FC2ブログ

Category

2021.09

 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  

01/24のツイートまとめ 

boukenkyuu

RT @noitarepootra: 1927年発行、赤軍参謀用教材「大隊の戦闘」にある行軍⇒攻撃展開基本図の1つほぼ前衛のみで敵正面に展開し引き付け、主力が敵側面や後方を攻撃するマニューバを行う。敵左側面に行きやすい脇道が存在するがそれ故にバレやすいため、遮蔽物も考慮し…
01-24 09:28

十手 本歌 全長74.7cm 鉄製 コレクター放出品 打ち払い十手 https://t.co/HdeEDymegx  刃傷の有る十手も現存するが このサイズの物だと 町人の脇差では無く通常の刀を受けた可能性も有るのかだが 鈎には刃を受けた傷は 無いと言う事なのかだが
01-24 09:45

RT @MakerunaZaibei: いっぽうで、アンティファは激おこで、バイデンのバナーを燃やしてるけど一体何があった?
01-24 10:10

RT @maromar84000660: @MakerunaZaibei 全ては茶番。バイデン 国民感情を逆撫でする施策乱発ーメディア、SNSもバイデン 下ろし開始ートランプ、テキサスなど独立を宣言ー南北戦争ー南軍新共和国勝利ー合衆国の破産ーFRBの借金チャラ
01-24 10:11

>武蔵会でのお稽古を振り返ってみますと、十字の構(なんていう名前でしたっけ?(^^;)は、ディフェンスにはいいかもしれませんが攻撃力はそれほどなかったんじゃないかなぁ。
01-24 12:02

>両上段は突の誘いです。逆に面を狙って行くのがよかったですね。また、こちらも上段で構えるとうまく行きました。左右の小手と真ん中の面が見合いになります(^^)
01-24 12:02

>大小の竹刀を身体の前で十字に組んで構える「十字構」は、hide.さんのおっしゃるように、基本的に防御の構えです。ちょうど城の大手門をピタリと閉じたような状態で、敵からの攻撃も受けない代わりに、自分からの攻撃もできないという、守りの態勢になります。
01-24 12:15

>ここから、大刀を上段に振りかぶり、小刀を前方に伸ばすことによって、大手門を開いた状態になり、攻撃態勢に入ります。主力本体である大刀は上方に待機させ、身軽な小刀を、前衛部隊として縦横に駆使しながら敵をおびき寄せ、大手門の中央部に誘い込みます。
01-24 12:16

>敵がまんまとこちらの作戦にのり、中央突破を仕掛けてきたら、上方に待機していた主力部隊が一気に襲いかかって仕留めるというのが、二刀の基本戦略です。(^^)(二天一流、大の兵法)
01-24 12:16

>見合いにして攻めるっていうことは、気力・胆力・洞察力・技の柔軟性など様々な要素が必要>になります。むろん、中段を相手にしたときも「見合い」は攻めの大切な要素なんですよ>(^^)
01-24 12:50

https://t.co/XTas32iyuR  >見合いはいわゆる「攻めパターン」ではなく、「剣道の定石的な反射作用を見切ること」です。一番判りやすいのが、「よく攻め入って裏から竹刀を回して飛び込み面に行く」場合、ほとんどの人は、小手だと思い手元が下がります(ちゃんと攻めが効いていればの話です)
01-24 12:54

>。これが反射作用なのですが、この「癖」のようなものと、これに相手が反応した時、応じようの無い攻めで構成された一連の動作と読みが「見合い」ということになります。「予測」よりも更に「正確な予測」とでも表現するのでしょうか?(笑)(^^ゞいわゆる単純な勘や賭けではないわけです。
01-24 12:54

>というのは、パターンと言うのはどうしても「見る」という動作と「対応する」という動作のニ挙動になります。「見合い」が行えるようになると一挙動でその作業ができる様になります。これは頭で考えるのではなく、体に覚えこませる以外にないです。
01-24 12:57

>良く昔の剣道の先生が「頭でなく体で覚えろ!」なんて、闇雲のに猛稽古させられエライ思いをしましたが(苦笑)、思えばこの事なのだろうと思います。
01-24 12:58

