FC2ブログ

Category

2021.09

 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  

02/04のツイートまとめ 

boukenkyuu

@De5fra6WaJ63wzb https://t.co/6OfnnJZ6OI 仰兜は 戦闘中に兜の緒が緩んで 兜が後ろに傾く事だが https://t.co/IG8u9RSywZ 猪首は自分で 後ろに傾けていると言う違いが有ると言う事だろうか
02-04 10:16

https://t.co/RTEsf8vyJ9 >その後、筑後柳河(柳川)藩士で剣術と槍術の師範であった大石進が、天保年間における二度の江戸在勤(1833年と1839年)中、五尺三寸(約161㎝)の長竹刀を駆使して江戸中の道場を席巻します。そのことを契機として長竹刀が急激に普及しますが、
02-04 10:32

>「柄が八寸(約24㎝)以内の竹刀の時は、常に歩む通りで宜かったが、長竹刀に変ると柄も随って長く一尺三寸(約39㎝)許りにもなったので、歩んだのでは構えが動揺する、夫れを動かすまいとすれば窮屈であるから、形のように歩んだのを止めて、右左と順に足を運ぶ様に変った。
02-04 10:33

>今日の足遣ひは、この時からで昔の足遣ひに比して板間で早い事をするには便利であるが、地面に於ては、ハヅミが出ぬから沢山は進み悪い」と、剣術において「送り足」が多用されるようになり、「板間での剣術」すなわち竹刀剣術独自の足さばきが生成したことに、堀範士は言及しています。
02-04 10:33

>残念ながら堀範士はこれらの記述の論拠となる出典を明記されていませんが、    大石進等が長い竹刀を利用する為に 送り足が発明された可能性も有るのかだが これ以前でも長物や大太刀を利用する場合は 平地で送り足的な歩法が使われた可能性は有るのかだが
02-04 10:39

https://t.co/dejJEtSG3X 1897年時点では 短い竹刀でも送り足が利用されていると言う事だろうが 幕末ではどうなのかだが
02-04 10:46

平地や室内だけでは無く 船上でも 長物・大太刀では送り足的な歩法が 大石進以前に利用されていた可能性は有るのかだが
02-04 10:51

https://t.co/QwUonObSv7>アメリカのプロデューサー、俳優、コメディアン、アニメ「ザ・シンプソンズ」シリーズの脚本家であるマーク・ウィルモア氏が2021年1月30日、57歳で死去した。脚本家の死は、弟でコメディアンのラリー・ウィルモアさんがツイッターで発表した。このタイミング
02-04 11:32

>>759米軍によるものかDS側の尻尾切りか何れにしても57歳の若さで亡くなるとは疑念を持たざるを得ない
02-04 11:33

>>759色々と臭う作中表現多かったしこれは疑うなってのが無理な話だな>>789笑ってはいけないハリスの就任式衣装
02-04 11:35

https://t.co/pesRXNlQNq シンプソンズはトランプを良く描いていないとすると 軍に逮捕処刑された可能性も有るのかだが
02-04 11:50

珍品 鉄透かし象嵌鍔 名品 在銘 節分 鬼は外  https://t.co/uNa71eTFy1  節分図の入る鍔はhttps://t.co/mg5CD8iKAT https://t.co/AAbHFM6j3k 他にも有るし 縁頭や小柄でも節分図が入る物が有る訳だろうか
02-04 12:38

https://t.co/6zI0m5hCvV 1425年には鬼に豆を撒く習慣も有るだろうし 此れが入る刀装具は同時期から有ったのかどうかだが
02-04 12:42

@De5fra6WaJ63wzb https://t.co/eR1MfIAR4b >[語誌]②の兜を猪首に着る例は、戦いにあたって視界をよくするためのかぶり方。首筋を覆う錏(しころ)が深くかかって首が短く見える。額が露出して危険だが、それが勇敢さを示すことにもなる。通常は寒気や雨滴が首筋にかかるのを防ぐためにするかぶり方。
02-04 12:47

