FC2ブログ

Category

2021.09

 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  

06/13のツイートまとめ 

boukenkyuu

RT @K78881570: 残念ながら延期‥😓日本時間昨夜23:30から開始されたフリン元中将の口頭弁論で彼の弁護団は訴訟の取下げを求めていましたが、サリバン判事により7月16日の再審理へ延期されました。オバマゲートへ直結する事案でしたが‥😓https://t.co/V
06-13 08:48

RT @samanokami0122: 【告知】軍記物語の「太平記」を題材としたオリジナル漫画、「兵(つわもの)死すべし」第壱話をpixivにて公開しました。https://t.co/NIKjt5foTS拙い作品ですが、読んでいただけると嬉しいです。 https://t…
06-13 09:30

雑魚弓兵だと 矢が切れた後に石や鉄礫を放る例も有るのかだが 打根を装備している可能性も有るだろうが 石や鉄礫が切れた後に利用していた可能性も有るのかだが
06-13 10:07

弓を使う騎馬武者だと石は無く 鉄礫や手裏剣が利用される可能性も有るのかだが 打根は此れが切れた後に 利用されると言う事なのかだが
06-13 10:14

雑魚弓兵でも弦が不意に切れる事等を想定して 矢を手で投げられる可能性も有るだろうが 全員は出来るのかどうかだが
06-13 10:15

徒武者の弓兵でも 石は無く鉄礫・手裏剣が利用される可能性も有るのかだが
06-13 10:17

https://t.co/RRYSzNJokd 左のペルシャのミニアチュールの 右下の騎兵は矢を手で持っているが 矢を投擲してからシミターの居合抜きを考えているのかだが https://t.co/0uflAMItww
06-13 11:13

白兵戦中に奇襲的に矢筒や箙に有る矢を投げると言うのは 抜く速度を考えると困難と言う事なのかだが
06-13 11:31

https://t.co/87NaGn58UH 満州的な矢筒だと 可也高速に矢が抜けると言う事だろうが 居合的に此れが手で放られた例は有るのかどうかだが
06-13 11:50

https://t.co/bZrQq49B42 ベテルビエフのワンインチパンチだと 発勁的な伸び上がる動作が入るのかだが 相手が崩れて反撃困難な状況では 近距離である事も有り此れは命中すると言う事なのかだが
06-13 12:02

https://t.co/Y8fCz5iF6V ムエタイの肘打ちの場合 発勁的動作の無い 手打ち的な肘でのKOも多いが 肘打ちの場合顎に入れば手打ちでも KOは出来ると言う事なのかだが
06-13 12:15

https://t.co/L5d65Diwby オランダのゼーランディア城降伏時の絵だと 恐らく鄭成功の兵にメイスやフレイルらしき物が有るが 前の時代の明の正規軍にも有ったのかどうかだが
06-13 13:26

https://t.co/gQatPyYqiE 別のゼーランディア城の戦いの絵だと 鄭成功の兵には槍・大刀以外は無いが 鎧は清の綿襖甲的に首に装甲が有るが 他は明形式と言う事なのかだが 綿襖甲的な描かれ方では無いが 小札利用の物は指揮官のみ利用と言う事なのかだが
06-13 13:32

https://t.co/FCDKdYh2vc 左の兜は吹返も前立同様に 銀杏を模していると言う事なのかだが
06-13 14:20

https://t.co/AyZt4cLBWq https://t.co/oG9awMv7Si 綿襖甲では無くこうした小札が大量に使われていた可能性も 歩兵で運動量が多く熱が溜まり易い鉄人兵なら有り得るのかだが 細かい小札を利用して動作性を増す事も 歩行戦を考慮して考えたのかどうかだが
06-13 15:24

腕の装甲は綿襖甲と同様の形式の可能性も 有るのかどうかだが https://t.co/YTKAwFJiuc 足先に迄小札が装備される例も 左の絵の様に有るのかどうかだが
06-13 15:26

https://t.co/ELKFYnRVsO 鉄人兵も左の様に小札鎧と 明形式の腕装甲が有り 首にも小札が装備され 一部の兵は脛や足先にも装甲が有ると言う事なのかだが
06-13 15:45

https://t.co/Sbwn8Ua8eh 脛・足先の装甲は 左の兵と同様の形式の物が装備された可能性も有るのかだが
06-13 15:48

満州弓は小札鎧でも 可也止まったと言う事かも知れぬが 清に降った明兵が利用する手銃や火縄銃では やられていたと言う事なのかだが 前者は藤牌と鎧を同時には 貫通し難いと言う事なのかだが
06-13 15:58

城内等に装備される紅夷砲でも南京攻略戦では やられていたと言う事なのかだが フランキ砲や火縄銃も相当数有ったと言う事なのかだが
06-13 16:14

https://t.co/wJKTKYYNYO >非常に多くの漢民族が清に帰順し、八旗の中では漢軍八旗が75%を占めるようになった。  >マスケット銃や大砲のような火薬兵器は、漢軍八旗により用いられた[109]。
06-13 16:34

>ヌルハチの跡を継いだホンタイジは火器の充実をはかり、漢人の技術者に紅夷砲を製造させ、1641年に漢民族兵の砲兵隊を創設した[271]。  1659年の南京攻略戦では 紅夷砲は清側に多数有ったと言う事なのかだが
06-13 16:39

