FC2ブログ

Category

2021.09

 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  

02/22のツイートまとめ 

boukenkyuu

@JessiSheron 中世ヨーロッパの武術 by pub.2012. Ryuta Osada https://t.co/Za3yM62PP2 左で買えるかも知れないが
02-22 09:43

アイヌの手袋はミトン的では無いが 防寒性はどうなのかだが ミトン的な藁手袋でも 農作業には利用されたとは有るだろうか
02-22 09:54

https://t.co/8rjg8ayWFe>>255メドベッドの公開は10年後でしょ最初は福島の放射能汚染を取り除く事から始まる医師たちとの関係もあってメドベッドの公開は遅れるんでしょ?
02-22 12:09

宇宙人にそうした放射能除去技術が有るとしても 攻殻機動隊の物の様に マイクロマシン利用では無いと言う事なのかだが
02-22 12:11

https://t.co/9EFqetAI6E >『攻殻機動隊』及び『アップルシード』作中、日本は過去に第3次核大戦、第4次非核大戦を経験しており、関東近辺を中心に各地に核攻撃を受けた。それにより、放射能に汚染され、復興は難しいと思われた。
02-22 12:12

>しかし、その後、大日本技研(後のポセイドン・インダストリアル)がマイクロマシンによる放射能除去技術を開発。これにより、日本は驚異的な戦後復興を遂げた。これが世に言う「日本の奇跡」である。
02-22 12:12

高度な宇宙人なら 物質波レーザーの様な物で瞬時に 広範囲の放射性物質が排除可能な可能性も有るのかだが
02-22 12:13

RT @JC1oAxgs4D6D3kc: ロバート・ディビッド・スティール(2/19):全てが月曜日まで静かになるだろう。テキサスは気象兵器によって攻撃されたと思われる。愛国者たちは道路にうろついたりせず、また州議事堂から離れるように勧告を受けている。
02-22 12:18

RT @JC1oAxgs4D6D3kc: これは愛国者の信用を落とすための偽旗イベントとして計画されていたことが明らかになっている。非暴力であることが重要だ。法律に従い、起こるべきことを起こすのだ。
02-22 12:18

RT @JC1oAxgs4D6D3kc: この不安定な状態は世界的・政治的エリートの大量逮捕と同時進行であるため、米国は間も無く国家的にロックダウンに入る可能性がある。これにより暫定軍事政権がマスメディアを占拠し、また学校や企業に対して約2週間の営業停止命令が出されるかもしれな…
02-22 12:18

RT @JC1oAxgs4D6D3kc: 最近、チャーリー・ウォードは、グローバル通貨リセットのリリースの後、メドベッドが即座にテキサスとフロリダで利用できるようになるだろうと述べた。それは、まず救出されたもののトラウマを負った子供たちのために使われると想定されている。
02-22 12:18

RT @JC1oAxgs4D6D3kc: 量子療法メドベッドには3種類の異なる機能があり、現在、公開が可能な状態にある。ホログラフィックメドベッドは診断・治療を行い、再生メドベッドはDNAや幹細胞を協働させて古い細胞や欠けている器官を再生し、退行・活性メドベッドは、細胞の活性化…
02-22 12:19

RT @JC1oAxgs4D6D3kc: これらの医療ベッドは、非常に高度な技術を持って作られた。非常に限定的な人工知能で出来ており、機能させるには人間が関わる必要がある。使い方はMRIに非常に似ているが、磁気や放射線の代わりにプラズマエネルギーを利用し、素粒子準位や振動準位で…
02-22 12:19

RT @JC1oAxgs4D6D3kc: 退行・活性メドベッド:このメドベッドは、トラウマを作った記憶、PTSD(心的外傷後ストレス障害)、DID(解離性同一障害)悩む人たちの細胞を若返らせ、年齢退行療法を提供し、不要な記憶を抑制する。よって、経験した恐ろしい映像イメージから…
02-22 12:19

RT @maricoxxx: 体幹を鍛えるために竹の上に立って弓を射ろう!絵面がとてもバラエティ番組的😌 https://t.co/v7J4gYGToy
02-22 13:02

