FC2ブログ

Category

2020.08

 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  

01/26のツイートまとめ 

boukenkyuu

ダートを放るスリングは https://t.co/RxaViGCzcU 左のケストロスと言う事だろうが 第三次マケドニア戦争のマケドニア軍以外では利用されなかったのかだが
01-26 10:46

RT @kerpanen: 「江戸時代の弓で奏でる中世の音」25日に、おそらく江戸期に京都で作られた千段巻の塗籠弓で自作の蟇目鏑を射る実験をした。「兵(ひょう)」という中世の音をお聞きください。それにしても感動するのは、江戸時代の弓を使える状態で保つ漆の耐久性。人の寿命よりも長…
01-26 10:57

https://t.co/i7CnA5Nq1S  鏑矢も中国の戦国時代辺りには 有ったと言う事なのかだが 匈奴にも前漢時代には有るなら モンゴル軍が日本の鏑矢の音を聞いて笑ったと言う八幡愚童訓の記述は 誤りの可能性も有るのかだが
01-26 11:16

https://t.co/bgxLWs9RKj トルコの鏑矢は 金属音の様な高い音がするが モンゴルや中国の物はどうなのかだが
01-26 11:35

https://t.co/QkA4EVD9Nj 13世紀のスウェーデンにも鏑矢は有るが トルコの物より音は低いだろうか
01-26 11:47

https://t.co/M9WQEPJdA7 西シベリアのハンティ族の鏑矢は 音・形状共日本の物に似ているが モンゴルとの関連は有るのかどうかだが
01-26 11:58

https://t.co/zCKc1QC6d2 匈奴の鏑矢等と有るが 日本の物よりは高い音が出ているだろうか
01-26 12:12

https://t.co/rTGCDp1es4 満州弓の戦闘用鏑矢は 日本の物に似て先端部が大型なら 類似の音が出ていたのかだが
01-26 12:31

https://t.co/Mn9eH0KLkP モンゴルの鏑矢も 大型の先端部の物が有るだろうし 日本の鏑矢の音を聞いて果たして笑ったのかどうかだが
01-26 12:54

張本勲氏 ハンマー自主トレは「何の意味もない」(日刊スポーツ) - Yahoo!ニュース https://t.co/mtlaR3Sn4N 上半身を無用に重くするなとは良く言われるが 上半身でも体幹部の強化は必要と言う意見も多いだろうか
01-26 13:20

https://t.co/sHJi7VM0Kw 筋肉を付けずに伸張反射でパワーを増すと言う方向性も有る様だが 野球ではこうした方向のトレーニングが主体では無いと言う事なのかだが
01-26 13:45

https://t.co/VFDf5pJbc0 >伸張反射は筋肉が急激に伸びることによって起こるものです。そのためには全身をリラックスさせることが大切です。なぜなら、力を入れると筋肉が硬直するので伸び縮みし難くなるからです。
01-26 13:50

https://t.co/KGwNGs2tEC 剣道や剣術でも体に無駄な力を入れるなと言うが 此れは伸張反射を起こし易くする為と言う事なのかだが
01-26 13:53

https://t.co/78l8vQ2ZjA >①運動単位の動員数増加 ②運動単位の同期化 ③神経発火頻度の増加  こうした事はウェイトトレーニング以外でも 只運動するだけで起きると言う事なのかだが
01-26 14:30

https://t.co/6QaY8yvxjm >大きな力を発揮するためには連続的に強い活動電位を送る必要があるのです。この能力を高めるシンプルな方法として、最大筋力に近い筋力発揮のトレーニングを行うことです。例えば1RMの90%以上の重さでのウエイトトレーニングなどが挙げられます。
01-26 14:43

ウェイトトレーニング的にかなり負荷を掛けないと 筋肉を動かす神経は増えないと言う事なのかだが
01-26 14:46

>また、筋力を発揮するときに「大声をだす」ことも有効です。これは「シャウト効果」と呼ばれ、一時的に脳のリミッターを外して、運動単位を多く使えるようになるというものです。  声を出しても 使える神経が増えるのかどうかだが
01-26 14:52

>運動単位の活動のタイミングを良くする(運動単位の同期化)  >これを改善するための方法として、シンプルなのが「その動作の練習をする」ことです。  これはウェイトトレーニング無しでも 出来ると言う事なのかだが
01-26 14:55

ウェイトトレーニング否定派でも 負荷を掛けても筋肉は余り増やさないが 神経の数を増やす事は認めている者も多いのかだが 反復練習否定派でも 筋肉の動作のタイミングを揃える効果は 認めている者も多いのかだが そうした者でも動作が十分揃った後は無意味と見ているのかだが
01-26 15:50

https://t.co/ZudPCPlDJa ペルシャの鏑矢も 先端が大型の物と言う事なのかだが
01-26 16:34

https://t.co/Mn9eH0KLkP トルコにも先端が大型で 音が低いタイプの鏑矢も有ると言う事なのかだが 中国の鏑矢も有るが 満州の物の可能性も有るのかだが
01-26 16:37

https://t.co/dVxYsn21LB 左には音を発する鳴髇箭・鳴鈴飛號箭が有るが 前者は戦闘用では無いと言う事だろうか 鏑矢的な物は何故か左には無いが
01-26 16:51

