FC2ブログ

Category

2021.09

 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  

06/02のツイートまとめ 

boukenkyuu

RT @karen_sksk: GoodTwitterがお亡くなりになったのでGoodTwitter2を入れてみた。今のところ良い感じ!https://t.co/4jhhMuE4gf入れると画像が縦長にビヨーンってなるので、悪さしてる設定をオフにすればOK。Twitte…
06-02 10:44

RT @koottayokan: モンゴルも騎射が注目されがちだが、じつは軽装の弓騎兵だけでなく、刀槍を持った重装騎兵も組み合わせて活用していた。 https://t.co/UU0DKyYLzN
06-02 11:25

https://t.co/8T7TMaSNU5 14世紀の集史だとモンゴルの重騎兵には馬鎧は無いが 15世紀のペルシャのミニアチュールでは有るが 中央アジア等の影響を受ける前は馬鎧は無かった可能性も有るのかだが
06-02 11:40

RT @kerpanen: 競馬(くらべうま)で着る裲襠(りょうとう、うちかけ)は古代の鎧、両当式扌圭甲が変化した物と思っていましたが、中国の裲襠がルーツだったんですね当時の競馬は鞭で進路妨害とか朝飯前、相手を引きずり落としたり走る格闘技でした御猟野乃杜賀茂神社の馬上武…
06-02 12:08

☆ 江戸期 ☆ 鳥帽子形兜 ☆ 金蒔絵面頬 ☆ 脇立2つ ☆ 前立て ☆ 兜立て ☆ https://t.co/iU2VncFr4F 耳の辺り迄 塗られた髭が伸びる面頬も有るのかだが
06-02 12:28

https://t.co/SPxZzMEE7u こうした形でナイフをガードした例は果たして有るのかだが キックの得意な者で無いと反撃は困難なのかだが
06-02 13:39

ナイフ相手ではキックでのアウトレンジ攻撃や撃ち落としが主体だが 地形に追い詰められて後退出来ない様な状況で 離脱する迄の短時間の防御に使われる型なのかだが
06-02 13:42

RT @takochan_de: 週末+祭日で報告が少ないと思う。しかしニュースでベルリンは再生産数が1.66だかまで上がったと言ってて非常に心配。 https://t.co/t3yVdsWYey
06-02 15:11

RT @rokusouichika: ベルリンのコロナ感染状況。再生産数R-Wert が昨日1.41に急上昇し、今日は1.66を記録したとのことです。思いきり赤信号です!ヤバイぞ。大丈夫かぁベルリン!Berliner R-Wert steigt auf 1,66 ht…
06-02 15:26

https://t.co/cc0tmkfbtm こうしたフェイントを入れたとしても ナイフ相手に頭から下に飛び込むのは リスクが有ると言う事なのかだが
06-02 16:38

ナイフを持つ腕を取る或いはナイフを手で撃ち落とすと見せて 足やナイフを持つ腕を蹴ると言う様な方向が良いのかどうかだが
06-02 16:57

https://t.co/07knEYDeBv 左はナイフに対し腕で脇をガードしつつ 蹴りを入れると言う様な物なのかだが ナイフの届かない距離での偽パンチで上に意識を行かせてから 蹴る方が効果的なのかだが
06-02 17:18

https://t.co/FWUC7NmhP9 忍者が目潰しに対し こうした防御をした可能性は有るのかどうかだが
06-02 17:32

https://t.co/WKGEd3OXQ8 靴を履いた横蹴りが膝付近に当たれば 一撃で移動不能共成り得るのかだが
06-02 17:37

RT @kerpanen: 2017年の甲冑騎乗撮影会。紅葉台木曽馬牧場で、大太刀を肩に、木曽馬の恵比須丸(当時はまだ種馬だったので「丸」付き)に乗って馬場を駈ける大鎧武者。随分何度も回っていたけど、兜無しでも総重量90キロ超を乗せて軽快な走りを続けてました。 https:…
06-02 19:59

鎌倉期の大太刀だと 鎌倉前期成立の保元物語に出て来る源為朝の 三尺五寸(106cm)程度の物が最長と言う事なのかだが 元寇時に槍に対抗する為に こうした物は多用されたのかどうかだが
06-02 20:03

平家物語にも大太刀は 木曽義仲や平教経の物等多数出て来るが 長さが書いてある物は無いと言う事だっただろうか 90cm程度の物が多い可能性も有るのかだが
06-02 20:16

https://t.co/QFZO1xl10E >為朝は七尺計りなる男の、目角二つ切つたるが、褐に色々の糸をもつて、獅子の丸を縫ふたる直垂に、八龍と言ふ鎧を似せて、白き唐綾をもつて威たる大荒目の鎧、同じく獅子の金物打つたるを着るままに、三尺五寸の太刀に、熊の皮の尻鞘ざやに入れ、
06-02 20:41

https://t.co/rUfO6evEnr >中にも巴は色白う髪長く、容顔ようがんまことに美麗なり。 >されば戦いくさと言ふ時は、札さねよき鎧よろひ着せ、強弓つよゆみ、大太刀おほだち持たせて、   木曽義仲だけでは無く巴御前も 大太刀を装備していたと言う事なのかだが
06-02 20:44

【2020年6月時点】GoodTwitter2を使ってTwitterの新デザインを元に戻す方法 | Creator Clip https://t.co/lZ4AJBTHRe
06-02 22:13

RT @in20876533: 和鎧は「舌長鐙」といって、踏込部分が長くなっています。足の裏全体で鎧を踏めるので、安定性が増し、また「立透し(たちすかし)」という騎乗法で馬上とは思えない動きが可能になります。そんな「和式馬術の粋」な動画です!スゴ過ぎて、やはりド…
06-02 22:40

馬の速度を利用して 両手で薙刀を振るっていた例と言うのも有ると言う事なのかだが
06-02 22:43

大身の両鎬槍で こうした事を行った例は果たして有るのかだが
06-02 22:45

https://t.co/9TMSDefPfS https://t.co/KPbLf40p8i 大刀を持っている明や女真の騎兵も描かれるだろうが 密集突撃時は側面に配置されて 馬の速度を生かし斬撃していた可能性も有るのかだが
06-02 22:55

https://t.co/YoYrO0nDLQ トルコ騎兵の鐙は異様に巨大な物も有るが 日本の物と同等かやや小型の物が多いだろうか
06-02 23:11

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://boukenkyuusha.blog72.fc2.com/tb.php/11177-9bf91316