FC2ブログ

Category

2021.09

 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  

08/14のツイートまとめ 

boukenkyuu

https://t.co/IBjcDttIoz 兜割も左の様な 50cm前半以上の長さの現物を見ないが 片手打用だとこの程度の物が上限なのかだが
08-14 10:57

RT @3618Tekubi: まさかのww【超便利】昔の人が下り坂を楽に歩くため考案した『両手を空に突き上げる下り坂運歩』 → 検証してみた結果、登山勢から大好評!「マジで疲労が激減する」 : はちま起稿 https://t.co/700cACfCXc
08-14 11:37

足軽の鎧 https://t.co/TH9X0d809f 鎬の有る鉄板が入る 畳胴も有るが 畳具足が多用されたと言う島原でもこうした物は利用されたのかだが
08-14 11:42

南北朝期に発生した簡易的な受張は 楠軍の兜割対策では無く 撮棒や槍の打撃への対策と言う事なのかだが 受張が有っても強打されれば 短時間は動きが鈍ると言う事なのかだが
08-14 12:23

RT @SatoshiKamakura: @kerpanen 乗馬のタイミングで鞘が馬のお尻に当たっていますね。西洋はサーベルが馬に当たらないよう左からで、逆に和式は右からと言われます。大きな弓を弓手で持ちつつも太刀が馬を刺激しないような乗り方、すごく気になります。ぜひご検証を…
08-14 13:25

RT @kerpanen: @SatoshiKamakura 馬上武芸は、まず馬に当たらない太刀の佩き方からですね。映像には写ってないですけど、当日も太刀が当たらないよう、けっこう佩き方を変えて試行錯誤してました。
08-14 13:25

https://t.co/KCCObSCBJR 太平記の様に大太刀を2本装備する様な状態では 馬に全く此れが当たらない様には出来るのかだろうし 太刀が当たっても暴れない様に訓練がされていた可能性も有るのかどうかだが
08-14 13:29

抜刀した後の大太刀の鞘は 重心が後方と成り後ろが下がり 馬に当たる事は避け得ない可能性も有るだろうが 厚総や馬鎧で衝撃は吸収されたと言う事なのかだが そうした物が無く共暴れない様に訓練された馬も居たのかだが https://t.co/83uHPg6pgU
08-14 13:44

https://t.co/SxbYWG2dyO 太平記だと刃長150cmクラスの大太刀の鞘に 尻鞘が装備される例も有るし これ単体か厚総と組み合わせて 鞘が馬に当たる際の衝撃を緩和していた可能性も有るのかだが
08-14 13:56

RT @wapa2: トランプ大統領がどう出るかな?GAFA批難してるが、EPICは中国資本入ってるし。 / 他18件のコメント https://t.co/SV5UbqdNrf “「フォートナイト」、Appleを提訴 課金独占を問題視  :日本経済新聞” https://t.c
08-14 14:22

テンセントよりGAFAの方が オバマゲート関係者側と言う可能性も有るのかだが
08-14 14:25

テンセントも以前はトランプ寄りだっただろうが 現在は果たしてどうなのかだが
08-14 14:26

https://t.co/ljZSbMQwBb >悪八郎、八九尺計なる大木を脇にはさみ、五六十しても押はたらかしがたき大磐石を、転懸たれば、其石に当る有様、輪宝の山を崩し磊石の卵を圧すに不異。斯る処に理を得て左右に激し、八方を払、破ては返し帰ては進み、散々に切廻りける間、或討れ或疵を被る者、不知其数。
08-14 14:47

鷹栖城からは こうした大石が木製の梃子で 落とされていたという事なのかだが 大石が多い笠置城でも 同様の例は有ったのかどうかだが
08-14 14:48

https://t.co/ShtCPgN4O4 現在の鷹栖城跡は 畑時能の墓が有るが 大石が多い場所なのかどうかだが
08-14 14:51

https://t.co/BKxd1CK7Si 鷹栖城も 438mの高須山の頂上付近に有ると言うから 石を転がし落とすのは容易と言う事なのかだが
08-14 15:16

https://t.co/VRJpkK167z >周囲の曲輪のまわりは急斜面となっていて、登城道以外は這い上がってくるのは非常に困難だと思われます。
08-14 15:25

https://t.co/6o9lnrJ4Zt >「蚊の針は1~2mmと言われていますので、薄い素材の服だと貫通すると考えられます。デニムなど、厚めの生地の方が刺されにくいでしょう。また、黒や紺など、色の濃い服装は蚊が寄ってくるので、淡い色の服を。
08-14 15:35

