FC2ブログ

Category

2021.09

 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  

02/24のツイートまとめ 

boukenkyuu

https://t.co/E1OjTqounv 応仁記で野老源三は 組討を多用するからか 鎧を重ね着している可能性が有ると言うが 胴丸と腹巻を重ね着すれば 草摺の側面の隙間は埋まるかも知れぬし 組討を考慮して隙間を埋めていた可能性は有るのかだが
02-24 11:53

https://t.co/RFly4W1Gs6 毛利元就の腹巻の様な形で 草摺が分割された鎧は 大阪陣辺りではほぼ消えていたのかだが
02-24 12:13

https://t.co/HhDBsMfQYo 30年戦争のティリーは 73歳でも40kg程度の防弾考慮の3/4鎧を 着用していたと言う事なのかだが 下馬戦闘を考慮しなければ 日本でも同様の例は有ったのかだが
02-24 12:27

https://t.co/E8zacstzVG >6月末~7月の初頭、壱岐に停泊する東路軍の船団を、肥前松浦党や竜造寺氏などの日本軍の船団が襲撃したのです。この戦いには、壱岐で戦死した少弐資時の祖父・少弐資能も84歳という高齢でありながら、参戦しています。おそらく、孫の弔い合戦だったのでしょう。
02-24 12:38

>壱岐島の戦いは両軍の痛み分けで終わったようです。少弐資能は乱戦の中で受けた傷がもととなって、戦後間もなく死去しています。   少弐資能も84歳で大鎧着用と言う事かも知れぬが 騎乗戦はせず 船上で指揮と言う事なのかだが
02-24 12:40

RT @inuchochin: 戦国の剣術の構えが大股、低い腰で前傾なのは甲冑着用を前提としていたから、と説明されてます。しかし島田貞一先生は数十年前に「室町期と江戸期で兵法の姿勢が違うのは甲冑は関係なく身体文化が変わったではないか」と書かれていました。理由の一つが蹴鞠打毬の姿…
02-24 13:19

RT @inuchochin: それが江戸時代になると、上体がほとんど直立する構えが多くなる。割膝で身を沈めていても状態はだいたい直立するようになる(第一五図)。又一歩進むと割膝を嫌いスックと立った自然の姿を好む流儀も目立ってきた(第一三図)。弓術もこれと同じである。 http…
02-24 13:19

古い胴が絞られない鎧の胴では 前傾して背中に重量を負担させていたかも知れぬが 室町期に胴が絞られた後も姿勢は前傾だったのかだが
02-24 13:23

薄い伊予札の腹巻・胴丸重ね着でも 胴は10kg程度には成るのかだが
02-24 13:54

RT @ww2doitugun: 岐阜県博物館の企画展 小笠原流 弓と礼法 行ってきたー!太刀の佩き方や鞘走らない為の当時の工夫、弓を太刀に干渉させない為の構え方などを、展示室に居た小笠原流の方に聞けて大豊作だったワイワイワイ!!!!なんか管矢の展示までありましたw市村さ…
02-24 14:03

https://t.co/Td95ZWSmmu 腹巻だと伊予札だからか 4-5kgの胴が多いと言う事だろうか 胴丸も同程度の重量の物は 少数は有ると言う事なのかだが
02-24 14:16

太平記時代の大鎧・胴丸重ね着と言うのも 胴が10kg以下の大鎧と 伊予札の軽い胴丸と言う例も多いのかだが
02-24 14:21

https://t.co/w9hStQAVm4 >落ち行く衆徒の中に、坂の四郎永覚と言ふ悪僧あり。これは力の強さ、弓矢打ち物取つては、七大寺十五大寺にも勝れたり。萌黄威の鎧に、黒糸威の腹巻二両重ねてぞ着たりける。
02-24 14:38

平家物語でも大鎧と腹巻が重ね着されるが 成立時の鎌倉時代初期の大鎧は10kg超有る可能性も有るだろうが 歩兵用は軽い可能性も有るのかだが
02-24 14:40

>帽子兜に五枚兜の緒を締め、   此れは帽子兜の上に 通常の兜を重ねている可能性も有るのかだが 以後もこうした事は有ったのかだが
02-24 14:42

南北朝期だと 広がった傘シコロの内側を保護する為に 内部に帽子兜を装備した例も有るのかだが
02-24 14:43

https://t.co/03Um07xNcG >稲富祐直は膂力に優れており、戦においてはは具足(甲冑)を二領分重ね着していた為に「二領具足」の異名をとった。    此れは防弾を考慮しての重ね着なのかだが 胴以外は二重では無い可能性も有るのかだが
02-24 15:00

