこうした物は使われたのかどうかだが
03-15 15:59

日本軍の夜襲時にそうした物は 余り有用では無いかも知れぬが 昼の戦いも多かっただろうか
03-15 16:01

>同じく造船家の秦世輔は1203年に鉄板を装甲とする「鐵壁鏵觜平面海鶻戰船」を発明した[46]。    こうした鉄甲船は 元寇時には利用されたのかどうかだが 日本軍に火薬式火矢が無いとすると 其処迄の物は無用だったと言う事なのかだが
03-15 16:15

https://t.co/AUJw8uChl3 >毒薬煙毬えんきゅう『武経総要』に記載。上記火毬の一変種。トリカブトとヒ素をくわえて刺激臭のある煙を発生させ、敵軍に大打撃を与えた。    1044年にこうした トリカブト入りの火毬が利用されていたのかだが 元寇での利用は有るのかだが
03-15 16:20

>11世紀真の砲最初期の砲は一二八〇年代(ヨーロッパにはじめて登場するおよそ五〇年前)に中国で使用されていたと考えられていたが、過去二〇年のあいだに、歴史的調査によって中国人が少なくともヨーロッパより二〇〇年早く砲を使っていたことが明らかになった。
03-15 16:27

>1274、1281年火銃モンゴル軍が一二七四年と一二八一年の日本への侵攻(元寇)で「火銃(huo hung)」と呼ばれる武器を使ったが、これが「噴火器」だったのか、あるいは真の砲だったのかはわかっていない。
03-15 16:28

火炎放射器的な砲も 通常の砲も双方元寇で利用されていたが 船を燃やす為の前者が多かったと言う可能性も有るのかだが
03-15 16:29

>1206年薬箭襄陽包囲戦で、中国人は女真族の侵略軍から都市を守っていた。守備隊は「薬箭」を使用しており、これは中国語の新しい言葉でほぼまちがいなく初期の型のロケットを刺していた。
03-15 16:35

>ロケットは、長さ約一.二メートルの竹の棒に鉄か鋼鉄製の矢じり(毒が塗りつけてあった)をとりつけたものだった。先端には、火薬をつめた厚紙の筒が竹にしばりつけてあった。    この種のロケット矢も 元寇時に有ったと言う事なのかだが
03-15 16:36

>1250年頃 無敵地雷砲 都市の防衛に使用するようになった。一三〇〇年ころまでに、敵軍が通過するときに地雷を起爆できるしくみを開発した。   この種の地雷が 元寇時の地上戦で使われた例は有るのかだが
03-15 16:42

バイユーのタペストリだと サクソン歩兵は斧で馬の頭部を打っているのかだが 馬の足を狙う技術の無い者が 斬馬刀では無く斧で 装甲馬の体を打っていた例も有るのかだが https://t.co/osywJPTcE4
03-15 17:09

刃長の短い斧だと 馬の足は狙い難い可能性も有るのかだが
03-15 17:13

RT @JC1oAxgs4D6D3kc: 米国フロリダ州ケープカナベラル発 — スペースX社製ファルコン9ロケットは、3/14日曜未明、60基のインターネット衛星「スターリンク」を打ち上げた。(エンジンなどの機体を)海上に着地させて本体を軌道に乗せ、記録的なミッションを達成した…
03-15 17:32

RT @Chinaswordbot: 宋代の武将と言えば、筆頭に上がるのが岳飛です宋の敗勢が色濃くなる時代にあって幾度も金軍を打ち破り、あの鉄浮屠隊さえも壊滅させた事のある名将中の名将ですがその戦術について、記録ではしばしば金軍の騎兵に対して「麻扎刀で攻め入り、馬の脛を刈…
03-15 17:34

RT @Chinaswordbot: 「麻扎刀」ですが、《大明会典》では「麻扎斬馬刀」という名称が登場しており、「麻扎刀」=「斬馬刀」という説があります平野での会戦において、歩兵主体の宋軍が北方の騎兵に対抗する上で斬馬刀は非常に重要な武器であった事、その長い刀身は馬の脚を刈…
03-15 17:34

RT @Chinaswordbot: そんな中、神宗の時代に新しい双手刀が軍に導入されます「斬馬刀」です。実物の外観は不明ですが、刀身3尺、柄1尺、柄頭に輪があるとされ、恐らくは↓の写真の刀を引き伸ばしたような形状でしょうかhttps://t.co/4ueSc4JmsY
03-15 17:36

