FC2ブログ

Category

2021.09

 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  

02/10のツイートまとめ 

boukenkyuu

エスクリマ等の西欧系武術の影響を受けた 16-17世紀の東南アジア・印の日本人傭兵は居たのかだが シラット等の影響はどうなのかだが 西欧の武具だけでは無く 中国や東南アジア・印製の武具を利用する者も居たのかどうかだが
02-10 14:05

そうした者が日本に戻り 大阪陣や島原で西欧や東南アジア・印・中国の武術を利用した例は有るのかどうかだが
02-10 14:08

樫製等の木刀も縦は槍の柄より太いだろうし 一撃での切断は容易なのかだが 刃筋がぶれれば刀は曲がるか 折れる危険も有ると言う事だろうか 木刀側も切断を警戒して受け流しや返し打ちをするなら 刃筋が立ってさえ切断は困難と成ると言う事なのかだが https://t.co/g1OI9V2pMD
02-10 15:45

木刀側は刃筋を無視した打撃や 平や峰での強打 棒術的な技も出せると言う事だろうか
02-10 15:54

樫の木刀でも500g程度と 刀の半分程度の重量であるから 速度の差を生かした攻撃も出来ると言う事なのかだが
02-10 16:10

RT @kerpanen: 2月8日、サドルバックの「馬上弓くらべスクール」の昼休みに、弓に矢を握って放つ連射を改めて実験。弓は握りづらいものの、狙えないこともなく、引こうと思えばもっと引けるので、練習を積めばもっと早く、性格で矢勢のある矢を連射できると思う。ただし、角見は効か…
02-10 16:34

RT @kerpanen: 「止戈枢要」にある二連射の実験。まず箙から矢を二本、小指、薬指、中指で挟み一気に抜く。まず中指と薬指で挟んだ矢を放つ。次に小指と薬指で挟んだ矢を放つ。この射法ならあまり練習しなくても矢勢のある矢を正確に射れる。慣れればもっと速射性も上がる…
02-10 16:34

長柄足軽は刀では無く 木刀的な手木を利用する例も多いと言うが 技量の問題で刀との速度差は生かせず 受け流しや返し打ちも出し難いとすると 騎馬武者の刀で切断された例も多いのかどうかだが
02-10 16:53

足軽は手木を斬る事等は困難かも知れぬし 手木に安い刀を刃筋を立たせずに打ち込んで 曲がったり折れたりした例も多いのかどうかだが
02-10 17:40

https://t.co/rPoGHzILGa UFCでこうした猫だましからの攻撃を 行った例も有る様だが 効果は無い様にも見えるが 何回もやれば奇襲効果は低下して来ると言う事なのかだが https://t.co/z5RenkTAr9
02-10 18:00

猫だましをもう一度やると見せて 今度は首等への手刀が飛んで来ると言う様な例は有るのかどうかだが
02-10 18:05

https://t.co/MBqxKvMVTG 猫だましも左の様に高速で飛び込みながら行えば 効果が出る例も有るのかだが
02-10 18:10

https://t.co/VGFBeqzB5x 白鵬の猫だましも 飛び込みながら行った1回目は通用しているが 飛び込まずに放った2回目は余り効果は無かったと言う事なのかだが
02-10 18:44

飛び込みながら猫騙しをした直後に 手刀で首を打つと言う様な物は回避し難いのかどうかだが
02-10 18:45

@MtR22g5zxUvvqp9 @kerpanen @has_k80 薙刀を弓の横に置いて衝撃を受けないようにすると言うのは 困難なのだろうか
02-10 18:49

@MtR22g5zxUvvqp9 @kerpanen @has_k80 至近距離で馬を狙う程度なら これでも出来るのだろうか
02-10 19:07

@MtR22g5zxUvvqp9 @kerpanen @has_k80 南北朝期の騎兵なら乗馬時は弓を持たない者の方が多いだろうし そうした者を打物の届かない範囲から 打物と同時に持った弓で一方的に攻撃する事も有り得たのかどうかだが
02-10 19:16

https://t.co/PnuqTWVhA9 >この旅団の副官に、シオコという日本人が居たと言います。このシオコが600人の兵士を率いてマニラを襲撃し、現地の将軍を殺害します。崩れかかったスペイン軍は、現地のフィリピン人の助けを得て迎撃に転じ、シオコの部隊を押し返すことに成功しました。
02-10 19:59

シオコと戦ったスペイン側にも 日本人傭兵は相当数居た可能性は有ると言う事なのかだが
02-10 19:59

獲物は槍が多いと言う倭寇に スペイン軍はフェンシング的なエスクリマで対応したのかどうかだが 海戦で利用する剣盾兵とボーディングパイク・モンタンテを持つ兵が組み合わされ 陸戦用の長いパイクは無かった可能性も有るのかだが
02-10 20:21

