FC2ブログ

Category

2020.06

 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  

02/06のツイートまとめ 

boukenkyuu

RT @Count_Down_000: 一般的には知られていない当時の戦闘法を解説していく。特に弓については、現代の弓道や時代劇などで一般的に知られている射法とは違い、兜や陣笠、刀の柄などに弦が当たらないように斜め弓を臥せ、射手も体重を後方に置いて身を低くして敵に狙われない…
02-06 11:18

https://t.co/YhTp9Krp5T 日置流では 射撃時は後傾姿勢は無いが 近距離では矢を抜く際には伏せていると言う事だろうか
02-06 11:41

https://t.co/6Tl3LHZewb 兜装備時も弓を引き切る様な例は左では無いが 精度を考慮しない遠距離からの牽制射撃や 至近距離の余り精度が必要無い射撃なら 威力を重視して引き切る例も有るのかどうかだが
02-06 11:48

至近距離でも連射速度を重視する場合は 引き切っていない例も有ると言う事なのかだが
02-06 11:49

遠距離で銃しか命中しない様な距離では 精度や発射速度は重視せず 弓を引ききって牽制射撃をしていると言う可能性も有るのかだが
02-06 11:54

RT @kerpanen: 「騎射中に弦が切れたら」馬上で弓を張るには、弓を上下逆さにして馬体の左側に沿って末弭(弓の上端)を後方の地面に左手で押し付け、右手は手綱を取り、馬を抑えながら本弭(下端)を上げて弦輪を掛ける。昔の弦は苧麻を縒り作っていたから、今よりも切れやすかったは…
02-06 12:09

https://t.co/7zDG8EJXF9 >苧麻(ラミー)の特徴・糸の強度・・・天然繊維の中で一番強いと言われている   とは有るが 苧麻製の弦はモンゴル的な皮弦より強度は無いのかだが 漆で強度はやや増すのかどうかだが
02-06 12:14

https://t.co/TaGIDZHHob >・天然繊維の中で繊維強度が最も強靭(羊毛の4倍、綿の2倍)。水を含むと繊維の強度がさらに60%増す。  苧麻も水を含むと強度が6割も増すと有るが 長時間では弱く成る可能性も有るのかだが
02-06 12:28

合武三島流船戦要法だと 日置流よりやや低い姿勢の 両膝を付いた射撃も出て来るが 更に低い様な物は有るのかどうかだが https://t.co/JMEjSboTBm
02-06 12:59

https://t.co/bQKaaObYyn こうした伏射が 狩猟で使われる例も現代では有るのかだが 古い例は有るのかどうかだが
02-06 13:11

https://t.co/1TIiyg5dY2 和弓では左の様に腹を上にしないと 靭等から矢は抜けないと言う事なのかだが
02-06 13:13

沖田畷で龍造寺軍の大型銃の射撃を伏せて回避していたと言う有馬軍は こうした伏せた射撃で反撃をしていた可能性も有るのかだが
02-06 13:24

モンゴルの場合は弦が切れる事に即座に対処したい為か 弓を2つ装備していたと有るが ペルシャのミニアチュールでもそうした例が見られるが 大型の満州弓は2つ装備は無いのかどうかだが
02-06 14:13

明兵は騎馬民族的では無いから 弓を2つ装備する事は無いと言う事なのかだが 歩兵も同様と言う事なのかだが
02-06 14:14

https://t.co/vO8H6Jp8HJ トルコ弓を利用して伏せ撃ちをしているが こうした古式の射法が有るのかどうかだが
02-06 16:02

RT @ekkiwamaje1: @kerpanen やってみました14キロ、軽い弓で一応成功。でもだいぶ難しいです。三人張の弓は無理かも。左右逆な事に今気づきました^ ^; https://t.co/qZA1Lv7kx9
02-06 16:06

弦を張り替えるより 後退して従者から予備の弓を受け取る方が高速な可能性も有るのかだが
02-06 16:10

声を出して筋力のリミッターを解除すれば 強弓も短時間で張れる可能性も有るだろうが 体力消費は大きく 負傷する危険も有ると言う事だろうか
02-06 16:12

https://t.co/gDc6l7Qfbs 人間の嗅覚は犬並みと言う研究も有るが 強度の弱い匂いを犬と同程度に感知出来るのかどうかだが 犬の様に匂いで人を追跡する事迄は出来るのかどうかだが https://t.co/n25PTilZFv
02-06 16:28

https://t.co/z9qYoycWdv >犬にはキジのにおいをたどらせ、人にはチョコレートオイルをたどらせました。結果としてにおいをたどった両者の道筋は類似するものだったのです。   人間の場合は少ない嗅物質は 何処迄感知出来るのかだが
02-06 16:32

https://t.co/fPMFvIrQMi >●嗅覚忍者は人の臭いから職業を推察する訓練をしていました。たとえば汗や尿に含まれる「アンドロステノン」は3人にひとりは感じ取れない臭いですが、毎日10分嗅ぐと、3週間で臭いを感じ取れるようになる結果が出ています。
02-06 16:49

忍者も遠距離からこうした匂いを識別し 追跡迄は果たして出来たのかだが
02-06 16:49

https://t.co/ziHgyNIwPd >ぎりぎり感じられる濃度を閾値というが、匂いをなんらかの文脈で覚えていくことによって、匂いの認知閾値が低くなっていく。脳が鍛えられて、その匂いの情報が伝達されやすくなるような脳神経回路へと変化したためである。
02-06 17:26

