FC2ブログ

Category

2021.09

 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  

11/02のツイートまとめ 

boukenkyuu

RT @KdiE8imhH3S18rZ: 個人的には218億の数字が出た後の橋下徹や支持者達の反応が明らかにマイナスだったのと、その過程で法定協議会で試算を出してなかった事がわかって、この3年間何してたんだ?という不信感が強まったのが大きかった。広域一元化と基礎自治体の細分化は…
11-02 00:12

RT @koshi_vor: 弓道講座より、騎射用の矢について以下の文章を発見。矢は白箟に二立または四立の羽を用ゆ、二立は実演には使用できないから、山鳥の引尾を二枚用い、他は適当の矢を用いたる四立に作っておくと、稽古実演両様に用いられる。長さは普通歩射の物よりもやや長く右肩…
11-02 10:46

橋下・麻生の仲が可也悪いとすると 欧米混乱後金融ユダヤ人は福岡に移動と言う事と成った可能性も有るのかだが
11-02 10:57

長崎新幹線の話が進んだのも 此れの影響の可能性も有るのかだが
11-02 11:04

RT @marumasa58: ワシントン、青い州なのでバイデン氏が勝ったらそこまで酷い暴動になるとは思えんのだけど首都ワシントン 大統領選めぐる暴動に備え建物の窓ガラス覆う | NHKニュース https://t.co/Kxfm1DrePO
11-02 11:26

バイデンが勝てば ミリシアが民主党地盤でリシン迄利用した テロを起こす可能性も有るだろうが 僅差のバイデン勝利ならトランプが裁判で勝てると見て テロは起こさない可能性も有るのかだが
11-02 11:27

----相手を倒すのに持ってる力100%でパンチを振り回す必要など全然ないんだよな むしろそれでは相手に察知され、かわされるかガードされてしまうし、もし当たっても予期したパンチは効かない むしろ、軽くても速く...#Yahooニュースのコメント https://t.co/GuRXNHNlxB
11-02 11:45

>相手の死角からタイミングよく合わせたパンチの方がはるかに効果的KOを量産するボクサーって意外とこのタイプが多いし、彼らが(階級を上げるなどして)無理に倒そう倒そうと力めば力むほどむしろKO出来なくなってくる
11-02 11:46

>前までは脇を緩めにしている印象でしたけど、ピッタリ締まっている印象でした」このことによるメリットは「パンチを小さく打てる」(黒田)ことだ。「小さく」と聞くと威力も弱くなる感じがするが、野球のピッチャーに例えれば振りかぶるような“予備動作”がなくなるということ。
11-02 11:47

>黒田によれば、そうして打つことで「同時にパンチを打ったとしても先に届く。それに小さく打っても、彼なら倒しちゃう」という。 >相打ちの際に被弾すると防御の体勢が十分にとれていないので破壊力は段違い。
11-02 11:49

RT @3618Tekubi: この絵図を見て、一体誰が効果がありそうとか、やってみようなんて思うだろうか。絵と文章読んだって、坂道が楽になる科学的根拠なんて無い。そういう姿勢だと見落としてしまう。だからつべこべ言わず、書いてある事を信じてやってみる。そうしたら素晴らし…
11-02 12:09

RT @eisenmond: 追いつけそうでもマキビシがあるから近づけない感じになるのだろうか?絵では一本だけど、数本持っていたのかな…マキビシが引っかかって走りにくかったりしないのかな…色々気になりますね https://t.co/hHJw4mpyni
11-02 12:09

毒が塗ってある撒菱を大量に紐に結び付けて 此れを振り回して攻撃と言う様な例は有るのかどうかだが
11-02 12:12

カムイ伝だと撒菱に毒が塗られる例も有るが 忍術書にはそうした例は 発見済みの物では無いと言う事なのかだが
11-02 12:18

紐に結んだ撒菱を持って移動と言うのも 相手が撒菱を踏んだ時に 可也減速する可能性も有るのかだが 撒菱が草の根等に掛かる可能性も有るのかだが
11-02 12:20

そうした形で大きく減速したら 紐を離して離脱と言う事なのかだが
11-02 12:21

RT @kerpanen: 武芸としての乗馬古武術に「馬上武芸」の流派はない。馬に乗って戦うのは当たり前のこととして特別にそんな流派は不要だったのだ。現在、乗馬の機会が激減したため、各武術流派の中で眠っている騎乗での戦い方を検証復元する試みが、今正に始まった。詳しくは「月刊秘…
11-02 12:39

徒武者でも馬が無いだけで 騎乗戦が出来る者は特に関東では相当数居たのかどうかだが 追撃戦や逃走時に余った他者の馬を 太平記に有る様に利用した例は有るのかだが
11-02 12:41

RT @koshi_vor: 弓道講座の引用ですが、「普通の馬は二丁の馬場を二十秒以内外で走り終える」とあります。計算すると、二丁/20秒=109.09mx2/20x3.6=39.3km/hこれはまだ和種馬が日本に沢山いたころ(この本の発行が昭和14年4月に発行、同年6…
11-02 12:43