RT @Chinaswordbot: 神宗以前の時代に関する記述では「上方斬馬刀」という記述が《五総志》にあり、恐らく元は宮中にしか無かったと思われますそれを神宗が "上匣刀样以示蔡挺⋯遂命内臣领工置局,造数万,分赐边臣" つまり、ざっくり言うと「激推し」して大量生産させ、軍…
03-15 17:36

RT @Chinaswordbot: 神宗は斬馬刀を専門に製造する「斬馬刀局」という部署まで設立しました当時の上奏文によると斬馬刀局では「苦役」のために監察官を殺害する事件が発生しておりそのブラック振り、裏返すとその職務がどれだけ厳しく管理されていたかが伺えます
03-15 17:36

RT @Chinaswordbot: 当時の秦鳳路経略安撫使であった何常という人物は斬馬刀について「歩兵の中で体格の優れた者を選び抜いて斬馬刀を装備させ」、「李嗣業の陌刀隊のように専任の指揮官に統率させる」「鉄騎の突撃に対しては斬馬刀で進撃する」「これ取勝之一奇なり」と語っ…
03-15 17:36

RT @Chinaswordbot: 【陌刀】唐代の大型刀剣。別称「断馬剣」長柄の先に刀身を付けた全長1丈(311cm)の長刀突厥との戦いなどで猛威を振るい、盛唐の強大さを象徴する武器とされる代表的な使い手に陌刀将 李嗣業など外観には諸説ある https://t.co
03-15 17:59

https://t.co/e6rAOOZVc7 >唐代になると長柄刀に改良が加わり,両刃,全長1丈,15斤の重さをもち一挙に数人をも殺すという陌刀(はくとう)が盛んに用いられ,陌刀隊の戦場での活躍はめざましかった。
03-15 18:08

>陌刀将の李嗣業は名高く,吐蕃(とばん)の軍や安禄山との戦いで,陣の先頭をきって陌刀をふるい,敵の人馬もろとも砕いたという。    陌刀も唐代の15斤だと 10.2kg程度だろうが こうした物を扱える者は そう居なかったと言う事なのかだが
03-15 18:09

https://t.co/8VXwBIChKA 重い大太刀だと 南北朝期の祢々切丸は24kg有るが 実用を考慮した物なのかだが
03-15 18:15

RT @pikarasukaru: 対人距離、1メートルで十分? 米当局が基準変更を検討 https://t.co/7xxW7FtLIw @afpbbcomより これから日本は、CDCの発表を鵜呑みにしないほうがいいと思います。ファウチ博士は発言が変わりすぎて、信用できるのか…
03-15 18:53

>969年 新型の火箭 憑継昇は先端に火薬混合物をしこんだ。6年たたないうちにこの新兵器は運用され、宋に抵抗していた最後の国家、南唐の守備隊に使用して、それを打ち破った。
03-15 19:08

宋だと969年に既に 火薬式の火矢が有ったと言う事なのかだが
03-15 19:08

>900年頃 西方より伝来したギリシア火を知った可能性がある。「猛火油」と呼ばれるものは「ギリシア火」とほぼ同じ効果があったらしい。「猛火油櫃」(ポンプ式火炎放射器)には、石油混合物に点火する導火線に利用する程度の、非常に威力の弱い火薬混合物(硝石含有率が低い)が使われた。
03-15 19:14

元寇時だと猛火油と火薬式の火槍 何れが使われたのかだが ナフサ利用の猛火油の方が 威力は有ったと言う事なのかだが
03-15 19:17

>1221年 震天雷 しんてんらい(zhen tian lei)。祁州包囲戦では、宋、女真族、モンゴルの三陣営全てが、この鉄の外殻をもつ最初の真の爆弾を開発していた。これは鉄の椀をふたつ接合したような形をしており、硝石含有率の高い火薬を使用していたにちがいない。
03-15 19:37

