FC2ブログ

Category

2021.09

 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  

02/13のツイートまとめ 

boukenkyuu

https://t.co/GM7KKpCSlK 赤穂浪士の一向二裏的な動きが出来ない雑魚兵なら 包囲されぬ様に動けば瞬殺を続け大量に倒す事も出来るのかだが フェイントから首を斬る様な動きには 足軽的な雑魚では対応出来ないと言う事なのかだが
02-13 10:52

あずみの場合は多数の敵に包囲されぬ様に 相手の横を高速で抜けつつ首を斬ると言うのが多いだろうが 下の斜め前にステップしながらの攻撃と同様に 雑魚にはフェイント無しでも防ぎ難いと言う事なのかだが https://t.co/G1k6YJrg8d
02-13 11:23

上手い者相手では 横に抜けつつフェイントから脚を斬って 移動力を奪うと言う様な例が多く成ると言う事なのかだが あずみも上手い者はいきなり首を狙えず 手足や胴を先に斬る事が多いだろうか
02-13 11:30

犬は特に他の動物と比較して賢いというわけではない - GIGAZINE https://t.co/ZWfUzSn564
02-13 12:14

8■時代■波紋はばき■武具・刀装具■検・目貫・縁頭・鍔■ https://t.co/4BYcjuLJSn 波紋が入る脛巾と言うのは 割に多いだろうか
02-13 12:39

https://t.co/3B9OvT6BbJ 17世紀後期にはインドネシアから南アフリカに人が移動していると言うなら オランダの日本人傭兵も可也移動していた可能性も有るのかだが 日本刀は日本との貿易を許可されていたオランダ人から幾らかは入手出来ていた可能性も有るのかだが
02-13 13:08

1615年頃成立の洛中洛外図・舟木本に市松文らしき紋の有る着物を着る者が描かれるが 家地や具足下等にもこうした紋が有る例が有るのかだが https://t.co/AIyv3anAxJ
02-13 15:09

https://t.co/TqT0uTmXL6 市松文も江戸期の佐野川市松が利用する前の呼称は 石畳文と言う事なのかだが
02-13 15:15

反応速度が自らより高速な相手には 読みで勝つと言うのも良く有るだろうが 下の場合はカムイも新陰流を学ぶ事で ウツセの攻撃パターンがある程度予測出来 此れに対し高速で対処も出来たと言う事なのかだが https://t.co/gpPYRGy2xp
02-13 15:27

出鼻技は反応速度が高速でも回避できず フェイントを入れた攻撃にも対応出来ない例も有るのかだが 払い打ちや返し打ちは回避される例も多いのかだが
02-13 15:31

フェイントの無い三段技も 反応速度が高速な者には通用し難いのかだが 抜き技も回避されると言う事かも知れぬが かつぎ技は居付いている時限定なら 通用する例も有るのかだが
02-13 15:47

マー君、野村克也さんの思い出「アウトコース低めに真っすぐ8球続けて狙って投げた」(サンケイスポーツ) - Yahoo!ニュース https://t.co/mhdyMCpFX9
02-13 17:22

田中の様に変化球も多いPなら 前の打席で変化球を多投する等すればこうした裏もかけると言う事なのかだが
02-13 17:23

RT @kerpanen: 「止戈枢要」より、騎馬射手の必需品、イケ(ヒケ)楯、戦場で下人から受け取り、馬の三頭(尻の上)に懸け、開戦で下馬したら弓の握りに(上端を)付けて射る。敵が退き出したら十数メートル追撃するか折敷で射る。敵総退却となったら馬に乗り追撃。この楯は横45cm…
02-13 19:48

@kerpanen https://t.co/y43KOtaDOB 鎌倉期の歓喜天霊験記には 乗馬して刀と手盾を持っている騎兵が描かれるが 左の手盾を持つ騎兵は弓は描かれないが 鎌倉期の騎兵だと基本的に弓を持っていると言う事だろうし 手盾は止戈枢要の様に下馬して弓とセットでも利用される可能性はあると言う事なのだろうか
02-13 20:16

@kerpanen 手盾を持つ騎兵も背中に矢が有るから 下馬して盾越しに弓を放っていた可能性は有ると言う事かも知れないが 弓歩兵の手盾は左下の十二類合戦絵巻の物以外は見ないが 皮盾と言うのは 右下の新紀元社・武器と防具日本編に有る 革製の鉄砲盾に類似している物の可能性も有るのだろうか https://t.co/UPpf3lxOxI
02-13 22:10

@kerpanen https://t.co/4pN9vp13iu 皮盾は左のレオナルド・ダ・ヴィンチの弓に付ける盾に 類似している可能性も有るのだろうか
02-13 22:27

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://boukenkyuusha.blog72.fc2.com/tb.php/11067-43acbeba