金融系ユダヤ人は福岡 IT系ユダヤ人はIT重視の政府の有る東京 メディア・IR系ユダヤ人はUSJの有る大阪に移動と言う事なのかだが
11-02 13:05

RT @in20876533: 京都の葵祭(賀茂祭)は冠に葵をあしらいます。今回の装束騎乗会の武官束帯衣装では場所が紅葉台、紅葉の季節をかけて冠に紅葉🍁をあしらっています。雅ですね(^^)動画、目を凝らしてよーく見ると冠の左に紅葉が見えるかも(^^) https://…
11-02 14:13

https://t.co/XZChvy8tge >黄葉《もみちば》を 散らす時雨に 濡れて来て 君が黄葉《もみち》を 挿頭《かざ》しつるかも ~久米女王《くめのおほきみ》 『万葉集』 巻8-1583 雑歌    紅葉の挿頭は 万葉集時代の8世紀には有ったと言う事なのかだが この時点では造花では無いと言う事なのかだが
11-02 14:19

https://t.co/IZK2Z3mkGg >万葉集の古歌謡には神南備の清い御田屋の、垣内田の池の堤に立つ齋槻の紅葉を手折り、公(きみ)の「頭刺」として持って行くと歌われ、これは恋歌ではなく巫女が神(公)の頭刺として用意したものであり、カザシは古く神を招くものであった。
11-02 14:29

>カザシとされた植物は、梅・桜・紅葉・萩・瞿麦・柳・保与・藤・山吹といった花木類である。   https://t.co/z8xj5fyIQn 瞿麦=撫子  https://t.co/AF0iirN4YA 保与=ヤドリギと言う事なのかだが
11-02 14:31

https://t.co/owJBZ82z2p >あしひきの 山の木末(ぬれ)の ほよ取りて かざしつらくは 千年寿くとぞ大伴家持(巻18-4136)    保与(ヤドリギ)の挿頭も 万葉集時代の8世紀には有ったと言う事なのかだが
11-02 14:41

https://t.co/yQ6pSOmSWO >高圓之 秋野上乃 瞿麦之花 丁壮香見 人之挿頭師 瞿麦之花   万葉集時代に 瞿麦(撫子)の挿頭が有ったと言う事だろうか
11-02 14:53

https://t.co/rsaoo7x52W >「万葉集」では黄葉・梅・萩・瞿麦・桜・柳・藤・山吹などの草花が「かざし」の対象とされている。
11-02 14:59

RT @HerbstFox: 太刀の曲がった柄はそういう意味があったのですね。 https://t.co/thUsce8PgM
11-02 15:01

RT @kerpanen: @saemonhiguchi @rava1966 宮崎監督は鉄炮侍が10匁筒を撃つ設定にしてますが、持ってみるととてつもなく重いんですよね。昔の人はまたとてつもなく腕力が強かったんでしょうけど。
11-02 15:04

https://t.co/lz9TUCfhYG >大田南畝の「一話一言」は,二十匁や三十匁筒火縄銃の威力は凄まじく、馬一騎が通れる狭い辻を走り向かってきた八人の武者全員を三十匁火縄銃の一発だけで射倒したと伝えている。  此れは馬上で 30匁筒を放っていた可能性も有るのかだが
11-02 15:07

カール12世の騎兵だと甲冑や銃も無く 直剣一本で突撃だろうが 当時は欧州最強の騎兵だったと言う事だろうか
11-02 15:18

農具が戦場利用されているなら 刺股や突棒等の警護具も 雑兵が戦場利用していた可能性は有るのかどうかだが 鎖系の物も有るのかだが
11-02 15:35

警護具の鎖装備の十手・突棒・袖絡が 戦場利用された可能性も有るのかどうかだが
11-02 15:38

浮世絵だと捕物で鎖鎌を利用している例も有るが 刃の付いた物は果たして利用されたのかだが
11-02 15:39

RT @ninja_yakata: 起源は合議制武士集団 末裔が調べた甲賀忍者像 - 日本経済新聞 https://t.co/x8tyhC3l5Y "調べたことは「甲賀忍者の真実」にまとめた。9月からは甲賀市の施設で当家文書の複製も展示している。他家にも文書が残っている可能…
11-02 16:44

https://t.co/oN8P9PayrY https://t.co/xIfZ7MsbIg 10匁の手抜緒装備の 恐らく馬上筒も有るが 戦国期には有るのかだが 短銃身であるから 散弾利用なのかだが
11-02 17:02

https://t.co/3IByyRHa95 明だとこの種の騎銃兵も居るだろうが 弓を散弾でアウトレンジはしていたのかどうかだが
11-02 17:06

太平記だと兜の額部分に 梅の枝が付けられる例が有るが 此れは造花の可能性も有るだろうが 挿頭に使われる他の花が付けられた例は有るのかだが
11-02 17:39

https://t.co/2iIboBlT6M >中にも道場坊助注記祐覚は、児十人同宿三十余人、紅下濃の鎧を一様に著て、児は紅梅の作り花を一枝づゝ甲の真額に挿たりけるが、楯に外れて一陣に進みけるを、   太平記のこの場面の児は 兜に梅の造花を装備していると言う事なのかだが
11-02 17:48

https://t.co/G7WVyMosNn >三陣には花一揆、命鶴を大将として六千余騎、萌黄・火威・紫糸・卯の花の妻取たる鎧に薄紅の笠符をつけ、梅花一枝折て甲の真甲に差たれば、四方の嵐の吹度に鎧の袖や匂ふらん。  太平記の花一揆の兵の兜の梅花は 現物の折られた枝であり造花では無いと言う事なのかだが
11-02 17:58

