FC2ブログ

Category

2021.09

 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  

02/05のツイートまとめ 

boukenkyuu

https://t.co/yUGPd37bLu >バドニング等の刃に負担のある使い方には適しませんが、ミリタリーナイフやサバイバルナイフでは多くがこのホローグラインドを採用している事からブッシュクラフトで使う人も比較的良く目にします。
02-05 11:31

ミリタリーナイフの場合 肉をカットする事を優先しているから 蛤刃では無い平たい刃利用なのかだが
02-05 11:32

RT @TTrumpSJapan: 🇺🇸ホワイトハウス内なのに.... https://t.co/GhG90f3PWH
02-05 12:55

RT @AaronOtsuka: ロシアの反プーチンのナワリヌイの主席補佐官は英国のスパイであった。英国のMI6との工作作戦会合が撮られていたよう。 ロシアのFSB側が証拠を暴露。コメントー白昼で工作作戦会合している証拠を撮られていて結構英国スパイも間抜けだね。国際金融資本…
02-05 13:02

江戸期 長さ103cm 笹穂槍先が付く 『御籠槍』 忍者道具 検 日本刀太刀甲冑鍔刀剣武具忍者刀装具短刀本身 https://t.co/mH2Ax6zDaT 見ない塗りの柄だが 長い槍では有るのかだが
02-05 14:23

https://t.co/xQg2tB4YJm 薪割り用の斧も 基本的に蛤刃と言う事なのかだが
02-05 14:33

https://t.co/YGwKTJLAml >薪割り用の斧の多くが、ハマグリ刃という形状になっています。斧刃を断面で見た時、刃を鋭角で直線的にせず、鈍角で丸みを持たせた形状になっています。丸みを持たせることによって、斧刃が薪に入り込む際に摩擦を減らし、薪に深く刃を食い込ませることができるのです。
02-05 14:36

https://t.co/4m3rQ0UMkv 枝打ち鉈も 基本蛤刃と言う事なのかだが
02-05 14:46

RT @osBfus909hhCR1t: ノースダコタ州も怒りて起つ州レベルでバイデンの大統領令を無効にする計画司法長官が違憲と判断した場合大統領令は無効https://t.co/l8AcEhd6US
02-05 16:06

https://t.co/KDLdfRZQKz >戦国時代にチャンバラをする際には 多少の切れ味は犠牲にして 頑丈な物がもてはやされました。隣の熊本で作られた同田貫はその典型ですが、薩摩でも 本来は華奢で上品な作柄であった 波平(なみのひら)派が 乱暴に使っても良い 実用刀を作り 供給しています。
02-05 16:11

https://t.co/R9kjdiHxRW 左の様な波平の 元重が8mm有る様な刀が 示現流では多用されていたのかだが
02-05 16:15

https://t.co/7pUopLvVZI 元重9mmと 平均的同田貫より厚い物も波平には有るだろうか
02-05 16:20

RT @AaronOtsuka: リンウッド弁護士。精神鑑定を強要するジョージア州の弁護士懲戒委員会に対峙。意訳「不正選挙の証拠と自分の発言を補強する証拠がUSBドライブに入っているので、これも検討して判断して欲しい。」自身への免許剥奪の公的手続で「選挙不正の証拠」と「べド…
02-05 16:26

https://t.co/HOfsE5vTVH+ タールフォーファ時代の 突きの威力を考慮した菱形断面の剣だと 8.6mm厚有るだろうか
02-05 16:44

https://t.co/4hyrAxibIl>一 太刀の持ち方の事太刀の持ち方は、親指と人差指は柄に添える程度にして、中指で持ち、薬指と小指でしっかり握るように持つ。掌と柄の間に隙間が生じるのは良くない持ち方である。要は、敵を斬ると云う気持ちで太刀を持つこと大切である。
02-05 17:34

>敵を斬る時は、状況に拘らず、萎縮しないように太刀を持つのだ。敵の太刀を張る時・受ける時・交える時・おさえる時は、力が必要なので、親指と人差指でも少し柄を握るようにして、どのようにしても敵を斬るのだと云う気持ちで、太刀を持つのだ。
02-05 17:35

五輪書の刀の持ち方も 只力を抜くと 刀を落とされる状況も有るから そうした際は力を入れる事が考慮されていると言う事なのかだが
02-05 17:36

https://t.co/QhA3dSyzxU>五方の搆(五種類の構え方)とは、上段・中段・下段・右脇の搆・左脇の搆、の五つである。搆を五つに分けているとはいえ、すべて人を斬るためである。搆にはこの五つより外にはない。どの搆であっても、いかに搆えるかなどと考えずに、斬るのだと構えよ。
02-05 17:42