最大限こうした訓練をしたとしても 犬の様に人を追跡する事迄は出来るのかどうかだが
02-06 17:27

RT @kerpanen: 「弦に矢を番え矢一筋は右の手に持ち」弓道では甲矢(はや)を射る時、乙矢(おとや)を右の小指と人差し指で持つか、挟む。「止戈枢要」の「射儀」の項には騎射の速射心得として同じようなことが記されている。だが小型の角弓を使う、海外の騎射では速射のために一…
02-06 17:33

@kerpanen @nZ8JwGTq6QbKnnD https://t.co/l81QSx2G1W https://t.co/xHzjtoIBk1 トルコの速射術だと中指と薬指の間に複数の矢を挟んでいるが 日本ではこうした例は無いと言う事なのだろうか
02-06 17:45

https://t.co/QVIEaC4Xd4 >又、「魔法の嗅覚」という肩書きの通り、とても嗅覚が鋭いため、 >警察犬としては犯人の臭いを追跡し、発見するという役目を担う。1〜2週間経った古い臭いや、歩かずに乗り物に乗って移動した時に僅かに残る浮遊臭をも察知することが出来、
02-06 18:50

こうした物迄 人間は果たして感知可能なのかだが
02-06 18:50

RT @kerpanen: 和弓での連射、指導映像。「止戈枢要」の「射儀」を調べたら、サドルバックで撮ったこの映像のような射法を馬上(騎馬による渡河中の戦法)で実際に行なっていたと判明。「(箙から)五筋づつ繰り出して一筋は弦にかけ、残り四筋は弓に取り添えて射るべし」。日本の弓で…
02-06 19:06

@kerpanen 11世紀のバイユーのタペストリーにも 似た様な射法が出て来るが 束ねた矢の鏃は上を向いている訳だろうか https://t.co/tGdZxIddrT
02-06 19:19

鼻が長いゾウは嗅覚受容体も特に多い https://t.co/iRyEI0pVSL #マイナビニュース
02-06 21:24

RT @kamaeatte: 「燃えよドラゴン」でブルース・リーが見せた右ボディパンチ→パクサオ→右バックフィストのコンビネーションだが、これはジークンドーにおいて相手との接触点がない状態からトラッピングに持ち込むためのテクニックとしても練習されており、相手の反応によって様々な…
02-06 22:09

あずみに出て来る二丁鎌術は 琉球の物以外では https://t.co/Mn1RidysW3 左の豊前福光派古術の物以外は見ないが 戦国期には有るのかどうかだが https://t.co/muEcIh2wtX
02-06 22:40

https://t.co/y9rUTcA73C 忍者が二丁鎌等を利用する例は 果たして有るのかだが 忍者に雇われた盗賊なら こうした物を利用している例は有るのかだが 農民に化けている忍者は鎌1本で戦うのが基本なのかだが
02-06 22:49

足軽や足軽的非専業忍者の一部に こうした農民的な二丁鎌術を使える者が居た可能性は果たして有るのかだが
02-06 22:50

鎌で刀をロック或いは巻き落とすと見せて 攻撃をする様な例も有るのかどうかだが
02-06 22:53

2刀流で手裏剣を放つ場合は こうした刀の持ち方をする例も有るのかだが https://t.co/WA64I5O3UH
02-06 23:00

2刀を持ち刀の投げは兎も角 突然には手裏剣は来ないと見せて 懐に隠した大量の手裏剣を放る等と言う様な例は有るのかどうかだが 刀を投げてから即座に手裏剣を投げるのは困難と言う事なのかだが 刀を敵に投げた直後に懐の手裏剣を放る様な例も有るのかだが
02-06 23:10

RT @bomberhead224: そもそも槍が叩くだけならあんなに穂先の種類がある説明がつかないよな
02-06 23:14

雑兵物語でも弭槍は突けとしか書かれないし 打撃主体の足軽の槍も少数の歩兵や馬の腹は突くと言う事だろうか 馬の腹を突いている場面も有り 騎馬武者が相手を突いて倒したと言う記述も有るだろうか https://t.co/PJM8qKGWUC
02-06 23:31

一方で騎馬武者の槍も 佐分利流の大身槍の様に斬撃主体の物も有り 武田信玄の木槌の付いた槍は 騎馬武者や足軽の持槍の可能性も有るのかだが 通常の持槍を打撃主体で使う者も居たのかどうかだが 管槍も幾らかは打撃していたかも知れぬし 中国の槍でも打撃技は有ると言う事だろうか
02-06 23:35

両鎬の槍の場合は短い穂先の物でも斬撃が多かったのかだが 打撃も平三角槍よりはしていた可能性も有るのかだが 菊池槍も斬撃が多かったのかどうかだが
02-06 23:37

短い穂先の両鎬槍や両鎬の十文字槍の斬撃が外側に外れて 太刀打等での打撃に成っていた例も多いのかどうかだが
02-06 23:39

標準的な20cm程度の平三角の穂先の槍も 突きしかしていなかったのかどうかだが 打撃が有るとしても頻度は 両鎬槍よりは少ないと言う事なのかだが
02-06 23:45

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://boukenkyuusha.blog72.fc2.com/tb.php/11060-f004633e