FC2ブログ

Category

2021.09

 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  

08/20のツイートまとめ 

boukenkyuu

RT @amanojuku: 【英紙デイリー・メール特ダネ】ビル・クリントンがエプスタインの被害者女性から肩を揉んでもらっている写真を独占入手。2002年にエプスタインの「ロリータ・エクスプレス号」(プライベート・ジェット機)に搭乗した際に肩凝りになったクリントンをhttp…
08-20 08:45

RT @bonja1: #MeToo の活動が下火になってるなっておもったらクリントンが絡んでいるから。エプスタインの性被害者の女性に肩を揉んでもらっている写真だ。 https://t.co/zjSujLBRpp
08-20 08:46

RT @news4jp: 1999年【エドガー・ブロンフマン】は【ビル・クリントン】から大統領自由勲章を授与。彼は【ジェフリーエプスタイン】が【ベアー・スターンズ】で働き始めた時についた大口顧客。エプスタインがブローカー資格を失った時や違法行為を行った時、お咎めを受けな…
08-20 08:48

https://t.co/Qef2x9ngTF 連銭葦毛なる馬に、柏木に耳蝉打つたる金覆輪の鞍置いてぞ乗つたりける。    https://t.co/9rQWHkaQG9  耳蝉と言うのは左の虫だろうが 此れを模した兜も有っただろうか
08-20 09:11

https://t.co/umQn2yL7Xc 左の兜(耳が薄い方)は鳥のミミズクを 模している可能性も有るのかだが
08-20 09:17

https://t.co/QQ7x9a3b5W >中でも日野十郎は古兵([実戦の経験を多く積んだ老練な武士])でしたので、弓の筈([端])を、岩の間に引っ掛けて、陸に上がり、二人の者たちを引き上げて、助けたということです。   弭槍装備等の弓の こうした部分で 敵を掛ける例も有ったのかだが
08-20 09:27

RT @kingkottakromac: つまりオバマの民主党政権時代、次期大統領選にヒラリーを勝たせるため、"政権の指示"により、トランプに不利な事実を無理矢理でっち上げたFBI職員が、偽証を自供し、今後の司法取引にも応じる模様 #オバマゲート https://t.co/th
08-20 09:31

この部分で掛けたとしても 弦を即座にカットされる危険も有るのかどうかだが
08-20 09:33

https://t.co/eR6h1uUcwu 清水寺縁起絵巻で 弓を左手に持った儘刀を振るっている騎馬武者が描かれるが 弓でのそうした攻撃も意図している可能性は有るのかどうかだが
08-20 09:41

>上総の守が童わらは、次郎丸と言ふ大力の剛の者、萌黄匂ひの鎧着、三枚兜の緒を締め、打ち物の鞘を外づいて、源大夫の判官に押し並べて、むずと組んでどうど落つ。    三枚兜と言うのはシコロが短い物では無く 小札が大型の物の可能性も有るのかだが
08-20 09:53

https://t.co/sdgbHPmmr0 >円満院の大輔源覚は、今は宮もはるかに延びさせ給ひぬらんとや思ひけん、大太刀大薙刀左右に持つて、敵の中を割つて出で、宇治川へ飛んで入り、物の具一つも捨てず、水の底を潜くぐつて、向かひの岸にぞ着きにける。
08-20 10:15

こうした大太刀と大薙刀の二刀流と言うのも 包囲された状況のみでの利用と言う事なのかだが 騎馬武者が水の底を潜って 秘密裏に対岸に脱出する例も有るのかだが
08-20 10:17

https://t.co/YSiY22Hkat >その中に乳母子の六条佐大夫宗信は、新野が池へ飛んで入り、浮き草顔に取り覆ほひ、震ひ居ゐたれば、敵は前をぞ討ち通りぬ。   浮草で水上に出た顔を隠すと言うのは 忍者も行ったのかだが
08-20 10:22

https://t.co/ukYXQywOyg >よつてそ首を突かうとすれば、勧進帳を取り直なほし、資行判官が烏帽子を、はたと打ち落とし、こぶしを強く握り、胸をばくと突いて、後ろへのけに突き倒たふす。    こうした頭や胸への打撃は 格闘術の物なのかどうかだが
08-20 10:54

https://t.co/3onLei8TkI 日本の場合は軽い矢を利用してのアウトレンジは無いが 高所からの射撃でのアウトレンジは 太平記等で意図されていると言う事なのかだが 一方でイングランド軍もクレシーでは 高所からの射撃を行っている訳だろうか
08-20 11:18

https://t.co/X3aGQmvXM0 仏もカスティヨンの様な300等の砲の投入は 野戦では16世紀でも無いと言う事なのかだが
08-20 11:20

https://t.co/FBbUfSHRVe フォルミニーでは仏の砲は2門しか無いが 騎兵の側面からの奇襲攻撃で イングランド軍は壊滅したと言う事なのかだが
08-20 11:25