>スピードは速すぎても良くないものです。相手とのタイミングの問題もありますからね。(^O^)私も以前「早打ちの○○」と言われたものですが(^^ゞ、初心者とやった時、一本打ちはともかく連続技はいまいち決まりませんでした。
01-24 13:00

>得意な連続技がです…。それは、相手を見ないで連続技を出していた性と、あまりのスピードの差に相手が追いつかなかったのです。小手をポン!と打って面や胴に渡ろうとすると、小手を打たれた為に面を守ったのではなく、構わず最初から相手は面を守りに行ったために綺麗に防がれてしまうのです
01-24 13:00

>(爆)。ですから私は渡らずに小手だけ決めてしまえば良いのですが…(恥)。まぁ、ともかくタイミングとそれを見きる目ですね(^^ゞ
01-24 13:01

>うちの先生は師範に対し学生が待ち>剣をしていると思いっきり諸手突きで突いてきますので・・・。これは、見合いをかける場所が近間過ぎるのだと思います。待ち剣だから突くのでは無く、もう、とうに見合いの間合いを過ぎて「捨て」の間合いにまで入ってしまっているのです。
01-24 13:03

>相手を見過ぎる事による「居つき」、相手を警戒し過ぎる「迷い」が先生に突きを打たせるのです。仮に待ち剣をやっていたとしても、諸手突をかわせる位置に間合いを取っていれば、スッと下がって問題無いはずです。
01-24 13:03

>しかし、そこを無理に片手突きなどして来たら、下がりながら擦り上げて面や引き小手を打っても良いでしょう☆したがって、見合いは間合いも大切です。「ここまでは窺っていて、ここからは捨てるぞ!」見たいなものが必要です。
01-24 13:04

https://t.co/GrCMYN1svh>スーッと入って小手は何本か試してましたが、入るときに「面に対する恐怖感」を感じません。これは「見合い」の技で、 1.入って居つけば面(または突き) 2.入りに面を打ってくれば、返し胴orすり上げ面 3.面をかばおうと手元が上がれば小手を見合いにしています。
01-24 13:13

>メインは3の「小手」狙いですが、まず、1が効いていないと手元が浮きません。
01-24 13:14

https://t.co/v0L7IHQrHI>「引き出して打つ」は、お相手の迷いを誘って打つ攻めです。ただ、「見合い」に使うこともできます。「崩すべく攻めた」結果、お相手が思うように崩れてくれなかった場合、無理打ちするのではなく、グッとためてみるのです。
01-24 13:16

>このことにより、お相手に迷いが生じ「打ってこないならこちらから」と打突に転ずることがあります。そこが狙い目となるわけですd(^-^)!
01-24 13:16

>僭越ながら私も、「攻めて打つだねの単調な攻撃」に対して「(物)足りない」と評することがありましたので、「ひょっとしたら」と考えまして(^^;とはいえ、7:3:から8:2ぐらいの比率で「タメ」を入れるだけでも、剣道は断然、質的変貌を遂げます。頑張ってみてください(^_-)~☆
01-24 13:21

https://t.co/1jcwYMKUGM>さて、昨日のHide.さんとのお稽古では、小刀の小手をものの見事に打たれました。Hide.さんの打突は、色を見せないので、なかなか瞬時に対応できません。二刀対策というものが特別あるわけではなく、やはり、日頃から鍛えた一刀での練り上げが一番大切だと思います。
01-24 13:36

>正二刀の破り方は難しいですね。小太刀の小手は左手にあるので二刀が開いても一刀側では右手に力が入る感じで冴えた打ちが出ません。対逆二刀では、突きを攻めて小太刀で押さえる瞬間を左に捌いて上から小手を打てますが正二刀では難しい。敢えてりょうさんの正二刀の弱点は胴かな。
01-24 13:57

>上段右小手を攻めてりょうさんの気持ちが上段の小手に云った瞬間、逆胴をいきなり放つ。でも同じ攻めを繰り返していると小刀で胴は押さえられるので×××。それと大事なこと。一刀は攻め込んだら直線的な動きではだめですね。真っ直ぐ行くと必ず太刀で討ち取られる。横への捌きが大事ですね。
01-24 13:58

