FC2ブログ

Category

2021.09

 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  

11/03のツイートまとめ 

boukenkyuu

https://t.co/NeWqUp6ZRV 岩佐勝友の源氏物語屏風の胡蝶の挿頭は可也大きいが 同様の物が兜にも装備された可能性は有るのかだが
11-03 10:23

https://t.co/imZS2yvjh4 >本書では、まず当時のローマの衛生状態が記されている。公衆トイレはあったものの、公共下水道につながっている個人住宅はほとんどなかった。排泄物はそのまま通りに捨てられていた。   ローマでも中世同様に 排泄物の処理は無かったと言う事なのかだが
11-03 12:57

https://t.co/eg6wUt8cHg >東アジアで人糞を肥料として用いたことが確認される最初の例は、鎌倉時代の日本と言われ、人類史最古の有機栽培である[1]。  日本だと鎌倉期には 人糞は処理されていた訳だろうか
11-03 13:01

>室町時代の朝鮮通信使も「日本では人糞を肥料とし、農作物の生産高が非常に高い」と記している[2]。   他国でも馬糞等は 利用されていると言う事だっただろうか
11-03 13:01

https://t.co/TO4dCv2V61 >しかし、水道整備が発達していたのは公衆トイレだけであり、個人住宅では穴のようなトイレで用を済ませていたようです。
11-03 13:09

>中世ヨーロッパでは、上に挙げたような古代ローマのトイレ文化は継承されることなく、ほぼ有史以前のようなありさまとなったことで有名です。路上は便の異臭がただよい、衛生観念が失われた結果、疫病が蔓延した暗黒の時代でした。
11-03 13:09

>ほとんどの住民は「chamber pot」と呼ばれるおまるを使用していました。それぞれの家庭のおまるがいっぱいになると、決められた場所で中身を捨てるという決まりとなっていましたが、ほぼその決まりは守られておらず、ゴミと一緒に窓から投げ捨てられていたそうです。
11-03 13:11

https://t.co/2wuuG4jCUY >パ・リーグ覇者のソフトバンクではやはり育成出身の千賀、甲斐、周東らが絶対的な主力に成長。育成面で改善の余地はあるというのが球団の考えだ。トップ選手のメジャー挑戦が増えるなど以前のようにFA補強に頼れなくなった事情もある。
11-03 14:03

RT @KobujutsuDojo: 馬上で抜いた太刀は瞬時には鞘に納め難い(修練不足ですが)のでそのまま持ちますが、以下のポイントを考えると肩に乗せるが今のところ妥当な持ち方だと思います。◯疲れないように楽に持つ◯自分や馬を傷つけない◯物に引っ掛けない◯すぐに使える…
11-03 15:23

https://t.co/00g2OpH91G 胸甲騎兵の両刃直剣だと 待機中はこうした形で立てて持つと言う事なのかだが
11-03 15:41

https://t.co/Mq7KtDUDSr >実は「左ジャブをダブルでつっこんでくる癖を勉強していた」というから驚きである。計算された神技カウンターだったのだ。 30年以上、ボクシングを取材しているが、ダブルのジャブの2発目に合わせるカウンターなど初めて見た。
11-03 16:44

剣道等でも連打した直後と言うのは 集中力が切れている例が多いのかだが
11-03 17:00

https://t.co/pIrJgBEIvE 所謂スリッピングアウェーで カウンターを撃つ前のジャブを回避していたのかだが 事前の映像分析が生きたと言う事なのかだが
11-03 17:09

----ライトクロスは相手がパンチを打ってきてからではなく、打ってくるタイミングを予測してから決め打ちでパンチを出す。 たまたま7ラウンドで炸裂したけど、1ラウンドからかなりいいタイミングでライトクロス出すシ...#Yahooニュースのコメント https://t.co/TRBxYM21VE
11-03 17:31

https://t.co/A7LLukP7Gi 左の敵討児手柏の場面では 両手持ちの長十手を利用している様に見えるが 果たしてどうなのかだが
11-03 19:49

鈎の無い 棒を利用している可能性も有るのかだが
11-03 19:50

@kerpanen https://t.co/5Bool486ao >打手の使に大友を出されたりと心得て、「物具を解せよとの御使にて候はゞ進候はん。」と云侭に、三尺八寸の太刀を抜て、大友に馳懸り、冑のしころより本頚まで、鋒五寸計ぞ打こみたる。大友も太刀を抜んとしけるが、目やくれけん、一尺計抜懸て馬より倒に落て死にけり。
11-03 20:25

@kerpanen 前賢故実の絵は 太平記で結城親光が大友貞載を 武装解除すると見せて 突然太刀を抜き騙し討ちとした場面と言う事だろうか
11-03 20:28

RT @kerpanen: 「前賢故実」に、こんな絵があります。これは「ここで一太刀斬りつけたら、太刀を捨て、すぐ鎧通しを抜いて組討ちに持ち込む」と云う状況を表しているのでしょうか。 https://t.co/0KEZFjaKtT https://t.co/n9veD0uB
11-03 20:30

https://t.co/XCO8wtMzlx >朝鮮の役の南原城の戦い(慶長2年)で大河内秀元は2尺1寸(約64cm)の短い打刀を使用して、馬上の敵四騎を次々と切り落としている。
11-03 20:55

>その他にも秀元は、打刀を振るって難敵を何度も討ち取っているし、その間、肉薄して戦う近接戦の故か、己の兜を斬り割られたり、籠手に斬り込まれたりと生死紙一重の危ない戦いを朝鮮の役で繰り返している。   大河内秀元のこの短い太刀と言うのは 騎乗戦でも利用されたのかだが
11-03 20:56

https://t.co/Q3raIP41KS 南原城攻防戦時の大河内秀元は 下馬して騎兵を 短い刀で斬っていたと言う事なのかだが https://t.co/Pxa3faqNey
11-03 22:56

重騎兵の股を切断等と言うのは 果たして可能なのかだが 装甲の無い膝下を斬ったと言う可能性も有るのかだが
11-03 22:59

https://t.co/jk3jynzVH7 こう言う重騎兵の鎧の装甲の無い膝辺りから 斜め上に斬り上げて股を切断等と言うのは 高速移動中には出来るのかどうかだが
11-03 23:04

刃長二尺一寸(63cm)の刀でも 馬の速度が加われば 膝下を両断出来る可能性は有ると言う事なのかだが
11-03 23:07

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://boukenkyuusha.blog72.fc2.com/tb.php/11331-45167ada