>馬の尾で柄巻いたりける刀の https://t.co/KVd8VsB6ji >変わり巻きと呼ばれるものは、籐や鯨のひげ、馬の尻尾などを巻いたり、   馬の尾の柄巻が有る刀が 平家物語時点で有るのかだが 滑り止めは意図していない 隙間の無い巻き方の物なのかだが
08-20 15:23

https://t.co/NXATwRga5d >安藤武者、斬つては悪しかりなんとや思ひけん、太刀の刀背を取り直ほし、文覚が刀持つたる右の腕をしたたかに打つ。   此れは記録上最古の 峰打ちと言う可能性は有るのかだが
08-20 15:29

>文覚下に伏しながら、安藤武者が右の腕をしたたかに突く。突かれながらぞ締めたりける。   締め技と言うのも 中々書かれない物だろうか
08-20 15:30

文覚が腕を殴ったのは 上に乗られた状態から脱出する為なのかどうかだが
08-20 15:47

https://t.co/gou5GYeouD >武士の矢の長さの基準は十二束三伏(つまり、拳12個分に指3本)。鏃の長さは含まない[4]。仮に拳幅8cm、指幅3cmとするなら、その平均は、100cm前後+鏃の長さとなる。
08-20 16:01

15束(120cm)の矢では 恐らく大型の鏃が装備されているとすれば 全長125-130cm等有った例も多いのかだが
08-20 16:03

https://t.co/jPGBToRpgY >わづか十三束 をこそ仕り候へ。実盛ほど射候さふ者は、八箇国にはいくらも候ふ。   此れは関東の標準的矢が 13束(104cm程度)と言う訳でも無いのかだが
08-20 16:14

https://t.co/w9hStQAVm4 >萌黄威の鎧に、黒糸威の腹巻二両重ねてぞ着たりける。帽子兜に五枚兜の緒を締め、茅の葉の如くに反つたる白柄の大長刀、黒漆の大太刀、左右の手に持つままに、   平家物語時点でも 大鎧と腹巻の重ね着が 基本的に歩行戦をする僧兵に迄されているのかだが
08-20 16:43

>帽子兜に五枚兜の緒を締め   此れは兜鉢は帽子兜だが シコロは通常の物が付いている可能性は有るのかだが 5段の下散シコロ装備の可能性も有るのかだが
08-20 16:50

>茅の葉の如くに反つたる白柄の大長刀、黒漆の大太刀、左右の手に持つままに、同宿十余人前後左右に立て、転害の門より討つて出でたり。これぞしばらく支へたる。多くの官兵ら馬の脚薙がれて、多く亡びにけり。   此れは大薙刀・大太刀の2刀流で 馬の脚をカットしていたと言う事なのかだが
08-20 16:52

RT @kerpanen: 野伏の襲撃!?紅葉台木曽馬牧場で、木曽系在来馬に乗って馬上武芸の鍛錬をしていた武士を狙って、突如、山中からスポンジ鏑矢が飛来。立て続けに三射。しかし見事打ち払い、敵を返り討ちに。見事な腕前‥‥‥、でもないか。なにしろ、スポンジ鏑はでかくてのろ…
08-20 17:45