>というのは、ほかにこの外殻を粉砕できるほど強力な爆発物はなかったからだ。宋はこの兵器を大量生産しつづけた。荊州というひとつの町だけで月に二〇〇〇個を生産し、爆弾は通常、中央兵站部に集められ、二万個がモンゴル軍と対峙する北部の前線に送られた。
03-15 19:37

https://t.co/obVqxZEgHr 弘安の役の江南軍10万だと 震天雷が万単位有った可能性も有るのかだが
03-15 19:46

>モンゴル軍を主力とした蒙古軍約400,000人、3軍の合計、約540,000~556,989人   弘安の役のモンゴル本軍 40万等と言うのは 4万の誤りの可能性が高いのかだが
03-15 19:48

https://t.co/c8RYkZPJwU >>421元史には弘安の役に40万人のモンゴル人が参加したと書いてあるが『元史』巻一百二十九 列傳第十六 阿剌罕「十八年,召拜光祿大夫、中書左丞相、行中書省事,統蒙古軍四十萬征日本,行次慶元,卒于軍中」
03-15 19:56

>>423自分が引用した文章をちゃんと読んでみれば分かればと思うけど当初参加予定だったモンゴル軍は諸翼モンゴル軍馬都元帥(総司令)の阿剌罕が「卒于軍中」(軍中に置いて去す)つまり行軍中に突然死したため計画倒れに終わっている
03-15 19:56

>実際に「元史」本紀第十一の出兵記録を見ると「發兵十萬,命范文虎將之。」と南宋軍指揮官の范文虎しか出撃していないまた高麗側の記録(「高麗史」 世家二十九) を見ても高麗側の東路軍が「蒙(モンゴル)麗(高麗)漢(金の遺民)」の混成部隊だったのに対して
03-15 19:57

>江南軍は「范文虎率蠻(南宋)軍十萬發江南」とこの十万は范文虎が率いる蛮(南宋)軍であったとある    実際には15万程度の動員だったが 諸翼モンゴル軍馬都元帥(総司令)の阿剌罕が突然死しなければ 40万動員も有り得たのかだが
03-15 19:59

https://t.co/u8LxZzjugY >阿剌罕は第二次東征において東路軍と江南軍を併せた征日本軍の総帥だから、彼が率いるのは征日本軍ぜんたいである。「蒙古軍四十萬」も、そのことを表すべきところが、間違えて変なことになっているのだ。恐らく「四十万」は十四万の間違いであり、
03-15 20:09

>「蒙古軍」は漠然と元軍を表しているのだろう。40万は 14万の間違いの可能性も有るのかだが
03-15 20:10

https://t.co/c8RYkZPJwU>モンゴルが対日本(14万)以上に本気出したのって、vsホラズム(20万以上)とvs南宋(35万以上)以外でどこがある?一方で南宋攻略には 35万以上の兵が投入されていると言う事なのかだが
03-15 20:21

https://t.co/AUJw8uTScB>西瓜砲薄い容器の爆弾で、爆発すると五〇―六〇匹の「地老鼠」が放たれ、敵の歩兵と、とりわけ騎兵に混乱を生じさせた。
03-15 21:20

https://t.co/yeTabmjcYB 地老鼠(火老鼠)と言うのは ロケット花火的な子弾なのかだが 此れでモンゴル騎兵が撃退された例は有るのかだが 元寇での利用はどうなのかだが
03-15 21:22

RT @Chinaswordbot: まず剣について唐代の剣は片手剣さえ現存する実物が無く、漢以来の長剣が引き続き存在していたかは確証がありませんが、明代の茅元儀が著した《武備志》の《双手剣譜》序文では「古の剣は実戦に役立ち、故に唐の太宗は剣士千人を有したと聞く」とあるため、…
03-15 23:09

RT @Chinaswordbot: 最後に戦場における陌刀の運用法について押さえておきましょう《衛公李靖兵法》によると軍中の弩兵弓兵は陌刀を持ち、150歩の距離に敵がいる時は矢を放ち、20歩の距離に敵が接近したら矢を放つのを止め、陌刀に持ち替えて戦列に加わるとあります
03-15 23:10

弓兵・弩兵が陌刀も利用と有るが 10kgの陌刀を操作出来る者の弓は 可也強い物と言う事なのかだが
03-15 23:14

平安・鎌倉期の日本の歩兵だと 徒武者は弓に加え従者に持たせた薙刀を利用する例も有ったのかどうかだが 雑魚弓歩兵は 携行する刀利用と言う事なのかだが
03-15 23:17

騎馬武者だと 大薙刀・大太刀と弓を利用する 畑時能の様な者も居るが 徒武者では果たして居るのかどうかだが
03-15 23:22

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://boukenkyuusha.blog72.fc2.com/tb.php/11462-c21ac8ea