fc2ブログ

Category

2024.04

 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  

09/17のツイートまとめ 

boukenkyuu

RT @yuyawatase: これはオバマゲートがやはり来そうだな。Senate committee approves subpoenas, depositions for Obama DOJ officials - https://t.co/7lvrUjbrNK - @…
09-17 08:40

コロナ陽性者が陰性者に比べ共通して取っていた行動は…米CDC発表が波紋(日刊ゲンダイDIGITAL)#Yahooニュースhttps://t.co/Ubvo3v5yiZ
09-17 09:36

RT @epoch_ninja: 今日の発表は柿渋染マスクで無害化というわけではないです。念のため。
09-17 10:15

柿渋マスクは 抗菌で耐久性が高く 水を吸わないと言う事なのかだが
09-17 10:16

https://t.co/YB8lfgO7bu >「以前は速球に対応するためスイングスピードを速くし、引っ張ろうとしていた。いまは日本で功成り名を成したスイングに戻している。いつもインプレーの打球にする必要はないんだ。ファウルにして次のチャンスを待てばいい」と説明した。
09-17 11:56

RT @Armored2020: @inuchochin ⬇︎続き薙刀は槍よりも前に長巻にまず押されて消えかけていて(特に上級武士が打ち物としては)戦国期までに戦場に残ったのは大薙刀に分類される大型のものが少数だった模様(後は前述通り統合された)
09-17 12:31

RT @inuchochin: 室町時代の槍の仮想敵は大太刀(太刀)や薙刀だし(室町時代の素槍の長さ九尺は薙刀に突き勝てる長さ)、長柄槍という集団兵器もあるから、薙刀が長物の主力の地位を槍に取って変わられたのは変では無いような気はする。
09-17 12:31

楠木正儀軍だとコストの問題で 槍が多く成ったと言う意見も有るが 以後はリーチを伸ばす為に利用されたと言う事なのかだが
09-17 12:33

楠木正儀時代だと薙刀のアウトレンジは 槍は考えていない可能性も有るのかだが 応仁乱時代ではどうなのかだが
09-17 12:34

https://t.co/YtgDFiHf5J >南北朝時代までの槍はむしろ貧乏人の薙刀がわりとして使われ、それほど有効な武器ではなかった[16]。  楠木正儀時代だと 槍は安い武器としての扱いなのかだが
09-17 12:36

https://t.co/yAt2Xj1PAM >流布本巻25「住吉合戦の事」[229]で、正儀の兄楠木正行配下の武将のひとり僧兵阿間了願(安間了願)が馬上で柄が一丈(約3m)ばかりもある鑓(槍)を振るって暴れまわる場面である。  南北朝期でもこうした騎兵の槍は 安物では無い可能性も有るのかだが
09-17 12:40

https://t.co/WVFU2r6vtp >御行縢、地を金に虎の府を綱に、御鞍重ね、御あおり・御手綱・腹帯・尾袋まで同前なり。紅の総房の鞦に、瓔珞を付けさせられ、御小人衆、紅き小袖に、こう地白の肩衣、黒皮の袴一統なり。
09-17 13:45

信長の馬の鞦の瓔珞と言うのも 房に付いていると言う訳では無いと言う事なのかだが 飾馬に類似の物は有るのかどうかだが 虎柄の入る手綱や腹帯は 軍用の物では無いと言う事なのかだが
09-17 13:50

https://t.co/KmLMQpfB0w 左の勝軍地蔵の馬は 胸繋の房の上に瓔珞が有るのかどうかだが
09-17 14:01

応仁乱の市街地での密集陣で 薙刀・短槍を長槍でアウトレンジと言う事が 多用されたと言う事なのかだが
09-17 14:56

https://t.co/jW3bakR1Cm 応仁乱も陣地戦が多いだろうが 陣地外で戦う例有ったのかどうかだが
09-17 15:03

@kerpanen https://t.co/fyA6cOFhgl 平治物語絵巻・三条殿夜討巻だと 人差し指・中指をなめているのかどうかだが
09-17 15:43

https://t.co/dIxzZrYSVS >其外櫓の上、さまの陰には、射手と覚しき者共、弓の弦くひしめし、矢束解て押甘、中差に鼻油引て待懸たり。
09-17 15:58

>弓の弦くひしめし……「くひしめし」がわからない。もしかしたら「食ひ湿し」かな? 大塔宮護良親王の絵像で、唐輪に結ってお化粧した大塔宮が異形の者を従えて馬上、弓の弦を口に咥えているのがあるので、それを連想した。
09-17 16:03

>弓の弦は乾燥すると切れちゃうらしいので、もしかしたら昔の武士は弓の弦を口で湿らせていた???違うか。   下の平治物語絵巻・三条殿夜討巻の弓歩兵が 指をなめようとしているのは 弦を湿らせる為の可能性も有るのかだが https://t.co/cm2bnQ1ari
09-17 16:06