>搆は、状況によって、有利になるような構え方にする。上段・中段・下段の構が基本の搆であり、左右の脇の構はその場での応用の搆えである。右左の脇の搆は、上方が狭い場所や脇の一方が狭い所などでの搆えである。右脇の構・左脇の構は場所によって判断せよ。搆を極めれば中段となる。
02-05 17:42

>中段は搆の基本であり、合戦で云えば、中段は大将の座である。その大将に残りの四つの搆が仕えるのだ。よくよく調査研究せよ。
02-05 17:44

五輪書だと構えの種類は 5種類と多くは無いと言う事なのかだが 戦国期だと対甲冑の下からの攻撃や疲労を考慮して 下段が多いと言う意見も有るが 五輪書時点では変化したのかだが 甲冑剣術で多用される脇構えも 五輪書だと通常の地形では 利用されないのかだが
02-05 17:45

足捌きも所謂歩み足でも 倭寇的な跳躍が組み合わされる例が 五輪書以外では割に有ると言う事なのかだが
02-05 17:49

https://t.co/VMXxdZdOp0 https://t.co/1WtrBFy04t 西欧剣術でも 跳躍は有り 特に英で多いと言う事なのかだが
02-05 18:06

https://t.co/ca9gXuQChk 1422年のアルベドの戦いだと ミラノ軍がクロスボウに加えて下馬騎兵がパイク(此れはランスの可能性も有るだろうが)を多用し ハルバード主体のスイス傭兵がアウトレンジされ.. https://t.co/CwSaxT3EaY「対甲冑の武術」https://t.co/Fca4kFDqcA にコメントしました。
02-05 18:28

RT @3618Tekubi: 馬と並走するという幕末の馬丁のエピソードの検証。驚きの結果でした(´⊙ω⊙`) https://t.co/guIhDuTXm2
02-05 18:52

https://t.co/ftKGFzz5di >常歩分速110m速歩分速220m駆歩分速340m襲歩分速1150m長距離追撃・逃走時の馬だと 速歩(時速13km)程度しか出ない可能性も有るだろうが 甲冑装備の歩兵が此れに追随するのは 何処迄可能なのかだが
02-05 18:56

https://t.co/SWy916qQjw 朝鮮軍陣図屏風では 日本軍の騎兵と歩兵が連携して 追撃を行っている場面が有るが 歩兵は甲冑や食料等は 外していた可能性も有るのかだが
02-05 19:00

アルベドだとスイス歩兵のハルバードで騎士の乗馬突撃が阻止されているが リーチを考えると スイス側にも損害は可也出ていた可能性は有るのかだが
02-05 20:01

https://t.co/W9S0BVyBn0 現代のマラソンだと平均時速20kmだが 一般人はこんな速度は出せないだろうし 足軽の装備は食料等を入れれば10kg程度は有るのかだが この装備では時速13kmの馬の速足に 10kmも付いていけるのかどうかだが
02-05 20:34

雑兵物語の弓足軽は 食料を装備した儘戦闘しているが 追撃時にも此れは装備されたのかだが https://t.co/XhnJuGOOmI
02-05 21:09

https://t.co/ZVUZ0Nx9e8>一 二のこしの拍子の事二のこしの拍子とは、こちらが打ち出そうとすると、それより早く敵が引く時や、早く打ち掛かって来る時には、こちらが打つと見せ掛けておいて、敵が張った後のゆるむところを打つ、
02-05 22:17

>或いは、引いた後のゆるむところを打つ。これが二のこしの拍子である。この書を読んだだけでは、なかなか打つことはできないだろうが、教えを受ければ、たちまち合点がいき、打つことができるものだ。
02-05 22:18

自分が攻撃する前の攻撃=出鼻技が自身に命中する直前に 上手く攻撃を止めてカウンターと言う技も 五輪書には有ると言う事なのかだが
02-05 22:22

RT @resipatriot: 選挙不正に関するエビデンスをドキュメンタリー動画で大放出するとマイクリンデル氏。ご本人の発言で、米時間の明日金曜日と明言しており、これは期待できるかも。OANで早ければ木曜夜かもとも。https://t.co/fvFQXjPdjj
02-05 22:40

スイス傭兵もアルベド以後はパイクで 下馬騎士のランスをアウトレンジしていたのかだが パイクでは下馬騎士は そう簡単に倒せるのかどうかだが https://t.co/QMVi9E16Yb「対甲冑の武術」https://t.co/Fca4kFDqcA にコメントしました。
02-05 23:15

下馬騎士がパイクの槍襖に掛かって疲労した後 後列のハルバード兵が斬り込んだと言う可能性も有るのかだが https://t.co/95n5a59b7h「対甲冑の武術」https://t.co/Fca4kFDqcA にコメントしました。
02-05 23:18

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://boukenkyuusha.blog72.fc2.com/tb.php/11425-7562f1bd