@De5fra6WaJ63wzb 兜を猪首に被る事は 視界確保・防寒の為に行われる例も有ると言う事なのだろうか
02-04 12:49

https://t.co/5fpeCmr1FJ >井伊直政は「猪首」であった、という文献があります。『中古治乱記』に「…直政は唐の頭の甲総角付(かぶとあげまきつけ)まで掛りけるを猪首に着なし…」という文章があるのだそうです。
02-04 12:58

https://t.co/127b7Sfk9N 中古日本治乱記は1607年迄に書かれているなら 井伊直政が兜を猪首に被っていたと言うのは 事実の可能性も有るのかだが
02-04 12:59

>水野勝成が語った「戦場での心得」などを書き記している書物(「宗休様御出語」)があり、その中に「首ゆりすわり、猪首になる物(←原文ママ)あらばこの者必ず一番にかけ、槍を合わす者である。油断してはならない…」という一文があったんです。
02-04 13:00

水野勝成は兜を猪首に被る物は 戦意が高いと見て 危険視していたと言う事なのかだが
02-04 13:01

RT @micchoooin: 直政の猪首(兜をあみだに被る)はちょっと意識していたけど微妙すぎたな……もっと思い切ってやろう……←旧 新→ https://t.co/3N6QTHRg16
02-04 13:02

https://t.co/oxe05bZ1BK >豊臣方の智将真田幸村(信繁)は茶臼山に本陣を据えました。『難波戦記』は、この日の幸村の出で立ちを 「緋威の鎧に抱角打つたる甲、撚附けて猪首に著なし、河原毛の馬、日頃秘蔵しけるに、紅の厚総の鞦懸、金を以て六文銭打つたる木地の鞍置いてぞ乗つたりける」
02-04 13:06

https://t.co/cCDQoCm81S 難波戦記は成立年不明と有るが 寛文前には有ったと言う事なのかだが
02-04 13:09

袖がらみ 希少な横手付 切断発送可能 佐分利流内海流 運賃運賃 0202T8G https://t.co/GYlcy5k2RB こうした鉤は 戦闘用袖搦や 鉤槍には有るのかどうかだが
02-04 13:53

RT @HrXi38Srx6rQZ7h: 飛鳥時代くらいの大宝律令で「お前ら、刀の品質にバラツキあるから作者の名前入れろよ」というルールができたのが今も残ってるの、めっちゃ面白い。 https://t.co/ah0UQjzDO7
02-04 15:13

RT @Clarento: 「大剣は重量で叩き切る武器」という説はよく耳にしたが(そういえばロングソードも同じような話が...)...まぁ、確かにロングソードなどと比べると重さはあるが、それはあくまで比較の話なぜか分厚く重い鉄の棒のような存在と勘違いしてしまった人は多いら…
02-04 15:18

蛤刃の古い太刀や同田貫より 平たい刃のサーベル等の方が 片手打ちなら切断力は上の可能性は有るのかだが
02-04 15:20

相州伝以後は 蛤刃の刀の比率は可也減っていると言う事なのかだが
02-04 15:21

https://t.co/60HfkYkyVG >承久の乱後の鎌倉文化:承久の乱後完全に朝廷に対して優位に立ち、朝廷文化から切り離された独自の鎌倉文化が確立された。刀剣においては、朝廷の好む優雅・優美な形状から、武士らしく豪壮な姿に変わっていく。
02-04 15:26

>すなわち、元幅・先幅の差が接近し、先伏すような感じもなくなる。重ねもぐんと厚くなる。反りも腰反りから華表(とりい)反りという中心に反りがくるようになる。この頃になると、御家人の討伐はあれど、大規模な戦闘は殆ど無いので、太刀を実際に振るうことも少なかった。
02-04 15:27