>古流でも学ばなければ。歩み足で打つ。歩み足で左右に捌くなど。昔の先生の動きを思い出して見よう。ぼくの先生も二刀を遣っていました。これは昭和34年頃ですが、東西対抗の個人戦で優勝しています。この時の相手が東北の萱場先生(逆二刀)でしたがまだ覚えているのは、
01-24 14:00

>構えた瞬間するすると歩み足で懐に入り込みパッカンと逆胴一閃。二本目は、剣尖を右に外して構え、相手が面を打ってくるところを摺り上げ面の二打ちでした。このようにまず二刀には負けない気迫と気力が大事ですね。
01-24 14:00

>「小太刀の動作が起こって太刀が動く」というのがほぼ二刀の常道です。とするならば、小太刀は太刀の起こりをこちらに報せてくれている・・・。小太刀を攻め太刀を引きだして打つことが可能なのでは・・・、と考えてみたのです(^^)
01-24 14:18

>むろん太刀が動いたあと小太刀があいている部位をディフェンスするわけですが、この動きにも一定の法則がありますよね。この裏を狙いたいのですヽ(^.^)ノ
01-24 14:19

https://t.co/aFThJEb1H0 農民的な地侍だと 棒の手的な農民武術の影響が 高位の者でも多い可能性は有るのかだが https://t.co/HP2WDEVcYT 地侍の多い伊賀の武術は 忍者も含めそうした物が多い可能性は有るのかだが
01-24 14:46

高位の地侍迄 農民的鎌術等は使うのかどうかだが
01-24 14:47

https://t.co/aFThJEb1H0 >江戸期の大名・旗本には、このような地侍を出自とする家も少なくない。しかし、大多数の地侍は、侍身分でありながら村落に在住し、村落の指導者としてあり続けた。
01-24 14:51

RT @Beautiful_Arita: 3/12 「再度の戦いは4月中旬までに起きるだろう。あの就任式は完全な録画だ。誰にでもわかる証拠としては、売電婦人の靴の色を見ればいい。途中で変わってしまうのが確認できる。1/20は「最高のチャンス」を逃した、という評価は正しい。しかし…
01-24 15:18

RT @Beautiful_Arita: 4/12 軍だけが寅が出した緊急事態宣言を実施できる状態だ。F35をサウジに売る話がある。だが、売電はそれを聞かされていない。ペンタゴンは「あなたは知る必要はない」と言っており、ペンタゴンの中に入ることも許されていない。オバマやクリント…
01-24 15:18

RT @Beautiful_Arita: 5/12 寅は今でも大統領令を署名している。軍の総司令官は寅だからだ。つまり今は2つの政府がある状態だ。メジャーメディアは売電は14の大統領令に署名したと報じているが、実は書いていないはずだ。書いてたとしてもデスクに置かれたままだ。「軍…
01-24 15:18

RT @Beautiful_Arita: 6/12 売電側にとって最悪なのは、軍が自分の元にないことだ。もし寅が脅威でないのなら弾劾などしない。DSは寅の銀行をクローズしたが、寅が脅威でなければそんなことしない。売電の執務室はハリウッッドのセット以外の何物でもない。これは「オリ…
01-24 15:18

RT @Beautiful_Arita: 7/12 これらのことは、あの建物(ホワイトハウス?)に実際に入って逮捕されることを恐れたからだ。売電には殆ど力などない。世界のリーダーは困り、笑っており、関わりたがっていない。売電が最初にやった事はカナダのキーストンパイプラインを止め…
01-24 15:18

RT @Beautiful_Arita: 8/12 フリンやポンペオは今「待て」と言われている。軍の指示を待っている。軍は有事に備え寅に小休止してほしいと言っている。有事とはミサイルが飛ぶような種類のものではなくDCでの話だ。アン▲ーファが手の平をひっくり返したのは驚いた。これ…
01-24 15:19

RT @Beautiful_Arita: 9/12 売電が『最高の詐欺集団を形成した』と言ったのは病気が影響した本音だ。いくつかの州は選挙結果に関して静かで動きがなく、憲法に従ってすべきことをしていないと言える。これまで様々恐ろしいことが起きたのを見て怯えているのだ。だが、今で…
01-24 15:19

