FC2ブログ

Category

2021.09

 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  

02/03のツイートまとめ 

boukenkyuu

https://t.co/9mBMpTXlgP >城や藩邸の警備と、藩主の参勤交代の護衛を行いながら、まれに自国や他国の探索業務を行うというのが、江戸時代の忍びの一般的な職務であるといえるだろう。
02-03 11:20

江戸期の忍者だと 偵察だけでは無く 城・藩邸警備・参勤交代の護衛迄しているから 捕物術や武術は 藩主を警護する為の高レベルの物が有ったと言うことなのかだが 戦国期でも護衛任務が多かったのかだが
02-03 11:23

通常の護衛兵が入り難い 城や藩邸の 床下や天井等に 護衛用忍者が配置されていた可能性も有るのかだが 参勤交代の護衛だと 藩主の近くに配置されるのでは無く 周囲の偵察・安全確保に利用されていた可能性も有るのかだが
02-03 11:27

そうした忍者なら天井や床下内・屋根上等での戦闘技術も 可也有ったと言う事なのかだが
02-03 11:37

岡山藩や徳島藩には 徒士以上の地位の忍者が居たと言うし 彼等の武術・武装は相応の物が有ったと言う事なのかだが https://t.co/lVH0aS3cze
02-03 11:42

https://t.co/iTFCZaIqhk >徒士(かち)は、江戸幕府や諸藩に所属する徒歩で戦う下級武士のことである。近代軍制でいうと、馬上の資格がある侍(馬廻組以上)が士官に相当し、徒士は下士官に相当する。徒士は士分に含まれ、士分格を持たない足軽とは峻別される。
02-03 11:47

徒士用の貸具足の胴は 足軽用より厚かったかも知れぬが 佩楯の装備迄は無いと言う事なのかだが
02-03 11:48

https://t.co/Yje2Kr9UlN >非常に簡単ではあるが全身を被うように出来ている。胴は厚さ2mm程の鉄板を7枚横に合わせて形つくり左側で蝶番を軸で止めている。  下士用貸具足だと 胴は足軽の1mm台の物より 厚く成っていると言う事なのかだが
02-03 11:57

RT @nawa_kana: スーチーちゃんの売電ジャンプがウィキリークスにも出てるみたい(まだ読んでない https://t.co/10jAJq2OB3
02-03 12:25

伊賀者以外の忍者と言うのも居るのかだが 通常の武術の中に有る 忍術を学んだ者が選ばれていた例も有るのかだが https://t.co/IStovnhKY4
02-03 13:09

RT @yamatoJP_USA: 世界中で相次ぐ政財界のトップ、幹部クラスの辞任。きな臭過ぎる、もうそろそろ大きな事が起きるんかな。楽しみや😏寅さん一味ガンバレ🇯🇵🇺🇸 https://t.co/UO4H5Rberi
02-03 15:02

RT @aurora0628: イタリア首相、オランダ政府、ヴァチカン銀行頭取、アウンサンスーチーなど、次々とDSメンバーが・・ https://t.co/lFreqRZp7u
02-03 15:03

RT @smn9973: @naoyafujiwara ジョンバロンから、トランプに変更されましたね。 https://t.co/V2WOOIRvuU
02-03 15:22

RT @smn9973: @naoyafujiwara 画像も変更されました。 https://t.co/qFrJuf9UrX
02-03 15:22

RT @naoyafujiwara: 2月1日、ダン・スカビノ氏の投稿トランプが勝ちました。マラ・ラ・ゴからの投稿https://t.co/yqzaEPVSGG
02-03 15:24

https://t.co/PPOVm0A80b>>106このアカウントのバロンは2017年から登録済みなんだよねQの登場やトランプの当選も考えると今回の作戦でツイッターアカウント凍結されるの見越して作ってたとしたら本物の可能性が大
02-03 15:29

https://t.co/Q2A8YzFAsg >そういう理由から「歩み足」が主流でした。しかし、江戸の中期(1711年頃〜)から現在のように竹刀を持ち、防具をつけ、床板の道場で稽古をするようになりました。
02-03 15:39

>すると、足元に気を配る必要がないので、より早く相手に悟られないように打突するには「送り足」がよいのでは?ということで、足さばきが改良されたのでないかといわれています。
02-03 15:40

江戸中期以前でも 送り足的な足捌きは 室内や平地で行われていた可能性は有るのかだが
02-03 15:40

https://t.co/f3NoCDfvUX >他流派には、足の踏み方に、浮き足、飛び足、跳ねる足、踏みつける足、からす足などと云って、いろいろ足さばきを踏むことがある。これはすべて、わが兵法から見れば、不適当なものだと思う。
02-03 15:48

>まず「浮き足」を嫌う理由は、実際の戦場では、必ず足の浮きたがるものだから、できるだけ確かに足を踏むことが大切である。また「飛び足」を好まないのは、飛び足には、飛ぶときに起りという隙が生じ、飛んで着地では、居付く隙が生じて、しまうものであり、
02-03 15:49

