FC2ブログ

Category

2021.09

 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  

07/14のツイートまとめ 

boukenkyuu

RT @MARILOVEUSA: @nyankolo29 @9KR3Hr1bTQUbAg9 世論は操作されており、本当の数字は出ていません。バイデンが有利になっています。DSはマックスウェルの逮捕で大パニックです。何とかしてトランプの再選を阻止しなければ自分たちが捕まりますから…
07-14 10:31

RT @ZpfPs7GjbXAcRcK: 【オバマゲート】「彼は死体の在処を知っている」【マイケルフリン】の案件は終了。彼は無罪放免。フリン中将はこれから「トランプの運動」に加わることになる。なぜなら、彼は当時から、なぜ彼が起訴されたのか?誰が画策したのか?何のためにしたのか?…
07-14 10:54

RT @mocamocamaron: わざと弱毒化させる(ウイルスは感染スピードが早まると弱毒化する。変異させるため?)ためにgotoとかやるのかな?だから、今まであえて検査しなかったのかな?あり得る…
07-14 14:12

gotoでは集団免疫迄は無理だろうが 弱毒化を更に加速迄は出来るのかどうかだが
07-14 14:13

gotoでも免疫力が低下する冬迄に インフルエンザ並みに弱毒化は 果たして可能なのかだが
07-14 14:16

スウェーデンは低温でも 開放策で冬迄にはインフルエンザ並弱毒化は 可能と言う事なのかどうかだが
07-14 14:30

RT @SushiCujira: @adokoy0001 8年前に学んだ免疫学の教授の雑談を聞いた程度の知識でしかないけど変異は23~33日(インフルの場合)弱毒化は2ヶ月ペースただし、病院内や他のウイルスなども存在する衛生的でないエリアだとペースが数倍に速くなるとか…
07-14 14:40

気温現在20度程度のスウェーデンで弱毒化なら 日本でも10-11月辺り迄は弱毒化は 期待出来ると言う事なのかだが
07-14 14:46

https://t.co/zGGJGMPzpK >風の如くに散し雲の如くに集て、呼ひて懸入、々々ては戦ひ、戦ふては懸抽け、千騎が一騎に成迄も、引なと互に恥めて面も不振闘ひける間、左馬頭叶はじとや被思けん、又兵庫を指して引給ふ。
07-14 16:03

此れはフサリア的な遠距離での飛び道具を避ける為の散開 近距離での密集突撃が 行われていると言う事なのかだが
07-14 16:04

https://t.co/2u6OXtY6Q0 >其勢皆轡の七寸を紙を以て巻て、馬の舌根を結たりける。   こうした馬の防音は 風魔忍者等も行っていたのかだが
07-14 16:56

>爰にて城の方を遥に観れば、敵早入替りぬと見へて櫓・掻楯に火を懸たり。  掻盾は簡単に炎上する物では無いと言う意見も有るが 果たしてどうなのかだが
07-14 17:44

https://t.co/Rz2bENxxZo >木の本質は「火に強い」ことです。その耐火性能は金や鉄、アルミなどの金属をはるかに上回るほど。木・鉄・アルミを同じ条件で燃焼させる火災実験では、木がもっとも熱伝導率が低いことが証明されています。
07-14 17:47

https://t.co/pwVRbVbHWH >例えばラワンのような維管束が太くたくさんあるような木は燃えやすく固くて緻密な木が燃えにくい樫の木など    垣盾は樫では無いと言う事だっただろうが 燃え難い硬目の木が使われると言う事だろうか
07-14 17:49

デシャンボーの優勝で、PGAツアー今季4勝目。“ゴルフの科学者”が選んだ「SIKパター」ってどんな性能?(みんなのゴルフダイジェスト) - Yahoo!ニュース https://t.co/LPkpgRPKi3
07-14 20:48

弭槍装備の弓が犬槍的に放られた例と言うのは 果たして有るのかだが そうした事をする前に打根を放るのが 基本と言う事なのかだが 足軽以外の弭槍装備は有るのかどうかだが
07-14 21:15

https://t.co/SSahke4cbm >上差の流鏑矢を抜て、羽の少し広がりけるを鞍の前輪に当てかき直し、  戦闘中はこうした形で 矢羽が広がっているのを直せない例も多いと言う事なのかだが
07-14 21:27

>薬師寺十郎次郎只一騎、蓮池の堤にて返し合せて、馬より飛でをり、二尺五寸の小長刀の石づきを取延て、懸る敵の馬の平頚、むながひの引廻、切ては刎倒々々、七八騎が程切て落しける其間に、直義は馬を乗替て、遥々落延給けり。
07-14 21:40

薬師寺十郎次郎は薙刀の石突を持って 片手打ちでは無く長く持った両手打ちをしていると言う事なのかだが 馬の胸繋を斬って鞍を不安定化させ 落馬させる事も行っているのかどうかだが
07-14 21:42

>自昔至今迄、流石に侍たる程の者は、利をも不思、威にも不恐、只依其大将捨身替命者也。今武将たる人、是を慎で不思之乎。   所謂武士道は江戸期以前には無いと言う意見も多いが 太平記にはこうした記述も有ると言う事だろうか
07-14 21:57

https://t.co/piDMX7EVnx >侍は首を取らずとも不手柄なりとも、事の難に臨みて退かず、主君と枕を並べて討ち死にを遂げ、忠節を守るを指して侍という   武士道的な物が書かれる本多忠勝の遺書も 有ると言う事だろうか
07-14 21:59

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://boukenkyuusha.blog72.fc2.com/tb.php/11219-8113bb06