野伏も同時多方向からの攻撃や 夜襲・払暁攻撃を多用しているとすると 彼等が放つ矢が見え難い状況が多いのかどうかだが
08-20 17:51

暗い状況で視界の範囲外の後方等からも 矢が飛んで来ると成ると 対処は困難と言う事なのかだが
08-20 17:57

https://t.co/L3Z3gAElGk >播磨の国の住人、福井の庄しやうの下司、次郎大夫友方と言ふ者、楯を割り松明にして、在家に火をぞかけたりける。   松明の携行が無い場合は 割った楯で代用される例も有るのかだが
08-20 18:18

https://t.co/nc6F8v4wp1 元寇時のモンゴルの張力80kg等の強弓や 宋等の弩対策で鎧が重ね着された例も 指揮官中心に有ると言う事なのかだが
08-20 18:30

https://t.co/Zuo4Eb6N6j >「あはや源氏の大勢の向かうたるは。取り籠められては敵ふまじ。ここは馬の草飼ひ、水便共によげなり。しばらく下り居て馬休めん」とて、   戦闘が近い段階でも 馬に通常の草を食べさせていたと言う事なのかだが
08-20 20:50

https://t.co/bPCAqE7a5s >兜をば脱いで高紐に掛け、   騎馬武者が兜を 従者に持たせるのでは無く 高紐に掛ける例も有るのかどうかだが
08-20 21:05

RT @V2ypPq9SqY: 騎兵に関する問題として、近代以前の世界観だと味方の騎兵が大量にやられると戦闘に勝っても戦後がヤバいのよな。騎士階級や富裕層が根こそぎになるので建て直しがヤバい。
08-20 21:09

無能な貴族が無理な突撃しやられて ゲクランやリッシュモン等が出て来ると言う様な例も 有るのかどうかだが
08-20 21:11

https://t.co/j0WgrQ3haT 大砲の少ない時代でも ゲクランはコシュレルの戦いで偽装退却を利用し イングランド軍を破っていると言う事だろうか
08-20 21:19

https://t.co/TCZAHhaUsk >ビトリア=ガステイス近郊で起きた「イングランド人の山の戦い」と呼ばれる前哨戦では、ヒネーテから成るエンリケのカスティーリャ軍が黒太子軍を破り、有名な傭兵隊長が何人も戦死したり捕虜になったりした。
08-20 21:29

ヒネーテの飛び道具はジャベリンしか無いだろうが 奇襲攻撃でロングボウ兵がやられていたのかだが
08-20 21:29

>イングランド軍両翼のガスコーニュ装甲兵はゲクランの部隊を包囲する動きを見せ、これを阻止しようとしたカスティーリャ軽騎兵(ヒネーテ)はイングランドとウェールズの長弓兵の猛烈な射撃で粉砕された。    奇襲以外では ヒネーテはロングボウ兵には太刀打ち出来ないと言う事なのかだが
08-20 21:58

>カスティーリャ重騎兵を率いるエンリケはゲクランを助けようとガスコーニュ兵に何度も突撃を試みたが、騎兵の馬が長弓で打ち倒されて近づくことさえできなかった。カスティーリャ騎兵にとって下馬することは屈辱とされていたため、彼らは馬から降りようとせず、歩兵戦という選択肢は無かった。
08-20 22:02

最大2500のカスティーリャ重騎兵が下馬戦闘したとしても 10000のイングランド軍に果たして勝てたのかどうかだが
08-20 22:03

https://t.co/1Vwbqr50Sd >陣の間、わづか三町ばかりに寄せ合はせたり。源氏も進まず、平家も進まず。ややありて源氏の方より、精兵を選すぐつて、十五騎、楯の面に進ませ、十五騎が上矢の鏑を、ただ一度に平氏の陣へぞ射入れたる。平家も十五騎を出だいて、十五の鏑を射返す。
08-20 22:49

精兵の鏑矢と言うのも 強弓利用の物は巨大かも知れぬし 飛距離は余り無いのかだが
08-20 22:49

大薙刀=大太刀サイズ以上の刀身 小薙刀=小太刀サイズ以下の刀身の物と言う事は無いのかだが 刃長90cmでも小薙刀と言うのが有ったが 柄が通常より短いのかどうかだが
08-20 22:55

RT @1059kanri: 刀の長さについて平家物語・延慶本「2尺9寸(約90センチ)の”大長刀”」↓太平記「3尺2寸(約100センチ)の”小太刀”」「3尺5寸(約120センチ)の”小長刀”」この変化の凄さwちなみに太平記に出てくる最も長い太刀は「7尺3寸(約2メー…
08-20 22:59

刃長120cmの小薙刀等も太平記では有るが 柄は通常の薙刀より短いと言う事なのかだが
08-20 23:01

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://boukenkyuusha.blog72.fc2.com/tb.php/11256-1bc5ce0a