FC2ブログ

Category

2021.09

 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  

02/09のツイートまとめ 

boukenkyuu

まさに“伝説”!9人連続失敗PKを当事者たちが振り返る「芝が長くて」(ゲキサカ) - Yahoo!ニュース https://t.co/hc1hqczNtl
02-09 10:36

手の内の棒を目に投げる技も有るが 目を潰すのでは無く視界を短時間撹乱する技と言う事なのかだが 曲打で打撃する様な物は有るのかどうかだが https://t.co/v8gOhgA5j6
02-09 11:12

オノオレカンバ製の手の内でも 太さを考えると刀での切断は何処迄防げるのかだが 樫や鉄製の物の方が多いのかどうかだが https://t.co/HdkntcXwVX
02-09 11:25

https://t.co/CwmhH8fL1P 樫製の手の内も有るが 黒檀や紫檀は日本には無い木だろうし 黒檀は比重最大1.2等とオノオレカンバ(0.94)よりも硬度は有ると言う事だろうが 此れを利用した手の内は何処迄有るのかだが
02-09 12:43

尖った手の内の棒も有るし 鉄製や硬木製の物を 直打・曲打で刺す例は有るのかどうかだが
02-09 12:59

RT @tono_mikado: 大鎧は馬上では重量を馬に負担させるので楽になるというが、現代物の大鎧ではそれを確かめることが出来ない。何故ならこれは恐らく江戸時代サイズでとても小さいので、身長約155㎝の人が軍人鞍に座っても、発手が前輪か後輪のどちらかにギリギリ届くかどうか…
02-09 13:25

鎌倉期の歩兵も大鎧を装備しているし 胴丸の腹も締まっていないから肩に重量は掛かるが 袖の無い伊予札の軽量な胴丸や腹当なら余り負担は掛からないと言う事なのかだが
02-09 13:27

https://t.co/ApdUKVO3za 腹が締まらない清の綿襖甲も 袖付きの物は 肩に可也重量負担が掛かる可能性も有るのかだが そう重い札は利用されていないと言う事だっただろうか
02-09 13:34

大鎧でも乗馬時に前傾すれば 背中にもやや重量は乗る可能性は有るのかどうかだが 鞍前部に胴が乗る可能性も有るのかだが 戦闘時は立透かし状態なら 鞍での重量負担は無いが 立った儘可也前傾し背中に重量を乗せている例は多いと言う事なのかだが
02-09 13:49

https://t.co/oULOVs43tc 大鎧を装備しての騎射戦時にはこうした 袖を前にして低くした防御姿勢でいる事が多いだろうし 立ち透かしをしていたとしても背中や脇部に重さが掛かると言う事なのかだが
02-09 13:55

射撃時は兎も角 袖を前にしての防御時は立ち透かしをしていない可能性も有るなら 鞍に鎧が乗っている可能性も有るのかだが
02-09 13:56

https://t.co/XWPJYGMHdm 防御姿勢も左の平治物語絵巻の右の人物の様に 極度に低くしている例は余り無いと言う事なのかだが
02-09 14:01

平治物語絵巻・三条殿夜討の巻だと建物内からの至近距離の射撃を警戒して 極度に低い姿勢の者も居るのかも知れぬが https://t.co/4nkvAnMVLf https://t.co/KjFddSKkGr 通常の騎射戦では左の前九年合戦絵や聖徳太子絵伝に有る程度の低さの可能性も有るのかだが
02-09 14:09

https://t.co/iLzxzs4sj5 こうした形で白兵戦に持ち込む場合も 至近距離からの射撃に備え姿勢を可也低くはするのかだが 現実には馬がやられていた例が多いのかだが
02-09 14:20

鉄毬的な物や 撒菱をこうした形で掴むのは容易なのかどうかだが https://t.co/cgCW2T8rts
02-09 15:24

鉄毬も携行し難いと有るが 幾らかは重ねて刺さり難い竹筒や木箱等に入る可能性も有るのかだが 似た様な構造の車剣なら更に重ね易いかも知れぬが https://t.co/adP6Lb3E0X
02-09 15:48

鉄毬や車剣も 鎖帷子は貫通出来ないだろうし 毒を塗った撒菱を大量に竹筒で散布して 装甲の無い部分に当てる方が良い可能性も有るのかだが
02-09 15:49

https://t.co/i1BmBcLHub こうした刃の無い様な鉄礫だと 容易に取られる可能性も有るのかだが
02-09 15:56

刀を受けても返し打ちをすれば衝撃は余り受けず 返す速度も高速に成ると言う事かも知れぬが 剣道では返し打ちは余り命中していないし 出鼻や払い打ちの方が命中率が高いが あずみの両腕より武蔵の片手のパワーの方が やや低いなら払い打ちも可能と言う事なのかどうかだが https://t.co/jxCsC9vaS0
02-09 16:25

武蔵のパワーの弱い刀の先端部を あずみの剣のパワーの強い根本付近で強打すれば 払い打ちや切落し的な事も出来ると言う事なのかだが
02-09 16:26

刀を受けて高速で旋回させ 柄頭を前として此れで強打すると言う様な技も西欧に有ったかも知れぬし あずみの刀は柄頭にも刃が有ると言う事だろうか
02-09 16:28

パワーを恐れ受け太刀をしないと見せて 奇襲的に返し打ち等をすると言う例も有るのかどうかだが
02-09 16:29

ニ刀流に対するこうした横への回り込みも ニ刀側もこうした攻撃を避ける為に旋回するので容易では無いと言う事だろうが 自身のニ刀の操作に意識が行っている間に足払いをされ これで体勢が崩れている間に回り込まれる例も ニ刀に慣れていない者では有ると言う事なのかだが https://t.co/eKr2Z18nuF
02-09 16:53

1刀側も左片手打ちで長い刀をアウトレンジ出来 脇差はそうした事をしなく共アウトレンジ出来ると言う事だろうか 両手で長い方の刀を払ってから 左片手打でアウトレンジと言う方向も有るのかだが 武蔵の刀があずみの物より可也長ければ 此れは困難と言う事だろうか
02-09 17:07

受け太刀を避け横に回ると見せてから そうした事をすれば奇襲効果は有ると言う事なのかだが 横に回ると見せて下方に飛び込み 両腕を同時に斬ると言う様な事は技量差が可也無いと困難なのかだが
02-09 17:45

そうした物を外した直後に敵の腕を抑え 水月辺りに頭突きをして倒すと言う様な物も有っただろうが 下に飛び込んだ際に蹴り等で反撃を受ける危険も有るのかどうかだが
02-09 17:52

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://boukenkyuusha.blog72.fc2.com/tb.php/11063-87dfbfb4