鉄人兵も運動量が割に少ない指揮官だけ https://t.co/BhopyODszI 左の様な追加の防弾用の胸甲が小札の上に装備されていた可能性は有るのかだが 此れは外すのは短時間で出来る訳だろうか
06-13 16:45

https://t.co/YTKAwFJiuc 左の大刀は 鍔部分に枝が有るが 日本製の鍵薙刀か 枝の付いた薙刀の可能性は有るのかどうかだが
06-13 16:49

https://t.co/fTExGOEZLR >また、オランダ国立図書館の文献には、次のような記載も残っている。「----これら(鄭成功軍を指す)の兵士は三種の武器を所有する。一部隊は弓矢を背負い、左手に盾、右手に重い剣を持つ。また別の一部隊は両手に蛮刀を付けた長い棍棒(=長刀のこと)を持ち、
06-13 17:49

>両腕と足以外には全身鉄甲で保護され、上身は魚鱗のような鉄片に覆われている   鉄人兵も腕や腿には装甲が有るが 手や脛部分には無いと言う事なのかだが 上体は小札だが 腿は綿襖甲と言う可能性も有るのかだが
06-13 17:53

https://t.co/VqflcwUUph>すこし鉄人に関する記述を引用してみる*22。「重さ五百斤(約300キロ)の石獅子を抱え上げさせ、それを持ち上げ練兵場を一周出来た者五千人を選び、鉄の甲冑、籠手、腰当て、頬面などのをまとわせ矢が当たっても通らなかった。甲冑は五色に塗られ手には太刀を取っていた」
06-13 18:02

https://t.co/fTExGOEZLR >重い剣とは「雲南斬馬刀」と称して、刃部分は主に日本から輸入か技術移転で造ったものと言われている。  鍵薙刀や枝付きの薙刀迄 輸入されていた可能性は有るのかどうかだが
06-13 18:11

>一部隊は弓矢を背負い、左手に盾、右手に重い剣を持つ。また別の一部隊は両手に蛮刀を付けた長い棍棒(=長刀のこと)を持ち、   弓は前衛の剣盾兵では無く 大刀を持つ部隊が背後から利用していた可能性も有るのかだが 銃兵は鉄人兵では無いが 別に居たと言う事なのかだが
06-13 18:15

https://t.co/VskXzBwWJP 弥助も騎馬武者的な鎧は 信長の荷物持ちをしていた時代では恐らく無いだろうが 只の一般的な貸具足では無く 黒田屏風で家康や秀忠の荷物を持ち馬を引いている恐らく徒武者と同様の 烏帽子兜や引廻を装備していた可能性は有るのかどうかだが https://t.co/Q7g0hI0I4M
06-13 20:19

津軽屏風の家康の付近に居る 指物の無い歩兵は 荷物持ちや馬を引く者なのかだが そうした作業をする場合は指物は邪魔に成ると言う事なのかだだが https://t.co/ugv1HWKyej
06-13 20:39

一方で恐らく家康の兜を持っている歩兵は 指物は有ると言う事だろうか
06-13 20:40

弥助も信長の兜を持っていた訳では無いなら 指物は無い可能性が高いのかだが
06-13 20:41

https://t.co/qVbsydu5Iz >また、金子拓によると、『信長公記』の筆者である太田牛一末裔の加賀大田家に伝わった自筆本の写しと推測される写本(尊経閣文庫所蔵)には、この黒人・弥助が私宅と腰刀を与えられ、時には道具持ちをしていたという記述がある[9]。
06-13 20:45

一方で兜を持たなかった事が 明言されている訳でも無いだろうか
06-13 20:45

信長が利用する薙刀の様な 重い武器を持たせていた可能性も有るのかどうかだが
06-13 20:50

https://t.co/LuJi2oZxYG 1570年代末では貸具足的な胴も こうした最上胴的な物は有るが 桶側胴は未だ無いと言う事なのかだが
06-13 21:03

具足の紋は未だ無く 貸羽織も無いと言う事なのかだが
06-13 21:35

https://t.co/02tVwXjdVb 南蛮屏風だと黒人が 短いマントの様な物を装備している例も有るが 此れを具足の上に装備した可能性は有るのかどうかだが
06-13 21:45

https://t.co/t6hkpQ8lOa 1581年・10月に 信長が城戸弥左衛門に大鉄砲で狙撃されているが この時点では弥助は信長の近くには居たのかどうかだが 4月には未だ居ないと言う事だっただろうか
06-13 23:10

弥助の驚異的視力で 隠れていた城戸弥左衛門が狙撃寸前に発見され 信長は回避出来たと言う様な可能性は 果たして有るのかどうかだが
06-13 23:12

https://t.co/qVbsydu5Iz 1581年4月19日の松平家忠の日記では既に 弥助は信長に仕えていると言う事だろうが 2月の甲州征伐初期に既に仕えていたのかどうかだが
06-13 23:35

RT @japanawakening: 木曜日、オバマゲート関係者を議会に召喚するかという投票で、グラハム上院議員に、誰を召喚するか決めれる権限が与えられた!関係者は50名以上、いずれもオバマの側近者達だ。誰が呼ばれるのか、近日中に発表される。グラハムは10月に結果報告を行う予…
06-13 23:45

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://boukenkyuusha.blog72.fc2.com/tb.php/11188-545fa94d