山岳行動が多い野伏の服の生地は そう厚くは無いと言う事かも知れぬが だぶ付かせて蚊に刺され難くしている部分も多いのかだが 手甲や脚絆・羽織部分は布が重なり 刺されなく成っていると言う事なのかだが 皮足袋や皮手袋も蚊の針は通らない訳だろうか
08-14 15:38

https://t.co/LYCVeQlBoa >衣服の生地が薄手で肌に密着していると刺されたりしますね。でも軍手やジーンズの上から刺されたこともありましたので、厚手の生地でも安心ではなさそうで
08-14 15:39

服の上に籠手的な家地が有っても 蚊の針は通るのかどうかだが
08-14 15:40

https://t.co/6WSU3JuQIa >一説では天然染料のインディゴで染め上げたデニムの虫除け効果はあまり期待できないといわれています。理由は染料に含まれているピレスロイドは極微量だからだそうです。
08-14 15:44

>それでもインディゴ染めのデニムがポピュラーになった理由は、鉱夫たちのズボンの汚れが目立たないためだと言われています。虫除け、蛇除けにインディゴ染料を使うというのは、あくまでも副次的な効果を期待してのことだったのでしょう。
08-14 15:44

https://t.co/iWAc6omD1C >タオル汗を拭くのもそうですが、首にまいておくことで虫に刺されることを防げます。   野伏も首に 手ぬぐいが有る例も多いのかどうかだが
08-14 15:52

https://t.co/cG7cLAB3Vf 浮世絵の山猟師だと 頭巾は有るが 首に手拭いは無いと言う事だろうが 銃の火の粉対策で胸当装備と言う事なのかだが
08-14 16:13

https://t.co/baOQQHDfEy 矢田地蔵縁起絵巻で 狩りをしている者の烏帽子には 錏的な物が有るが 古い狩猟用烏帽子はこうした物だったのかだが
08-14 16:47

RT @kerpanen: 騎乗での太刀の佩き様。どうすれば騎乗中、馬に当たらないか。里山武芸舎の生田師が紅葉台木曽馬牧場で菊地先生と、あれこれ試しました。きつく縛着すれば鞘は当たらなくなりますが、抜きづらい。この他にも乗っているうちに馬の反撞で太刀が鞘から抜け落ちてきたり…
08-14 17:15

騎乗用刀の鯉口は 衝撃で抜けない様硬目に調整されている可能性も有るのかどうかだが
08-14 17:16

https://t.co/rLqdY2Dl9Z >往時の武士は雪隠や湯浴みなど特別な場合を除いては、床に入るまで刀をその身から離しませんでした。 そのためちょっとした所作で誤って鞘から刀身が抜け落ちないように、鯉口は非常に硬くなっておりました。
08-14 17:25

現代の居合刀と比べ 古い刀は鯉口が硬い可能性も有るのかだが
08-14 17:26

https://t.co/Ay5C5mfad2 兜割的に湾曲するファルクスは 片手用が大半と言う事なのかだが 片手用の物も両手打ちはされると有るが 頻度はどうなのかだが ローマの兜は対ファルクス用補強入りの物でも 打撃され動きが鈍ってやられた例は有るのかだが
08-14 17:49

https://t.co/aQdqHbYHGj 類似のトラキアのシカだと 30-40cmと 兜割程度のサイズと言う事だろうが 強打する為と言うより盾を迂回する為の湾曲と言う事なのかだが
08-14 18:00

https://t.co/2kjamUDuAU 一方でこうした大型の盾を回り込むと言うのは 容易では無いと言う事なのかだが
08-14 18:07

https://t.co/4NreDLTFQh レティアリウスも投網を外したとしても 必ずしも勝てないと言う訳では無いと言う事なのかだが
08-14 18:30

https://t.co/MioUuhllXT センターグリップ盾は 蹴って落とされているのかどうかだが
08-14 18:42

https://t.co/asGJJ2fgGF トライデント的な後方に向いていない枝では 脚を掛けて転倒させるのは困難なのかだが 装甲の無い脚なら刃が有ればカット出来ると言う事なのかだが
08-14 19:33

