FC2ブログ

Category

2021.09

 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  

05/29のツイートまとめ 

boukenkyuu

RT @aaakasonae: @kerpanen 市村先生が投稿されている動画や、近江八幡市の加茂神社での在来馬による馬事を実際に見たら非力どころか十分怖いです。馬自身の能力もですが、戦国期のような伝聞でしか敵の様子がわからない雑兵にとっては鬨の声を挙げながら迫る隣国の騎馬…
05-29 09:43

RT @aaakasonae: @kerpanen 自論ですが、現代人が原付バイクが殺意を持って時速40kmで突っ込んできたら怖くないはずがないわけで、当時の人も高速で迫る敵は驚異に違いないのです。故に騎馬武者を互いに育てたり、無力化するため城塞に籠もったり、最後は鉄砲を大量に…
05-29 09:44

長巻や大太刀を持つと言う力士隊も 巨体で馬の突撃を阻止しつつ 脚等を斬ると言う役割を負っていたのかどうかだが
05-29 09:45

https://t.co/pEVSWDJyTt >戦国時代には、朝倉氏や長尾上杉氏が「力士隊」と呼ばれる巨躯巨漢の者を集めた部隊を編成し、大太刀を持たせて戦わせたことが記録されている。  信長軍にも同種の力士を集めた部隊が 大太刀或いは長巻を持っていたかは不明だが居たと言う事だっただろうか
05-29 10:15

https://t.co/pQoe5qTf1m >この日も信長は活躍した14人をそれぞれ100石で召抱え太刀を与えます。 このように信長はたびたび相撲大会開催し、そのたびに多数の力士を召抱えました。  >ちなみに伴正林は本能寺の変で信長と運命を共にすることになります。
05-29 10:25

信長も大量の力士を召し抱えて 長巻や大太刀を持たせ護衛兵としていた可能性も有るのかどうかだが
05-29 10:26

https://t.co/RYopUNjM0f >『太閤記』では秀吉や信長が好んで使わせたと有り、  信長の長巻部隊は 力士が多かった可能性も有るのかだが
05-29 10:31

大将や騎馬武者が馬に乗り 歩兵を見捨てて脱出と言う様な際はそうした長巻兵も余り役には立たないと言う事かも知れぬが 陣形を維持して後退する場合は役に立っていたと言う事なのかだが
05-29 10:45

珍品!雷神刀・寸伸び短刀!戦国時代武将の前差し・「龍神雷神」拵え付きの古刀備前伝!雷公が宿る雷神刀!平造り脇差 https://t.co/bmjO3PskAz >太めの棒樋に添え樋は雷のように彫ってあり、雷神を表す雷公彫です。    こうした雷神を表す樋が 長い刀に有る例は有るのかだが
05-29 11:39

https://t.co/fDgWKWeyeH ツボを押して相手を制圧する 八光流逮捕術が米では一部使われていると言うが 余り普及は無いのかだが
05-29 11:51

https://t.co/4nARbbQJ04 >また、FBIの逮捕術に技が採り入れられている八光流柔術も、大東流がもとになって派生した護身術です。FBIのインストラクターに就任したマイケル・ラモニカ氏は、初めは柔道や中国武術を学んでいました。
05-29 11:55

>その後、訴訟社会のアメリカで相手を傷つけずに捕える必要性から、八光流柔術を学ぶことを選びました。そして、警察官として八光流柔術の実戦性をで数多く実証させていきました。
05-29 11:55

RT @takahaki23: まったくそのとおりだろう。なのだけど、そうしたらマスク・手洗い、3密回避は有効ということになるような、、、 https://t.co/jGbtHfypzA
05-29 12:05

https://t.co/fC2ySej01Y 奇襲的に脇差を放る場合は 人差し指は峰に付けていない可能性も有るのかだが
05-29 13:05

https://t.co/kwJVecxi6O こうした長距離の踏み込みからの攻撃は命中し無く共 奇襲で体勢を崩す事は出来る可能性は有るのかだが https://t.co/e4THWe8GhC
05-29 16:13

RT @music2go: @kerpanen @kisouma_bokujo 外乗などではサラブレッドに乗る機会が多いのですが、たまに和種に乗ると山野を行く足取りのしっかりとした力強さに驚かされたりします。サラブレッドだと義経の逆落としは信じられませんが、和種だと実際にあっ…
05-29 20:51

https://t.co/YI1IZHm3mg 西欧の軍馬でもこうした坂は降りているが これ以上の角度では滑り 長い坂では速度が出過ぎる危険も有るのかだが
05-29 20:58

https://t.co/3vKxkL5KXQ 左の様な坂でも 滑りながら降りられる例も有るのかだが
05-29 21:01

https://t.co/zQFtJsTcdX 木曽馬もラバと比べたら 山岳対応性はどうなのかだが
05-29 21:20

https://t.co/kbeOYE0cOE 左の倍程度の高さの坂なら 何とか下りられるのかどうかだが
05-29 21:28

https://t.co/RmMp38QEub >一ノ谷の背後があまりに急峻なことから、義経の逆落しを疑問視する意見もありますが、『源義経』の著者近藤好和氏は、スペインのミリタリースクールの断崖絶壁を降りる騎馬訓練の写真から、騎馬で断崖を降りることは可能であると指摘し、
05-29 21:48

https://t.co/u9VlHFobUr スペインの断崖を降りる騎馬訓練の写真と言うのは 左の物なのかだが
05-29 21:52

https://t.co/ncck6S5ZYj イタリアの騎兵ではこうした訓練も有るが 倍程度の高さの坂は降りられるのかどうかだが
05-29 22:01

https://t.co/hpL766ass0 左の坂は下の方の傾斜は 余り無いのかどうかだが
05-29 22:03

https://t.co/DxxchHciTN 雪が有る場合こうした傾斜でも 転倒し得ると言う事なのかだが
05-29 22:27

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://boukenkyuusha.blog72.fc2.com/tb.php/11173-01c1b594