FC2ブログ

Category

2020.08

 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  

01/28のツイートまとめ 

boukenkyuu

https://t.co/PbyZP3MSv0 この蜂の前立と類似の物は https://t.co/kRQiOAWsqj 相馬義胤の兜にも有ったかも知れぬが 同一作者の物なのかだが
01-28 10:25

https://t.co/Z9u5hqSBb5 小説・岳飛伝だと 水滸伝の史進が体力が衰えた後 日本刀を利用しているが 現実の岳飛軍は特段日本刀は増やしていないと言う事なのかだが この時点では薙刀は兎も角 明代で対騎兵用に重視された大太刀は余り無いと言う事だろうか
01-28 12:38

切り落としも影抜き的なフェイントで回避されて やられる例も有るのかだが 示現流にはそうしたフェイントは無いと言う事なのかだが
01-28 12:50

分銅鎖装備の十手は 捕物用には有るだろうが 先端部や鈎部分に装備される物しか見ないが 鎖鎌的に鈎付き鎖が付く物は果たして有るのかだが https://t.co/1YclvVQpQQ
01-28 12:56

こうした飛び出す分銅が装備されるタイプの十手は 大正年間の警官用の物が有ると言う事は 捕物用なのかだが 契木の分銅鎖が仕込まれる振り杖同様に 戦闘用の物も有るのかだが https://t.co/vXSAcAheAo
01-28 13:09

https://t.co/qUJO9NhB9Y あずみに有る物の様に 下端部に分銅鎖が装備される十手も有るが 左の物は余り長い分銅は付いていないだろうか
01-28 13:32

https://t.co/1kFGh23FXc 左の影丸伝に出て来る様な 大型の手裏剣は 江戸期の本覚克己流に直径30cm程度の物なら有る様だが 戦国期には有るのかどうかだが https://t.co/cc6cVCcCuB
01-28 15:31

https://t.co/VnXcQac2Xn 左の直径20インチ(50.8cm)の手裏剣程の物は 江戸期でも無いと言う事なのかだが
01-28 15:42

https://t.co/ZDPF3xSbba 左の様に騎士が大型手裏剣に似た ハールバットを戦場で放る等と言う事は 果たして有ったのかだが
01-28 15:52

ハールバットも15世紀以前の利用は無いのかだが ストラディオット等の軽騎兵が投げ槍と共に 利用していた可能性も有るのかだが https://t.co/Ubh51gFRQW
01-28 16:15

焙烙玉も導火線の根本付近に火縄を押し付けば 可也短時間で爆発する可能性も有るのかだが 鳥の子等の発火する時間も 投げる距離に応じて火縄で着火する位置を変え調整されていた可能性も有るのかだが https://t.co/hrSl7dwohy
01-28 16:34

十文字槍の場合掴むか柄を切断しないと 間合いの内側に入り込んでも引かれて斬られる可能性も有ると言う事なのかだが 忍者の場合は登るのにも使える鎌槍が基本的に利用されると言う事なのかだが 長柄鎖鎌を兼ねる様な物迄は有るのかだが https://t.co/DYtPYvrFaJ
01-28 17:02

此れは手を槍の枝部で突き斬られる前に 刀を離して回避したと言う事なのかだが https://t.co/aPYuwnyytH
01-28 17:08

https://t.co/ACbGGKd5CR 左の雑賀孫一の焙烙火矢は 焙烙的な球形では無く鏑的な先端が装備されている可能性も有るのかだが https://t.co/kHalaw6OZ5 為朝が利用した様な長さ24cm等の巨大な鏑と同等以上のサイズの物が装備されている可能性も有るのかだが
01-28 20:29

壁等に刺さってから爆発させる為の 鏃迄は装備されていない可能性も有るのかだが
01-28 20:31

https://t.co/kxmm5LNzFc >実際の戦闘では毛利方の水軍の使用する焙烙玉・雑賀衆の使用する焙烙火矢の前に織田方の水軍は壊滅的な打撃を受け、  雑賀衆が木津川口の戦いで焙烙火矢を使用したと有るが ロケット推進式の物では無く擲弾的な物が主体だった可能性も有るのかだが
01-28 20:53

海戦用の擲弾的な焙烙火矢は 船体に刺さってから火を吹く物の可能性も有るかも知れぬし 鏃が装備されていた可能性も有るのかだが
01-28 20:55

村上水軍・雑賀衆も先ず遠距離から火矢・焙烙火矢を放って 煙で敵の射撃を封じた後 近距離で焙烙玉を投げたと言う可能性も有るのかだが
01-28 21:00

村上水軍の火矢も ロケット推進では無いが大国火矢的に 火薬で燃やすタイプも含まれていた可能性も有るのかだが
01-28 21:03

https://t.co/oBk7CXqhC4 此れも下端部に分銅鎖付く十手だが 鎖は100cmしか無いだろうか
01-28 22:24

隠し武器として用いる分銅鎖は 30-90cm程度と有るから 十手に付く1m程度の分銅鎖でもそれなりに使えるのかどうかだが
01-28 23:03

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://boukenkyuusha.blog72.fc2.com/tb.php/11051-b3d22cab