山岳戦が多い野伏や 熊野武士等だと 不安定な足場での射撃も可也行っていると言う事なのかだが
02-22 13:04

https://t.co/FiBOnINxFP >様々ある毛皮の中でも「上品トス」とされた犬皮は、幕命で松前に派兵した際にも防寒具として使われていた。いったん吹雪に遭えば命を落としかねない極寒の地。軽く暖かな毛皮が、どれほど多くの人々の命を救ったことだろう。
02-22 13:25

高級品である犬の毛皮は 雑魚足軽迄は装備していたのかだが
02-22 13:25

https://t.co/3ssb0Ih07D>防寒衣としては鹿・猪・熊の皮革を用い、また雨具としては蓑笠(みのがさ)を用いた(前掲『きもの文化史』)。   雑魚歩兵の毛皮は 猪や鹿が多かった可能性も有るのかだが
02-22 13:37

https://t.co/ngM2GnSJmZ>儀礼用の衣服には裃(かみしも)と袴(はかま)がある。これは一般農民に対してではなく、庄屋・組頭(くみがしら)(庄屋の補佐役)・裕福な者だけに着用が認められている(「国日記」享保九年十月十五日条にみえる倹約令第四条。資料近世2No.二一六)。
02-22 13:44

>なお裃の着用の時期については制約があり、寛保三年(一七四三)に、村役人層の農民に対して、藩主に直接ご挨拶する(御目見(おめみえ))場合、年始や節句および祝言のおめでたいときの年四回のほかは、麻裃の着用は許されていない(「国日記」寛保三年八月十六日条)。
02-22 13:46

>以上のことから、裃・袴・羽織の着用は村役人層にのみ許可され、一般農民は禁じられていたのである。   高位の農民だと 時期は限定的だが 裃迄着用出来ると言う事なのかだが
02-22 13:48

https://t.co/V2td6uLuma>津軽領の農民に対する食事全般についての制限令は、「国日記」貞享四年(一六八七)八月六日条に、三ヵ条があるが、これまで出されたものよりも詳細な規定がみられ、要約すると左のようになる。
02-22 13:55

>(1)米だけの飯は正月一日~三日・三月三日・五月五日・七月七日・九月九日だけに限られ、これらの日以外は米三分の二に雑穀三分の一を混ぜて食べること。すなわち、米二に対し雑穀が一の割合である。
02-22 13:56

>(2)日常、自分の家で酒を醸造してはならない。(3)日常、魚や鳥を食べることを禁止する。年頭・節句・祝儀の時は軽い肴(通常の料理)を準備し、重い肴(豪華な料理)とする時は庄屋の指示に従うこと。    農民の食事も魚や鳥がほぼ無いとすると 米だけではタンパク質等が不足すると言う事だろうか
02-22 13:57

https://t.co/V2td6uLuma >前掲の延宝九年(一六八一)の「農民法度」第一六条に、近年、大部分の者が雑穀を食べずに贅沢になっている。今後は、五人組で申し合わせ、贅沢な食事をやめるように、と規定されている。   雑穀の代用として 肉が食されていたのかだが
02-22 14:02

https://t.co/xY9RHhdFBL バイユーのタペストリだとノルマン騎兵に対して サクソン歩兵がメイスらしき物を放っている様に見えるが https://t.co/cx3q4qA90k 左だとメイスは放られていたと有るだろうか https://t.co/pJC2GwJMvw
02-22 14:59

https://t.co/pE73qQKJhm メイスでは無い物が投げられたと言う意見も有るが バノックバーンでは本物のメイスが投げられたと言う事なのかだが
02-22 15:02

バノックバーンだとイングランド騎兵がスコットランドのシルトロンを崩す為に メイスや斧を放ったと言うが 崩す事は困難だったと言う事なのかだが
02-22 15:04

RT @katanahoshiina: @inuchochin @baritsu @yamadori06 一応、右指打刀拵えというものは実在するみたいですよ。極めて稀な例だとは思いますが。https://t.co/wz83QsaEZ9
02-22 16:17

