FC2ブログ

Category

2020.08

 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  

01/30のツイートまとめ 

boukenkyuu

納豆1日1パック、死亡率10%減 9万人を追跡調査(朝日新聞デジタル) - Yahoo!ニュース https://t.co/jmNehgLKVz 納豆も一日2パックより多く食べるとイソフラボンが多くて問題と有るが 2つでの生存率はどうなのかだが
01-30 10:05

加藤嘉明拝領 火縄銃【国友清次】五七桐家紋/梅樹図 時代銀象嵌 極上毛彫金具 カラクリ完動 凹八角銃身 木味極上 国友筒/古式銃 https://t.co/iodPNlDqnr 戦国期の火縄銃に こうした紋の入る金具は有るのかどうかだが
01-30 11:05

硝煙入れ 火縄銃 古式銃 マタギ https://t.co/4R5QcUihJc 小さい火薬入れが連結されているのは 火薬を速く入れる為なのかどうかだが
01-30 11:17

https://t.co/fZPM9pBk6g 同様に生存率を高めるコーヒーや緑茶と組み合わせても 死亡率は40%等は低下するのかだが
01-30 13:15

https://t.co/3Mk6jdLPPB >弥助は幼少期にアラブかインドの奴隷商人によって拉致され、アラブ諸国やインド洋を連行された。おそらく奴隷として働き、子ども兵の訓練を受けてインドのグジャラートやゴアで戦った後、ポルトガル出身のイエズス会宣教師により従者に雇われたとみられる。
01-30 13:34

>イエズス会士が各地の大名と連携するなか、長身の弥助は軍事経験を生かしてリスク察知に力を発揮したという。他の民兵の訓練を担ったほか、自らも武道や剣術などの新技能を習得した可能性が高い。 >信長にはまた、日本語に堪能になっていた弥助から世界情勢を聞き出す狙いもあった。
01-30 13:35

一方で帯剣している黒人が 絵には描かれていない様に見えるし ポルトガル人の黒人従者に果たして戦闘員は居たのかだが 弥助も日本に来たのが1579年なら 日本語は82年迄では果たして何処迄話せたのかだが
01-30 13:39

>こうした装飾性の高い屏風は上流階級が所有していたもので、1590年代前半に制作された。その1つは黒人男性と日本人武士による相撲の試合を描いており、ロックリー氏は弥助と信長ではないかとみている。  https://t.co/ecXqu0vSp1 左の屏風には信長・弥助は描かれては無いと言う事だろうか
01-30 13:44

https://t.co/v01PSBNJJ8 >死亡リスクの低下は、どのタイプのコーヒーでも認められました。特にレギュラーコーヒーで利益が大きく、1日6~7杯飲む人では総死亡リスクが24%低下、8杯以上では26%低下していました。   これだけの量を飲んだら カフェインの害は果たしてないのかどうかだが
01-30 13:53

https://t.co/SuDc2NlsdB >兼好法師が『徒然草』第九十二段において、つぎのように述べていることが注目されます。 ここでは、ある弓を習いはじめの人が、二本の矢を手にはさみ持って的(まと)に向かったところ、師匠が「初心の人<習いはじめの人>は二本の矢を持ってはならない。
01-30 14:20

>後の矢を頼みにして、最初の矢に対して「等閑(なほざり)の心」<おろそかにする気持ち>が起こる。   1330-1349年頃の徒然草の時代では 矢を2本恐らく右手に持つ事も行われていたと言う事なのかだが 此れ以上の数が持たれた例は有るのかどうかだが
01-30 14:22

https://t.co/eWDpaeyPRl >日置流の七五三の体配では、二本取り矢する   と有るが 此れは連射を想定しての物なのかだが 箙から3本同時に矢を抜く例等は有るのかどうかだが
01-30 14:34

https://t.co/vWSRz3na6f ハンガリー騎兵も 右手で矢を3本同時に持つ例も有ると言う事だろうが 此れ以上持たれた例は有るのかだが
01-30 14:42

https://t.co/Uc9Rla7P0H バイユーのタペストリーでは左手に4本矢を持つ例も有るが こうした例は日本やトルコ系の弓では有るのかどうかだが
01-30 14:46

https://t.co/oRxO8kqv2L トルコ弓の場合は右手に4本矢を持つ例も有るのかだが
01-30 15:22

ハンガリーの絵だと鏃は手の中に入る様に見えるし 現実の持ち方とは異なる可能性も有るのかだが
01-30 15:24

あずみに有る 毒等で動きが鈍った際に水の中に逃げる戦術と言うのは 何処迄有効なのかだが 相手が泳ぎが苦手なら 効果は有ると言う事なのかだが https://t.co/WHG5ZnLc5E
01-30 16:48

泳ぎが得意な相手に対しても 視界の悪い泥水の中に入れば 逃げられる例も有るのかどうかだが
01-30 16:49

泳ぎが得意な相手に対してはそうした形で逃げなければ 水中でも速度の差を利用されてやられる危険は高いと言う事なのかだが
01-30 16:51

こうした形で水を掛けたとしても 泥水で無い限り短時間しか視覚は撹乱出来ないのかだが 連続で水を掛け続ける方法も有るだろうが 余裕が有れば水底の泥を掬って投げると言う方向も有るのかだが https://t.co/3ipF96EqYM
01-30 16:56

水が濁らず相手の泳ぎが上手いとすると ランダム機動で飛び道具を回避しつつ 水底の泥を投げ視界を奪っている間に倒すしか無いと言う事なのかだが
01-30 17:05

https://t.co/hwbywcU7Pn サラセン人は1.5秒で3本の矢を放てる様に訓練された等と有るが トルコ的な持ち方では此れは困難と言う事なのかだが
01-30 17:38

https://t.co/36h4HvCMt4 左の月岡芳年の藤原秀郷の箙は 下馬しているからか矢束の緒は完全に解かれている様に見えるが
01-30 18:13

RT @kamaeatte: 合雁木。府内城の塁線はほとんどが土塀なので、このような雁木があちこちで見られる。迂闊にも自宅で写真を整理するまで気付かなかったのだが、下の方の狭間は鉄砲を撃つには位置が低すぎて使えないのでは?純粋に景観のためだけの見せ狭間ということだろうか。また古…
01-30 19:00

https://t.co/FJaBAYt7Nm 征倭紀功図巻に可也低い位置の狭間が利用されている場面も有るが 内側は低く成っていると言う事なのかだが
01-30 19:09

大型銃や砲で壁が貫通する場合も有るから 相手を狙える出来るだけ低い狭間から銃を放っていたと言う可能性も有るのかだが
01-30 19:15

https://t.co/2OllagUrSS こうした形で弓を利用しながら剣を右手で持つ場合は 右手に矢を多数持つ事は無い可能性も有るのかだが
01-30 19:48

こうした状況からなら 脇差で右腕をカットした後首を斬れば 左近を倒せた可能性は有るのかだが https://t.co/oJ7HKEeKew
01-30 21:00

介抱すると見せて 背後から延髄を強打する方が確実に倒せたと言う事なのかだが
01-30 21:03

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://boukenkyuusha.blog72.fc2.com/tb.php/11053-e3586ee1