紅梅縅の鎧・薄紅の笠印と 梅枝の前立の組み合わせと言うのが 有った可能性も有るのかだが
11-02 18:02

小桜縅の鎧と桜の枝の付いた前立の組み合わせと言うのは 太平記時代以降で有ったのかどうかだが
11-02 18:06

https://t.co/1CkMMznqWG >曾良の句碑卯の花をかざしに関の晴着かな   卯の花も挿頭に使われていると言うなら 兜に付ける卯の花と 卯の花縅の鎧が組み合わされた例も有るのかだが
11-02 18:19

https://t.co/FkC1e27rEX 住吉大社の卯之葉神事では 卯の花の挿頭が使われると言う事だろうか
11-02 18:32

https://t.co/2QcPTBnUTN >『露ながら折りてかざさむ菊の花 老ひせぬ秋の久しかるべく  紀友則』 (露がおいてあるまま菊の花を折ってかざしにしましょう。いつまでもいつまでも命が続きますようにと祈って)
11-02 18:48

>かざしになるものとしては、桜や梅や菊が多いのだが、それ以外にも彼らは何でもかざしにした。ちなみに歌や源氏物語に登場するものを羅列してみよう。 「柳、菖蒲、藤、卯の花、紅葉、女郎花、撫子、藤袴、萩、尾花、笹・・」 その他、造化のかざしもある。
11-02 18:49

櫨の匂威の鎧と 兜の櫨の葉が組み合わされた例等は有るのかだが
11-02 18:51

https://t.co/hyZu3bBZRc こうした受け方は 西欧剣では有るのかだが 十手もこの受け方なら 両手持ち刀にはパワーで対抗可能なのかだが
11-02 19:18

https://t.co/6FrlbWPzfZ 挿頭の原型の髻華だと 豹の尾や鳥の尾も付けられるが 平安期には此れは有ったのかだが
11-02 19:38

RT @aoi_skmt: 大化5年(649)に制定された「冠十九階」は、15年後の天智天皇3年(664)には「二十六階」に細分化されるんですが、カラフルでお花ラブリィだった冠がことごとく地味な黒系に。たった15年でこの変わりようw https://t.co/7COIkfBGr7
11-02 19:44

RT @noitarepootra: 1歩兵が身に着け運ぶ重量の歴史的変遷オーストラリア陸軍機関紙2010年第7号掲載のload調査。古代~現代まで装備を揃えれた軍は幅はあるが30㎏前後かそれ以上と重く結論として『技術やロジスティクスのノウハウが向上、果ては革新しようと…
11-02 20:16

古代ー中世の歩兵も行軍中は30kg等の装備も有るが 戦闘中は装甲の無い者は 数kg程度と言う事なのかだが 徒武者は従者が30kg等の装備は持っていたのかだが
11-02 20:18

足軽の食料や打飼袋の荷物の重量は 10kg等は有るのかどうかだが
11-02 20:19

https://t.co/IOK9Dcdi5e 雑兵物語に有る様なこうした背負い袋の様な物を 足軽全員が装備しているのかどうかだが
11-02 20:26

RT @KobujutsuDojo: 馬術の心得がある者が遣った武術には馬上の感覚が残っているのではないか?そう思える程馬術は武術の基礎を培う多くの要素に溢れていると、これは個人の感想。個人の感想か武術文化の一つの源流に馬術はあるのか。様々な武芸の継承者に検証していただき…
11-02 21:14

https://t.co/MRziuKveNy 左の浮世絵の犬飼現八は分銅鎖を利用しつつ 十手を銜えているが 捕物用十手に分銅鎖が装備される例は多かったのかだが
11-02 21:32

https://t.co/SQzTYJVpB4 左は鈎縄と十手を 同時に利用しようとしているのかどうかだが
11-02 21:42

通常の十手では 町人の脇差は兎も角 長い刀には対抗出来ないとされるが 浮世絵だと長い刀に対しても 短い十手1本で対応している例が多いが 鎖帷子を装備して人数も多く 突棒等の長物の支援も有ると言う事だろうか
11-02 22:35

同心等の十手も刀との打ち合いは最大限回避し 死角に回り込んだ者が 組み付いて動きを止める事を重視していると言う事なのかだが
11-02 22:42

https://t.co/2JPvfwDyQn こうした刀身の根本付近を持つ ハーフソード的技と言うのは 実際に利用されたのかどうかだが
11-02 23:03

https://t.co/ASGPkAWBMZ 紋の有る握り革の有る 弓が描かれていると言う事なのかだが
11-02 23:07

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://boukenkyuusha.blog72.fc2.com/tb.php/11330-8ad1beb6