スペイン軍が地上用の編成を利用したとすると パイク+ハルバードで倭寇の持槍に対抗したと言う事なのかだが
02-10 20:23

そうした打物では無く 地形と火器を組み合わせて倭寇を撃退していた可能性も有るのかだが
02-10 20:26

50mなら火縄銃で静止した人間には ほぼ確実に当てられる者も江戸初期には居たと言う事だろうが 自身から風下側に50m離れて偽装した者は 中々発見困難と言う事なのかだが https://t.co/wgQqnfK6vU
02-10 21:10

こうした体勢と成っても https://t.co/Mf9BwnFb9l 腹の下行大動脈を斬り抜いていれば ほぼ反撃は受けないと言う事なのかだが https://t.co/R33IuvAfiJ
02-10 21:19

https://t.co/9tA3DaxI7N 1598年迄にはフィリピンから 8000人以上もの日本人が追放されていると言うなら 此れに含まれる傭兵や用心棒等が 関ヶ原や以後の戦いで戦った可能性も有るのかだが
02-10 21:53

https://t.co/WWLxxKvPrw >マニラ守備隊は杭で壁を作り防備を固めた。シオコの戦術は集団による正面突撃であり、スペイン軍の砲火によって多大の犠牲を出しながら、イントラムロス内に侵入した。しかし、シオコらはイントラムロス内の肉弾戦に破れ、
02-10 22:02

スペイン軍も長篠的に杭で倭寇を阻止しつつ 最大限銃砲の攻撃を加え これが破られたら後退し 建物を利用した狙撃と此れで敵を混乱させてからの白兵戦に切り替えていた可能性も有るのかだが
02-10 22:08

https://t.co/BfKPpkN2OK >1603年にはスペイン人数名が日本人傭兵400人を引き連れて、フィリピンにおける支那人1500人以上の暴動の鎮圧に成功し、さらに支那人の攻撃を続けている。  日本人がフィリピンから多数追放された後も 可也の数の傭兵が残っていたのかだが
02-10 22:32

https://t.co/KSZUFD2uwJ >アユタヤ港の監視も任されていた長政は、1621年にオランダ艦隊とスペイン・ポルトガル連合艦隊の襲撃に遭う。しかし、この時の戦いは長政の奇襲作戦によってアユタヤは勝利を収めることに成功している。1624年にも長政はスペイン艦隊の撃退に成功。
02-10 22:39

一方で山田長政が スペインやオランダ・ポルトガルの艦隊を撃破しているが 此れの詳細は不明なのかだが
02-10 22:40

https://t.co/0iG1mclTmA … >国王ソンタムの依頼により、チャオプラヤー川に侵入してきたスペイン艦隊を、日本人町が建造した軍船を率いて夜襲して全滅させ、   此れは夜間に火船を 近距離で着火させて突入させた可能性は有るのかどうかだが
02-10 22:50

https://t.co/ROQDHrGHYv >1621年、5隻のスペイン艦隊がメナム川をさかのぼり、略奪を繰り返したのである。長政率いる日本人軍団はスペイン艦隊を一夜にして5隻とも撃沈した。スペイン艦隊の略奪を傍観するしかなかったシャム王室にとって、まさに神業的武功であった。
02-10 22:51

スペイン船も5隻共成ると可也兵員は居るだろうし 少数の日本兵だけで撃沈したと言う事は火船の奇襲攻撃が使われた可能性は高いのかどうかだが 棒火矢や焙烙が利用された可能性は有るのかだが
02-10 22:53

https://t.co/O4qF8ymN6X >長政率いる日本人部隊はスペイン艦隊にたちむかい、奇襲によってスペイン艦に火を放ち、大勝利を得ている。長政のこの働きによってアユタヤの平和が保たれたといっても過言ではない。   火船かは兎も角 火が利用されたと言う事は 確かと言う事なのかだが
02-10 22:59

>カンボジアはプノンペンの日本人部隊(小西行長の遺臣を多数含む)を傭兵として起用した。この時は、どうやら事前に、プノンペン日本人町とアヤタヤ日本人町(頭領・山田長政)の間に、「日本人町同士の戦闘は避けよう」という密約があったらしい。
02-10 23:11

とは言え他地域では可也日本兵同士は 戦っていたのかだが
02-10 23:12

https://t.co/zHpz4oJxBs >(1626年)、長政は駿府浅間神社に戦艦図絵馬を奉納している。現存する模写には、18門の大砲を備える巨大な戦艦が描かれており、30人ほどの甲冑武者が弓・鉄砲を構え、中央には扇を持った長政と思われる主将が立っている。スペイン艦隊を撃滅した時の戦艦ではなかろうか。
02-10 23:18

こうした大型船も火船の夜間奇襲攻撃が主体では 何処迄出番は有ったのかだが 船炎上後水上に脱出する敵をこれで掃討していたと言う事なのかだが
02-10 23:20

スペイン船も火船対策は有ったのかも知れぬが 長政にアルマダ海戦の知識が有ったなら 防壁を突破可能な大型船を夜間突入させた可能性も有るのかだが
02-10 23:30

或いはタイでは小型の火船さえ来ないと見て 無警戒だった可能性も有るのかどうかだが
02-10 23:43

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://boukenkyuusha.blog72.fc2.com/tb.php/11064-40ddfd79