RT @Beautiful_Arita: 10/12 寅の人気は世界的だ。もし共和党がこのままなら寅は第三の新党を立てる。最低でも7500万人が支持するだろう。クリスチャンなら左側支持者でさえも入ってくるだろう。「人々」の力が既に共和党という団体を超えているのだ。
01-24 15:19

RT @Beautiful_Arita: 11/12 1933年まで、就任日は3月4日だった。自分は4月中旬までと思うがいずれかが寅が動くデッドラインになると思う。800人以上の4スター(大佐)以上の人々が寅を支持すると言っている。寅が違う形で戻ってくると言ったのは第19代アメ…
01-24 15:19

RT @Beautiful_Arita: 12/12 イタリアが「現行犯」で捕まったがお金はバチカンにも売電にも行っておらず、この件は確実に世界にプレッシャーを掛け始める。ナッシュビルの爆破は普通の兵器ではなく、それが敵の凄さを示す。警告なしに来るため寅側の戦う条件を窮屈にする…
01-24 15:19

RT @Beautiful_Arita: 一個訂正。録画だという理由に「売電婦人の靴の色」と書きましたが、聞き直したら「何人か出席していた婦人の靴」と言っていました。なお、あの式は「録画とライブの2部形式だった」と言っていたことも追記しておきます。
01-24 15:19

https://t.co/BpWW2Y3irB >この中世的兵農分離下では、召集するのに時間が掛かった。また、彼らの郎党には半士半農の者が多く、農繁期の動員に対して不満をもたれるといった問題もあった。   こうした郎党も 農民武術の影響が強い可能性も有るのかだが
01-24 15:23

RT @3618Tekubi: 「本物の忍者なら表に出てこないはず。だから出てきてるやつはインチキ。」っていう考えは忍者界関係者に向けられる素人のイキりで一番多いセリフだと思う。まぁ、ある面間違っちゃいないけど、何にも知らないで言ってるなら、ちょっとお恥ずかしいですよと。
01-24 16:04

太平記の忍者的な畑時能とその部下は 夜間城に潜入し斬り込んでいると言う事は 敵軍にも知られていただろうか
01-24 16:05

https://t.co/MMZPzZYaXn >表向きは鉄砲指南役として毎年、射撃訓練に立ち会い、金5両の手当を受け取っていたという。忍びの身分は藩内では伏せられたが、秘密裏に「術数を尽くし、命を捨てて御用を務め、父子兄弟・親友にも他言しない」との契約を交わした。
01-24 16:07

>普段は地元で農民や庄屋として暮らしながら、様々な術の稽古に励み、他の城下への潜入活動もしたようだ。   一方で江戸期だと 秘密契約の忍者も存在すると言う事なのかだが
01-24 16:07

https://t.co/40jWRJk5qb>「禄高帳」以外にも忍之者の名を記した史料をいくつか見つけることができる。 「御咎之部并赦」 (六五七号)からは、文化五年(一八〇八)に駒五郎」なる人物が登場する。   江戸期でも名が公開されている忍者は 居ると言う事なのかだが
01-24 16:13

>小刀の動きを気になさる前に、大刀の振り下ろしの攻めを封じなければなりません。我々は、そう簡単には打ちませんので、打ち込むときは覚悟を持って、飛び込んでおります。ですので、打つ前の小刀に気をとらわれすぎると実は、二刀側の間合いになっており、
01-24 16:38

>こちらとしてはかえって組みしやすい相手となります。
01-24 16:38

>二刀の小太刀に剣線を合わせれば当然近間に入りすぎています。かといって遠間からの打突は、動かしやすい小太刀で簡単に防がれてしまいます。で、私はあえて「中段高霞」で近間にとって真っ向勝負を考えているわけです(^^)
01-24 16:40

通常の剣術だと 小太刀で下方は防ぎ難いと言う事なのかだが
01-24 16:42

>さらに分析していきますと、一刀の竹刀を両手で操る場合には現れない上半身のひねりが二刀には生じます。結果、仕掛け技の場合「太刀と小太刀は同方向には動きにくい」と考えられます。二刀の打突動作は上半身のひねりによって生じます。
01-24 16:44

>先を仕掛ける場合はインサイドへのひねり(カラダを締める方向)、返し技の場合はアウトサイドへのひねりが多いようですね。ここの規則性が攻略のポイントでしょうか(^^)
01-24 16:44