小野忠明は柳生宗矩よりは強いと戦国期には見られていたのかだが 最強の者は当時でも 意見は可也分かれていたのかだが https://t.co/HmTlXwzkpg
01-26 17:36

https://t.co/fLzhLiqJVU 幕末では柳生新陰流は余り 利用されなかったと言う事の様だが  >柳生新陰流は将軍家指南で御家留流として門外不出の形をとったために一族のもの以外にはほとんど広まることがなかったからです。  左が理由なのかだが
01-26 17:40

https://t.co/sXxAmBOFPg 幕末でも高杉晋作・桂小五郎は柳生新陰流だろうが https://t.co/5eSjXFw8Nu 小野派一刀流の者も居るが 此れの影響を受けた北辰一刀流の方が多いと言う事なのかだが
01-26 17:45

https://t.co/5eSjXFw8Nu 左では小野派一刀流7名に対し 北辰一刀流は17名も居るだろうか 柳生新陰流は3名だろうか
01-26 17:51

https://t.co/sSUExP6083 >一刀流と柳生新陰流は共に知名度の高い流派であるが、一刀流は江戸幕府に冷遇されていたとされている。その理由は、柳生新陰流が稽古に竹刀を取り入れたのに対し、将軍相手でも一刀流は木刀を用いた厳しい稽古方法を貫いたためである。
01-26 18:03

>しかし、この剛直な一面が幕末に多くの流派を生み出した原因とも言われている。  一刀流は柳生新陰流と異なり他流試合禁止では無いと言う事だっただろうし 他の流派に影響を与え易かったと言う事なのかだが
01-26 18:11

そうした形で筋肉を増やさずに筋力を強化してさえ 腱や靭帯が強化されないと故障を招くと言う事だろうが https://t.co/RWeFP7g162  フリーウェイトを扱い関節をフルレンジで動かせば 腱や靭帯は強化されると言う事なのかだが
01-26 19:17

https://t.co/JeJHb4PxsM ズルハネのこうした肩を大きく回す動きは 肩部の靭帯の強化を考慮しての物の可能性も有るのかだが
01-26 19:47

https://t.co/Au6HWz12FH ズルハネのこうした錘を投げるトレーニングは 関節の可動範囲は少ないが https://t.co/RWeFP7g162 >(グラグラするのを支えることで全ての関連する組織の連動性が高まる)  左の様な効果で靭帯や腱が強化される可能性も有るのかだが
01-26 20:11

https://t.co/Vlxz5wryGc 肩だけでは無く肘部分も 伸ばして大きく可動させていると言う事だろうか
01-26 20:18

セスタスに有る様な ギリシャやローマ等のツルハシを利用したトレーニングも 可動範囲は可也有ると言う事だろうか 侍の場合は一部は 鍬や薪割り斧を振る事でトレーニングしていた者も居たと言う事なのかだが https://t.co/DIpP6qaUf2
01-26 20:30

忍者の自身の身長を超える様な高跳びでのトレーニングも 脚部や胴の可動範囲は可也大きく 負荷も強いと言う事だろうか
01-26 20:34

https://t.co/VCozmVlqeZ  大概の侍は鍬や斧では無く 左の鍛錬棒の様な物や 通常の木刀・木製長物を利用していたと言う事なのかだが
01-26 20:43

https://t.co/muzU9n7MF9 左の北辰一刀流の棒は 可也後ろの方迄動かしている訳だろうか
01-26 20:47

https://t.co/6YWPmKDegM >「究極」と形容されるのが一刀流の「切り落とし」です。この技は現代剣道でも応用が可能であり、同様の理論での「面打ち落とし面」という決まり手として知られています。ただし習得が極めて困難な超高等技法であり、その遣い手は多くはないといいます。
01-26 22:13

https://t.co/d5aVv2veWE >面打ち落とし面剣道の技のなかでももっとも修得難易度が高いといわれるのが「面打ち落とし面」です。古流剣術である「一刀流」の極意技、「切り落とし」に通じる究極のカウンターとも表現されます。  自顕流の斬撃に 切り落としで応じた一刀流の者等は居たのかだが
01-26 22:15

>練習をするのであれば、まずは打ち落とすことと打突することを分けて練習していくのがいいでしょう。だんだんと感覚がつかめてきたら打ち落としと打突が一緒になるようにしていきます。  打ち落としのやや後に打突が有っても 命中する可能性は有るのかどうかだが
01-26 22:20

打ち落とした直後に飛び込んで突くと言う様な物も 多用されていた可能性は有るのかどうかだが
01-26 22:29

https://t.co/t7FbMafLrR 飛び込んでは無いが 切り落とし突きと言うのも有ると言う事だろうか
01-26 22:46

現実に甲冑の隙間や鎖帷子相手に切り落とし突きを決めたと言う例は 何処迄有るのかだが
01-26 22:54

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://boukenkyuusha.blog72.fc2.com/tb.php/11049-36943977