RT @katanahoshiina: @inuchochin @baritsu @yamadori06 天神差し用の拵ですか?言われてみれば確かにそう考えた方が妥当な気がしますね。この形態の拵は現存の物は多くないと思いますのでそもそも一般的な呼ばれ方が存在するかどうかわか…
02-22 16:17

https://t.co/acurKjTXQk フサリアが 6ポンド(2.7kg)の投げハンマーを利用する例も有るのかだが 対騎兵と言うより テルシオの槍襖相手に主に使われたのかだが
02-22 17:58

https://t.co/S5yESgju8I バイユーのタペストリではメイスでは無く ボーラやプラムバタ・紐の付いた石が放られた等と言う意見も有るが 果たしてどうなのかだが
02-22 18:08

サガに出て来る投擲用のpálstafrは 石にハンドルが付いた武器の可能性が有ると言うが バイユーのタペストリで投げられているのは此れと同様の物なのかだが
02-22 18:17

ノルウェーのスヴェレ王は 1190年代に穂が火打ち石である投槍 Skjeptiflettaを騎乗利用したと有るが この先端はバイユーのタペストリのメイス的な物より 細い物の可能性も有るのかだが
02-22 18:23

https://t.co/YlNL6HHn8i 固定的なゴシック鎧の頬当も有るが 落馬して後頭部を打った場合は 顔が頬当で潰れる可能性は有るのかだが
02-22 18:51

重いザックの背負い方 - ヤマレコ https://t.co/71315rm2gE >歩くときはやや前傾姿勢でザックの重いものが入っている部分の荷重が背中にかかるような感じにします。背中とザックの摩擦力で荷物を背負う感覚です。うまく荷重を分散させて、肩にかかる負担を軽減しましょう。
02-22 20:08

https://t.co/nx9vX69s0s 肩に重量が掛かると言う大鎧も 下馬戦闘時は前傾して 武士は筋肉が多いと言う背中に重量負担させている可能性も有るのかだが
02-22 20:09

https://t.co/QnloAnp4TO >これに対して、前にバランスを崩したときは、足を前に出すだけで体勢を立て直すことが比較的容易であり、転倒に到っても後ろに倒れたときほどの致命的な怪我になることは少ないのです(前に倒れた方が常に安全ということではありません)。
02-22 20:12

https://t.co/YWem5IGLlB  14-16世紀の投げ斧 ハールバットは利用実態は不明の様だが 中東欧の軽騎兵が利用していた可能性も有るのかだが
02-22 21:18

RT @kamaeatte: 光成準治「中・近世移行期大名領国の研究」によると、天正十年(1582)時点の毛利氏の軍事編成は譜代家臣団によって構成される「吉田衆」と、小早川、吉川、穂田等の一門衆、そして細川、木梨、三村、天野等の有力な国人それぞれが率いる自立性の高い軍勢とに分か…
02-22 21:30

https://t.co/gSxMOrntl0 https://t.co/nRBn5v7476 泗川で川上忠実は 36本の矢を受けたと有るが 戦死しなかったのは古い重い小札鎧を装備していた故なのかだが
02-22 22:49

西国的な伊予札の鎧だと草摺は薄い革伊予札で 袖も無い例が有るだろうし 弓での戦いには不向きと言う事なのかだが
02-22 22:51

https://t.co/avCTcVzAY6 >岡定俊 >『武辺咄聞書』によれば、南蛮の伴天連より贈られた「角栄螺の甲」と「鳩胸鴟口の具足」を身につけていたとされ、これは西洋甲冑(南蛮胴)ではないかといわれている。 鴟口(鳶口)=バイザー付き兜と言う可能性は有るのかだが
02-22 23:29

https://t.co/aNfA0tD8Pw >鳩胸鴟口は、胸の上の部分がずんどう型南蛮鉄で、その上に鳶の口ばしのように鋭く突き出た面甲があり、兜は前立てのない角座サザエの形をしているものといいます。長崎のバテレンから貰ったものといいます。
02-22 23:31

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://boukenkyuusha.blog72.fc2.com/tb.php/11442-9a7374ad