網はカウンターを封じる為剣に掛けて 槍で脚を狙うと言うのが良いのかどうかだが
08-14 19:36

網は頭に掛けても視界を塞ぐ効果は 余り無いと言う事なのかだが
08-14 19:37

https://t.co/hIEWP8k7FZ スキッソールやディマカエリ等の 両手に武装が有る相手では 此れを同時に網で拘束するのは 困難と言う事なのかだが
08-14 20:02

https://t.co/qEpUZI8DRR ディマカエリの剣はシカ或いはグラディウスと有るが 異なるタイプの物が同時に装備された例は有るのかどうかだが
08-14 20:33

https://t.co/A7lDN3Y9IH 応仁乱以前では百姓も烏帽子が基本的に有るだろうが 猟師はシコロの有る物を装備していたと言う事なのかだが
08-14 20:50

https://t.co/jZc4pxAx7K 14世紀でも 笠を携行してこれを外している場合は 例外的に烏帽子は無いと言う事なのかだが
08-14 21:01

https://t.co/CgZtbG4TLu >これらはあきらかに非常事態で被り物が脱げた状態だけれど、まあ、寝るときとか、すご~く、くつろいだときなどは烏帽子を脱いでしまうときもあるわけです。   応仁乱以前でも烏帽子は常に 被られた訳では無いと言う事なのかだが
08-14 21:25

>牛飼い童子は、少年のように長い髪をしていますが、皆髭を生やした大人です。祭礼に携わる童子や、葬儀に携わる童子も、大人になっても童形のままで、ある意味、「巫女」のような神聖な仕事であったかもしれません。
08-14 21:29

https://t.co/YOdCaWrPeR >中ほど、扇をかざすチェックの直垂の男の横に、鹿皮の長い肩衣を着た炮烙頭巾の男、頭巾の垂れ布にはなんだか、これも、キツネとかの毛皮っぽい。僧のようなので、よほど寒いところから下りてきたのでしょうか?
08-14 21:51

>僧侶に毛皮は、別にタブーじゃなかったのでしょうか?そういえば、源氏物語でも、末摘花の毛皮を兄の阿闍梨が、御山は寒いからと持って行ってしまったって話が出てきますよね。   平安或いは鎌倉期にも マタギ的な毛皮の服が利用されていたと言う事なのかだが
08-14 21:52

>右下にいる二人組の若い僧が着ている肩衣は、狐の毛皮のように見えるのですが、坊さんが毛皮着ていいの?    此れは単色では無い様に見えるが 複数種の毛皮が複合された物なのかだが
08-14 21:57

RT @japanawakening: 最近、バー司法長官のテレビ露出が多くなったなと感じていた矢先。ドューラムレポート(オバマゲートの調査)の途中経過内容が、金曜日に出ると本人がインタビューで答えた!(アメリカ東部は現在金曜日の朝)‼️🍐 https://t.co/vohi3
08-14 22:50

RT @japanawakening: バー がインタビューで答えたこと:- ポリティカルコレクトは気にしない- オバマゲート始まりの真実そして2016-2017に起こったことをアメリカ人は知るべき- 犯罪を犯した人は起訴される- 金曜日に出るのは途中経過。- 選挙…
08-14 22:50

RT @japanawakening: 少し前に、選挙日へ60日切ったら、候補者を起訴できないという暗黙のルールが存在するというツイートをした。しかし、真の法の番人、バーに60日ルールは存在しなさそうだ。犯罪者は起訴されるべき。大統領選挙前にメジャーな大きな情報が出る、と断言!…
08-14 22:53

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://boukenkyuusha.blog72.fc2.com/tb.php/11250-b153c4d9