護良親王出陣図の様に 口で湿らせる方法も有るが 敵の襲撃を警戒している状況ではこうした事はせず 指を使っている可能性も有るのかだが https://t.co/fjRyYC2lCY
09-17 16:08

https://t.co/E0ALyW3FBX >まず、「弓の弦くひしめし」。これは、「くひしめし」が「食ひ湿し」なんではなかろうか、と書いたが、なんとドンピシャ、その通りだった!(わー、自分すごい!! 笑)
09-17 16:10

>小学館「新編日本古典文学全集」では漢字があててあり、「■(にすいに「食」)ひ湿し」となっていて、やはり弓の弦を湿すとつがえやすくなるのだそう。    弦の切断を防ぐ為に湿らせているのでは無く つがえ易くする為なのかどうかだが
09-17 16:10

RT @kerpanen: 大変お騒がせしました。国宝の男衾三郎絵巻に弓射の前に指を舐める絵がありました。人差し指と中指です。間違いでしたすいません。でもモンゴルとは関係なく、これは不思議。弓道だったら、人差し指と中指は舐めるどころか滑り止めのギリ粉をつける所。例えばここに唾を…
09-17 16:14

吉川弘文館・鎧をまとう人びとでは 弓を射やすくする為に 指をなめていると有るが 具体的にどう射やすく成るかは書いていないだろうか https://t.co/qLda0iOj5i
09-17 16:39

RT @kerpanen: @samanokami0122 そうですね。他でも見たことがあります。当時の弓も今のように、弦を保護するため水性の糊で固めた中仕掛のような物を使っていて、それを湿らせて乾いて切れるのを防いでいるのではないかと言う気もしてきました。
09-17 18:16

https://t.co/j4gMhQrgFD 薬煉は弦に塗られていないという意見も有るし これを唾で湿らせている訳では無いという事なのかだが
09-17 18:20

>また戦場で白弦は使いません。防水や補強のため紙や絲を巻き漆を塗った「塗弦」が使われました。漆の上から薬煉など塗りません。
09-17 18:22

https://t.co/ctPq0Sh5ul 薬煉は弦の強化にも使われるという意見も有るが 白弦だけなのかだが 雑兵物語だと白弦も戦場利用されている様に見えるが
09-17 18:27

下の白つると言うのは 戦場用とは断定出来ないという事なのかだが https://t.co/DRjZlRbk8I
09-17 18:34

雑魚兵中心に 雨が降らないと見た時は 安い白弦を利用していた可能性も有るのかだが
09-17 18:36

https://t.co/oDtAakkk9r >麻弦は麻の繊維を縒って天鼠を染みこませて作ります。  >麻天鼠で摩擦すると熱で弦に染みこんでいる天鼠が溶け、弦が締まり,冷えると再度固まって堅く丈夫になります。弓を使用する前後に麻天鼠で摩擦すると弦が長持ちします。
09-17 18:50

白弦には薬煉が染み込ませてあるのかだが これを湿らせるという事は 上では特にしていないだろうか
09-17 18:51

RT @choco_onji: @kerpanen 失礼します憶測ではありますがサムリングのズレを直しているのではないでしょうか?長く付けていると指がむくんでくるので少し大きめのものを使うと聞いたことがあります
09-17 20:30

https://t.co/EF779l2muo >冬場になると、弓力は強くなり、逆にクスネは低温のため硬くなり、乾燥して繋ぎの力は弱まります。この場合、マグスネをかけて摩擦熱でクスネの繋ぎをよくしなければなりません。ただし弦輪の結び目にはマグスネが使えませんので、
09-17 21:57

>こういう場合は温めたり、指先でほんの少し水をつけて湿らすといいでしょう。  >弦が切れやすい冬場は、行射に入る前だけでなく途中でもマグスネは掛けた方が良く、   敵の襲撃を警戒する場合は マグスネを使わず 唾を頻繁に付ける事で 弦の繋ぎを良くしている可能性は有るのかだが
09-17 22:00

@kerpanen @kurotaisi https://t.co/EF779l2muo >冬場になると、弓力は強くなり、逆にクスネは低温のため硬くなり、乾燥して繋ぎの力は弱まります。   これを防ぐ為に 指で弦に唾を付けている可能性は有るのだろうか マグスネは敵の攻撃が警戒される場合は 使い難いと言う事なのかだが
09-17 22:05

>麻弦の切れる箇所はおおむね上下の弦輪の結び目と中関です。この3箇所には特に配慮が必要です。  この部分に 冬は頻繁に唾を付けていた可能性も有るのかだが
09-17 22:42

絵の護良親王も https://t.co/R7eCfVYUd4 左の弦の中関部分を 湿らせていると言う事なのかだが https://t.co/xP8AIek43k
09-17 22:47

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://boukenkyuusha.blog72.fc2.com/tb.php/11284-425f3c5f