>そこでさかんに行われたのが「堅物(かたもの)斬り」であった。据え物斬りにおけるひとつの手法だが、甲冑などの堅い頑丈なもので試し斬りを行うことである。当然刀身が丈夫でなければならない。そこで重ねを厚くするわけだが、
02-04 15:33

>それがこんもりと盛り上がったところが蛤の貝の形に似ていることから「蛤刃」といわれる形状になった。この重ね厚く重量のある太刀が堅物斬りに適した形であり、鎌倉武士が求めた斬れ味であった。この形状でも切先はほとんど延びず、いかにも頑丈そうな様が胴からすぐ頭のような、
02-04 15:33

>いわゆる猪首(いくび)と形容された。しかし、この蛤刃と猪首切先は実戦とは離れた状況で生まれた形状ではないだろうか。堅物斬りも動かぬように据え置いた甲冑・大鎧での試し斬りであり、これそのものも実戦から離れたものではないかと私は考えている。
02-04 15:33

承久乱ー元寇迄の厚い蛤刃の刀は硬物の試斬に得化しており 実戦的では無いと言う意見も有るだろうが 軍記物で多用される兜鉢を強打する戦法を考慮していた可能性も有るのかだが
02-04 15:35

装甲が無い或いは革小札鎧装備の雑魚歩兵相手には兎も角 鉄甲を装備したモンゴルの指揮官や 各国の重騎兵 歩人甲を装備した南宋歩兵相手には 蛤刃の厚い刀も有用だったと言う事なのかだが 使い分け迄はしていたのかどうかだが
02-04 15:51

https://t.co/UjRZe6ToBR 蒙古襲来絵詞に有るこうした太刀での槍の切断も 蛤刃より平たい刃の方が向いていると言う事なのかだが
02-04 16:06

女真や明・朝鮮の綿襖甲には 清正軍等の同田貫が有用だったと言う事なのかだが
02-04 16:18

https://t.co/o6oyDNnNGi >本来、兜は日本刀の斬撃に耐える物で斬れるはずないが、榊原は同田貫を用いて明珍作の十二間筋の兜を切り口3寸5分、深さ5分斬り込みを入れた。   全ての同田貫に こうした強度は有ったのかどうかだが
02-04 16:20

RT @nihonnoto2: <同田貫正国・鍋割り>徳川家康に仕えた武士である永田正吉は同田貫正国の刀を所持しており、敵の武田方の武士をかぶっていた鍋のような兜ごと叩き切ったという。家康はこの刀を「鍋割り」と名付けた。 https://t.co/2sGEFPCBeV
02-04 16:30

https://t.co/Uf76fEHLSA >堅いものを斬る場合、蛤刃といって刀の断面が貝の蛤のようにふっくらとしている方が斬れやすく、刃こぼれもしませんが、巻き藁などを斬る場合には斬れ味が良くありません。硬軟両方斬れる刃肉、刃角となるとなかなか難しいようです。
02-04 16:43

装甲が無い或いは革鎧装備の雑魚兵士等は 騎馬武者なら蛤刃の刀でも勝てるかも知れぬし 鉄甲を装備した精鋭兵に備える方が 有用だったと言う事は無いのかだが
02-04 16:45

https://t.co/qNq8lgCHUj 揺糸部分を外したとしても 革小札製が多い草摺に命中すれば 可也打撃を受けると言う事なのかだが
02-04 17:06

https://t.co/zofczRBTJ3 完全板金鎧でもこの部分は保護されないが 西欧剣術でこの部分を狙う技は 今の所見ないが
02-04 17:17

トランプ側の者は 逮捕・死亡は見当たらないが バイデン派の物は可也目立つと言う事なのかだが
02-04 17:43

アジア・日本での大量逮捕も2月中に完了し 噂される様に3月解散で バイデン派議員排除と言う事に成るのかだが 同時期にトランプも大統領復帰と言う事なのかだが
02-04 17:49

