fc2ブログ

Category

2024.04

 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  

10/10のツイートまとめ 

boukenkyuu

吉田麻也、ザック時代の“失敗”に学ぶ3バックの活用法を提言 「際立って上手くいかなかった」(Football ZONE web)#Yahooニュースhttps://t.co/1dQooLGjJc
10-10 10:51

十手術の解説書!「渋川流克覚十手 證據巻」 短棒時代考証武器武具棒術柔術空手拷問捕縄少林寺拳法如意棒術剣術刀術の研究に https://t.co/QSbURKRsGA #ヤフオク 十手のハーフソードで 槍に迄対抗する技が有ると言う事なのかだが
10-10 13:01

RT @lady_green7: つい先日、パリの居酒屋の様子が報道されてたけど、店員はマスクをしてたけど、お客は当然マスクなし、席も普通に密で盛り上がってて、アクリル板などないし、これでは感染拡大するだろうと思ってたけど、フランスは昨日1日で2万人。ドイツでも4千人。ヨー…
10-10 14:03

https://t.co/B90lMtw6x6 源氏香紋の入る吹返等も有るが 戦国期には有るのかどうかだが
10-10 14:59

RT @tono_mikado: 儀仗弓装飾の施された弓。本物が手に入らないので塗装し蒔絵シール。位階によって細かい決まり、金の弭は公卿。殿上人は銀だが何張も作る気になれずこれで我慢。儀式用なので弱い弓にしたため威力が全くない…左近太夫☆浜次郎(@sakone_
10-10 15:06

RT @tono_mikado: @in20876533 紫色に塗った唯の平紐です。本当は組紐ですが結び方が分からなくて。https://t.co/hkjEr8yeZu https://t.co/Wte45r7oMq
10-10 15:06

蒔絵が入る弓は 全て儀仗弓と言う訳でも無いのかだが
10-10 15:07

RT @in20876533: 私の箙にはリアル熊毛を貼っています。なので毛が多すぎてボッとなってます。見ようによってウニの様に見えます。笑本来は硬い毛だけ残し、柔らかい内側の毛は抜いてしまうと聞いた事がありますが、勿体なくて抜いてないです。#箙 https://t.…
10-10 15:24

https://t.co/P0sHR44myt 左の扇を投げて視界を奪う技を https://t.co/16dHK6dtS1 左の浮世絵の義経は弁慶に対し利用していると言う可能性は有るのかだが
10-10 16:38

https://t.co/GvPILXIARG 上の方に迄熊毛が有る箙も有るが 虎や豹の皮が付く例は有るのかどうかだが
10-10 16:51

>熊毛を用いるのは公卿以上とされ、一般的には猪の毛皮を用いた。箱の後部は赤鞣し革を用い、箙を腰に付ける受緒・根緒には錦革と菖蒲革を用い、かけ緒には菖蒲革を用いた。   箙も熊毛・猪毛以外の利用は無いのかどうかだが
10-10 16:55

https://t.co/CpME5Yhow8 箙の猪毛も 上部に迄有る例も有るだろうか
10-10 17:47

https://t.co/8xFQeaGIrM 源氏香は享保年間成立と有るから 源氏香紋も此れ以前は無いと言う事なのかだが
10-10 18:18

西洋文化をこよなく愛した「征服王」メフメト2世・・・ふるさとイスタンブールに戻った肖像画 https://t.co/804fwyjjQT >オスマン帝国は1479年にベネチアと和平条約を締結し、その中には「イタリア人一流画家をイスタンブールに派遣する」という一文が盛り込まれた。
10-10 18:47

>メフメト2世の死後間もない1492年にキリスト教国家により、スペインからイスラム政権が駆逐されユダヤ人追放令が出された際にも、オスマン帝国は多くのユダヤ人難民を受け入れている。
10-10 18:50

>現在、トルコとイスラエルの不仲が取りざたされているが、トルコはナチスによるユダヤ人迫害時代にも多くのユダヤ人難民を受け入れており、歴史的には親ユダヤ国と言える。
10-10 18:51

>「メフメト2世の幼少期からの野望は、東西ローマ帝国の首都を制しローマ帝国に準じる世界帝国を築くことだった。彼が理想としたのは、多民族・多文化・多宗教の世界国家であり、イスラム国家の拡張ではなかった」
10-10 18:53

此れはメフメト2世が憧れていたと言う アレクサンダー大王の影響が有ると言う事なのかだが
10-10 18:54

>「ローマ教皇の三重冠を見るよりトルコ人のターバンを見る方がまし」という言葉がある。メフメト2世に滅ぼされ、最後のビザンチン皇帝となったコンスタンティヌス11世が言ったもので、歴史ファンの間では有名だ。
10-10 19:02

>当時の正教徒たちには、カトリックへの改宗を強要する西欧諸国より、納税さえしていれば正教の信仰を認めてくれるオスマン帝国の支配を選ぶ人たちも多かった。
10-10 19:02

寝だめは効果なし? 睡眠研究者が「8時間睡眠」を死守する理由(ライフハッカー[日本版])#Yahooニュースhttps://t.co/h2jMXMaHfC
10-10 22:16

RT @manshu226: 甲冑の価格の話で思い出した。鎌倉末期、京都駐屯のための費用に困った武者が出した書状では「具足を質に入れて5貫文ほど調達してほしい」と書いている(厳島神社反故裏経紙背文書)。5貫文は約25〜50万円と考えていいかなあ。質屋の預かり価格がそれくらい…
10-10 22:33

RT @rUyaCVtIiRxgC9M: やはり、包囲に対する最も重要な対策は冷静に秩序と戦意を保つことなんだな(*´ω`*)つまるところ、規律と士気の高い軍隊は包囲されても崩れにくく、崩れなければ内戦の利を活かし逆に薄く分散した包囲側を食い破るチャンスでもあるということか…
10-10 23:00

RT @noitarepootra: しかし露軍の両翼部隊は側面方向へ正面を転換していた。イラン軍翼部隊は長い距離を回り込んだことに加え、丘陵地で足並みが乱れ、そのまま鉤型陣形(方陣)を展開したロシア軍の各正面へ突っ込んでしまう。露軍は冷静に戦列を保ち、敵翼が鈍った所を一気に…
10-10 23:04

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://boukenkyuusha.blog72.fc2.com/tb.php/11307-4fd1764d