>これは、一般的な二刀に対する考察になりますね。実は、武蔵会の二刀は、そうじゃないところに特徴があります。二天一流の古流勢法を深く研究すれば分かりますが、武蔵の編み出した二刀繰法の原則は、左右交互操作ではなく、二刀同方向同時操作なんです。
01-24 16:48

>そして、武蔵会の基本繰法も、この原則に依っています。もちろん、練習課程においては、交互操作も行いますが、あくまで目指すところは、同方向同時操作にあります。
01-24 16:49

>正二刀への左小手打ちは、通常の右小手打ちへの太刀筋のままでは打てないと思います。居合における初発刀(全剣連居合では「前」)の血振りの太刀筋が参考になるはずです。ちょうど右手に畳んだ傘を持って雨の滴を振り落とす感じですね。
01-24 16:50

>新影流二刀破りの秘剣と言われる「もじり剣法」ならば、はっきり言って二天一流には通用しません。香取神道流や神道夢想流に伝わる対二刀剣も同様です。先にもコメントしましたが、他流派は、二刀剣を交互操作と見てしまう傾向にあるようです。しかし二天一流の二刀剣は同時操作なんです。
01-24 16:55

https://t.co/24kvnvo3K8 掻盾は 樫製なのかだが 手盾も同様なのかどうかだが
01-24 19:28

https://t.co/vryFPlPGnG 掻盾・手盾も船の盾板同様に 樫以外の素材が使われていた可能性も有るのかだが
01-24 19:43

https://t.co/Rn0Gmk0nIu 捕物用手盾の楯火炬は 樫製だが 2寸厚と防弾を考慮している故の可能性も有るのかだが
01-24 20:10

RT @Majonojelly: オバマゲート発効と同時にオバマを訴え州内での強制を阻止。オバマは報復としてテキサスで示威的な軍事演習(ジェイド・ヘルム)を展開。反発で独立国家への機運が高まり住民投票。民主党とは因縁の関係。凄まじいまでの独立独歩の精神。それがザ・テキ…
01-24 20:45

>私は、雪国育ちなんで、スキーを良くやりますが、スキーにおける足の操作にも交互操作と同時操作があります。しかし、フリーで滑っているときは、ここは交互操作、ここでは同時操作と意識して滑っているわけではなく、斜面やスピードなど、諸々の状況によって、無意識に使い分けています。
01-24 21:26

>ただ、比較的緩斜面で滑りの美しさを見せようとすると交互操作が主体になり、急斜面やポールなど、ハイスピードが要求されるところでは同時操作が主体となります。
01-24 21:26

>二刀の場合も同じようなものと考えてみてください。通常のお相手ならば、交互操作でも何とか対応できる場合もありますが、Hide.さんレベルのお相手ですと、同時操作ができなければ、ほとんど対処できません。
01-24 21:27

忍者の鎌ヌンチャクと言うのは 実在しないと言う意見も多いが 鎖鎌の鎌側を投げ回す事を多用する例なら 有ると言う事なのかだが
01-24 22:29

忍者等の二丁鎌術も 太刀的な両手用長柄鎌と 脇差的な片手用鎌を 敵の数が多い時のみ利用と言う可能性も有るのかだが
01-24 22:41

佩き添え的な 予備の両手用長柄鎌を装備する場合は 此れを二丁利用した例も有るのかだが
01-24 22:43

古い時代だと 短刀的な小型鎌と 太刀的な両手用長柄鎌の 二丁鎌も有ったのかどうかだが
01-24 22:52

https://t.co/JfJQWorPlZ 指揮用の陣鎌等も有るのかだが 地侍的な者が 采配・軍配の代用として利用した可能性も有るのかだが
01-24 23:17

地侍の高位の者が そうした指揮用の高級な陣鎌を 脇差の代用としても利用していた可能性は有るのかだが
01-24 23:19

小型の派手な鎌も有るが 地侍等が短刀の代用として利用していた可能性も有るのかだが
01-24 23:22

忍者も畑時能の様に足軽的軽装で潜入する際は 佩き添え的な鎌は装備しない可能性も有るのかだが
01-24 23:48

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://boukenkyuusha.blog72.fc2.com/tb.php/11413-3fb826df