>何回も飛ぶという道理もないのだから、飛足はよくない。また「跳ねる足」は、跳ねるという気持ちがあっては、落ち着かないものである。また「踏みつめる足」は、「待つ足」といって、敵に先手を取られる訳であり、特に良くない。
02-03 15:49

>その他、「からす足」、いろいろな足使いがあるが、戦場は、沼、湿原、あるいは、山、川、石原、細道においても、敵と切り合うものであるから、場所によっては飛びはねることもできず、早い足さばきなどはできないものである。
02-03 15:50

五輪書には 送り足的な物は無いと言う事なのかだが からす足と言うのは https://t.co/qcuUBOAhS0 >両足をそろえてピョンピョン飛ぶように歩くことが多い  左のハシブトガラス歩き方の様な物なのかだが
02-03 15:53

幕末だと実戦でも 室内・平地では 送り足利用が多かったのかだが
02-03 15:54

https://t.co/Wk8EYb2v7C >この中の「常に歩むが如し」ですが、ほとんどの五輪書訳本は、これを「歩み足」と訳して、二天一流(二刀流)は、通常の剣道に用いられるような「送り足」ではなく「歩み足」で行うものだと解釈しています。
02-03 16:21

>ただし、この「通常の歩き方のメカニズム」が、武蔵の時代と現代とでは大きく異なるので、現代人である私たちは、武蔵の言うことが理解し難くなります。 その典型例が最初に書かれている「足のはこびやうの事は爪先を少しうけて踵を強くふむべし」という内容です。
02-03 16:22

>普段、私たちはこのような歩き方をしませんね。     >昔の日本人は下駄や草履のような履き物に適した歩き方、すなわち後ろ足で蹴って進むのとは違うメカニズムの歩き方をしていたということになります。そして、この歩き方こそが、
02-03 16:25

>武蔵の言う「常に歩むが如し」という昔の人の歩き方のメカニズムなわけです。>後ろ足で蹴らずにどうやって前に進むのか?と疑問を持たれる方も多いと思います。実は、蹴らなくても前に進む方法があるのです。それが竹馬の歩行メカニズムです。
02-03 16:29

一方で平坦では無い場所では ジャンプした方が高速移動が可能な例も多いのかどうかだが
02-03 16:39

https://t.co/dIRinDo1Q7 >>318トランプは不正選挙の方向で弁論する意向だったのに法務チームが違憲の線で攻めようとして対立、それで解任されたらしい個人的にはトランプの姿勢を支持するわ
02-03 17:17

RT @chitokarano: Google検索のオーストラリア撤退警告マイクロソフトがBingで穴埋めと政府に申し出 オーストラリア政府がGoogleやFacebookなど大手テクノロジー各社に対し、ニュースコンテンツを提供する企業にロイヤリティーを支払うよう義務づけ…
02-03 17:42

https://t.co/a4dbFN84rP ムガル帝国のアウラングゼーブのプレートアーマーと言うのも有るが 英蘭の支援を受けていた サファヴィー朝のアッバース1世も 年代はやや前だが類似のプレートアーマーを所持していた可能性は有るのかだが
02-03 18:03

足半装備だと踵が浮く歩法が基本かも知れぬし フォアフット走法で ジャンプ的な動きが多く成る可能性も有るのかだが
02-03 18:15

https://t.co/nWLTvtjGm7 >「身のあたり」とは、簡単に云えば 体当たりのこと 方法は、顔は少しだけそむけ、左肩から敵の胸部に体当たりをするもの。ぶつかる時は、呼吸を沈めて、勢いをつけて、弾む様に、一切の思いを切って(捨て身で)相手へ飛ぶ込むのである。
02-03 20:59

>この稽古を続ければ、相手が、2-3間(3.6~5.4m)後方へ吹っ飛ぶもの、場合によっては、相手は、絶命してしまうものだから、しっかり修練すべきである。
02-03 20:59

五輪書のこうした体当たりは 戦国期でも有るのかどうかだが
02-03 21:04

同時期の中国拳法だと 心意六合拳にこうしたショルダーアタックが 有ると言う事なのかだが
02-03 21:10

https://t.co/iMBdVev5Fi >ちなみに『五輪書』では、我が左肩を、彼の胸に当てるよう教えている。この際、狙う急所は、壇中や雁下、水月などとなろう。  桶側胴相手では こうした急所は狙えないかも知れぬが 体勢は崩せると言う事なのかだが
02-03 21:26

https://t.co/hLWoGiabru 肩にスパイクの有る 16世紀の騎士の鎧も有るが ショルダーアタック用なのかどうかだが
02-03 23:33

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://boukenkyuusha.blog72.fc2.com/tb.php/11423-94e4c2e8