戦国時代後期だと傘シコロの内部は 帽子兜的なシコロの兜を下に装備して保護するのでは無く 上杉的な兜に有る様な下ジコロが装備されたと言う事なのかだが
02-24 15:19

https://t.co/HjoVYDfXnH 男衾三郎絵詞に有る帽子兜は 顎迄保護される頭巾的なシコロが有るのかだが こうした物が傘シコロ等の兜の下に装備された例も有るのかだが 室町期の下ジコロでも同様の物が有るのかだが
02-24 15:31

面頬の垂が出る前に 首をこうしたシコロで保護していた例も有るのかだが
02-24 15:47

文禄・慶長役の島津軍だと 明・朝鮮軍の銃に対抗する為に 古い鎧の胴を二重としていた例も指揮官等では有るのかだが 腹巻・胴丸を重ね着して 草摺の隙間を埋めていた例は有るのかだが
02-24 16:17

龍造寺軍や秀吉軍等との戦闘時でも 同様の古い鎧の重ね着は有ったのかどうかだが 龍造寺の大型銃はそうした事をしても 止まったのかどうかだが
02-24 16:19

RT @sseiryusan: 結局手のひら返しで「選挙は盗まれた!」と虎さん擁護‼️トランプ大統領正義の大逆襲始まったかね😁 https://t.co/1nsqSPIK5E
02-24 16:38

RT @cc4hisi: @sseiryusan 今ごろ遅い、-と言っている方々へ。https://t.co/JSB4pRxp2o
02-24 16:38

RT @wakimitchan: 日曜の番組をオンにすると、これは...ABCです。選挙は盗まれたNBC選挙は盗まれたCBSです。選挙は盗まれたFOX 選挙は盗まれた https://t.co/IdBmDOUvus
02-24 16:40

RT @intai_gijyutusy: アメリカのMメディアが一斉に選挙不正を報じ始めた虚偽報道は取り締まりの対象になるからね。次は最高裁の番かな? https://t.co/qR22KPgynm
02-24 16:40

RT @MALight0010110: アシュターが少し前から「報道が変わってきますよ」と教えてくれていた。始まったのかしら。T陣営の筋書き、タイムテーブル通りかな。日本も後追うよ。もともと上に習えだけだったのだから。どや顔だった反Tエージェントたちがいなくなればいいね~。…
02-24 16:40

https://t.co/pi9Pcp5n7k >健心流でいう膝抜きを使ったかわしで相手のすごい速さの面を見事にかわし逆胴を入れています。相手にとっては完全に気配が消えた動きです。お見事です https://t.co/ZQUijjC0hA
02-24 17:44

相手の下に素早く潜り込む際も 沈身が有用と言う事なのかだが
02-24 17:45

https://t.co/UT3MC0uuco >新陰流には、「折り敷く」という動作があります。立っている状態から、一挙に左膝を床につき、右膝を立てて座る動作です。これも能や歌舞伎にある。この動作は、両足を床から離して行なわなければ、決して無駄のない、隙のない動きにはなりません。
02-24 17:56

>うまく行なえば、吊られていた重いものが、ただ抵抗なく垂直に床に落下したように座ることができます。準備動作を一切伴わないこの落下は、不思議な速さを持っていて、応じることがなかなか難しいのです。   新陰流だと折敷の様な膝を付く飛び込み迄 沈身を利用しているのかだが
02-24 17:57

RT @7BBXJ5gRgW5a4bS: Q:バイデン大統領は、アンドリュー・クオモがこのパンデミックの間のリーダーシップの「ゴールドスタンダード」を代表していると今でも信じていますか?はいまたはいいえで答えてください。 PSAKI:それは必ずしもイエスかノーの答えである必…
02-24 19:54

RT @kamaeatte: 近世城郭の横矢掛りは十字砲火のための工夫と説明されることが多いが、十字砲火ではなくむしろ側射(塁線に取り付いた敵への射撃)のために設けられている場合が多い印象を受ける。現代の軍事用語でいうなら側防火器だろう。イラストはサイエンス・アイ新書「歩兵の戦…
02-24 22:17

佩楯装備の歩兵は https://t.co/sHqEakpy2s https://t.co/cbWbc6YaHo  二人武者絵や護良親王出陣図に描かれるが 彼等は篠脛当装備だが 筒脛当装備の歩兵は居るのかだが
02-24 23:27

秋夜長物語絵巻のこうした帽子兜を被る筒脛当装備の兵は 騎兵と言う事なのかだが 帽子兜装備の騎兵も一の谷合戦絵巻には描かれていただろうか https://t.co/K1Klx9hCye
02-24 23:31

https://t.co/e4CjilVuP7 左の一の谷合戦絵巻に有る様な 帽子兜装備の騎兵なのかだが 佩楯は実際は装備されていた可能性も有るのかだが
02-24 23:34

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://boukenkyuusha.blog72.fc2.com/tb.php/11444-9737f490