まとめを更新しました。「対甲冑の武術」 https://t.co/Fca4kFDqcA
02-04 18:04

相州伝も新藤五国光の刀でさえ 元寇には間に合っていないと言う事かも知れぬし 刃が薄くなったのは大太刀の軽量化に 主に寄与していたと言う可能性も有るのかだが
02-04 19:48

薄い通常の太刀も 前期倭寇が軽装甲のモンゴル兵や朝鮮兵と戦う際は 特に有用だったと言う事なのかだが
02-04 19:50

RT @2y4T909rOogQ8qv: 新年最初の投稿は、2018年の水府流太田派機関誌「游泳」から当代師範による「水刀」の記事。泳ぎの邪魔にならないよう通常の刀より短いのは当然としても、頁右下の写真から分かるように刃の形状は槍に近い。鞘先に空けられた水抜きのための穴も特徴的…
02-04 20:06

https://t.co/VKTFVQkc1G >水で囲まれた太田城に羽柴秀吉軍は中川藤兵衛に13隻の安宅船で攻めさせた。船の先端には大きな板を建てて、鉄砲や弓矢から攻撃から守るため改造したが、太田城の城兵の中で水泳の名手を選び、船底に次々と穴をあけ沈没させ、また押し寄せる攻城兵には鉄砲で防戦した。
02-04 20:11

第二次太田城の戦いで沈没した秀吉軍の安宅船は 槍的な水刀で穴を開けられていたのかだが 安宅船は水密隔壁が有ると言うから 片側に多数穴を開けたと言う事なのかだが
02-04 20:13

https://t.co/dE7ZKaHxZK 三島村上水軍だと のみで船に穴を開けていると言う事だろうか
02-04 20:19

https://t.co/H2XLtCrT7i >日本刀の厚さは、重ねと言います。重ねは、元の方で7mmくらい先の方で5mmくらいが平均だとされています。日本刀の中でも同田貫は元が8.3mmだとされています。
02-04 20:48

https://t.co/T6SJnSwNR4 国俊の刀だと元重8mmの物が有るが 一部の同田貫の様に9mm等の物は鎌倉期の太刀では有るのかだが
02-04 20:53

南北朝期の刀だと 薄く長く成り 装甲の無い場所や薄い場所を遠距離から攻撃と言う方向に成ったのかだが 一方で太平記でも依然兜鉢は 刀で強打されているだろうか
02-04 21:12

相州伝的な大太刀・刀なら兜鉢を強打しても 曲がる程度で済む例も多かったのかどうかだが
02-04 21:18

RT @zlu1vgErSQA4q3U: トランプさん、ツイッターアカウントの名前をジョン・バロンからドナルドJトランプに変えられてます。ツイッターはもうこのアカウントを削除できない? 安全になった? 何か変化があったのでしょうか?Donal J. Trump の文…
02-04 21:40

RT @gomo_yaki: @zlu1vgErSQA4q3U ツイートすぐに消して、保存していないのでうろ覚えですが、ツイッター CEOと話して、このアカウントを消さないことに同意したそうです。ただ、認証マークには難色を示した。。。と言うことが書いてありました。
02-04 21:40

https://t.co/tZgnnxRfmI >薪にナイフをあてがい、ナイフの背を木の棒(バトン)で叩き、ナイフを食い込ませて薪を割ります。その際、刃厚の薄いナイフだと薪が割れずにナイフが食い込むだけになります。そのためバトニングには刃厚の厚いナイフが適しています。
02-04 21:58

>薪の割易さはコンベックスグラインド(ハマグリ刃)が一番割れやすく、スカンジグラインド、フラットグラインドと続きます。ホローグラインドのナイフは刃先が薄く頑強さがないため刃を欠けさせたりしますのでバトニングには向いていません。
02-04 21:59

槍の柄も蛤刃の刀の方が 切断し易い可能性は有るのかどうかだが
02-04 22:00

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://boukenkyuusha.blog72.fc2.com/tb.php/11424-150f4ccd