FC2ブログ

Category

2020.08

 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  

01/25のツイートまとめ 

boukenkyuu

感染規模「SARSの10倍以上」…「すでに制御不能」との見解も(読売新聞オンライン) - Yahoo!ニュース https://t.co/GwuNcnG2ZF >恐らくSARSに比べ、病原菌の毒性が低いから感染が拡大しているように思う。
01-25 11:11

RT @KApBLlQZc7QqFog: 南部馬が好きで2年前から調べている。幕末〜明治辺りの居留外国人が最良と認めるほどの馬。平安時代の句にも南部馬が出てくるほどの駿馬揃いなのに、なぜ絶滅したのか(T_T)南部馬の血がルーツと言われる道産子(北海道和種)やその血を引く馬に乗る…
01-25 11:15

木曽馬を寒い南部地方で育てて大型化すれば 南部馬に可也似た物が出来る可能性は有ると言う事なのかだが
01-25 11:22

現代との気温差を考慮すれば 北海道で育てる必要が有る可能性も有るのかだが
01-25 11:23

【宗】旧家所蔵 馬鎧 古式馬具 和鞍 切付 肌付け 軍陣鞍 鞍鐙 蒔絵 馬具 鞍 鐙 甲冑 鎧 相馬 泥障  https://t.co/QCGdsvqdoN 此れは鎧として作られた 馬面なのかどうかだが
01-25 12:51

https://t.co/j4wOSaJNXj >ちなみに十和田乗馬倶楽部に約80頭いる馬の中にも南部馬の血を一番こく受け継いでいる一頭がいます。その名はヒメと言います。  可也純度の高い 南部馬の生き残りと言う可能性も有るのかだが 体高は140cm等は有るのかどうかだが
01-25 13:11

https://t.co/K3P54UU0x3 >独自技術で改良した倶楽部の馬たちを「新南部馬」と銘打って、全国に売り出すブランド化も進めています。  此れは南部馬に近い馬を 増やそうとしているのかどうかだが
01-25 13:17

◆廻◆ 時代 無銘 槍 18.6cm 十文字槍 刀剣武具骨董 [C11]RU/1FMd/(100) https://t.co/NVIJfqu3nY 鐺鈀的な枝の付いた槍も有るが 古い物は有るのかどうかだが
01-25 15:04

https://t.co/oZ67PrkZnv 寒立馬でもブルトン的な形質が少ない個体も割に有るだろうし こうした物から南部馬的な物が 作られた例は有るのかどうかだが
01-25 16:08

https://t.co/lQ8h8eBwDw ブルトンは頭はこれ程大きくは無いが 南部馬にはこうした長い毛は有るのかどうかだが
01-25 16:10

米発足の宇宙軍、ロゴが話題に スタートレックそっくり(共同通信) - Yahoo!ニュース https://t.co/V4lYMNYGpn
01-25 16:18

https://t.co/wmp1FLSUsr >薩摩の島津貴久は天文年間(16世紀中頃)にペルシャ馬を輸入したと伝えられている。  トルコマン的な血が入る 木曽馬等も薩摩等には居たと言う事なのかだが ブルトンは乗馬用では無いだろうし こうした馬の血の入る物は戦闘用では無いと言う事なのかだが
01-25 16:24

>享徳年間(1530年頃)に奥州田名部の領主・蠣崎氏がロシア・モンゴルから数百頭の馬を輸入したという伝説もある。  此れはアハルテケ的形質の馬の可能性は 果たして有るのかだが
01-25 16:28

https://t.co/HZyBpX1QRw >薩摩の島津貴久や、南部駒の産地を支配した伊達政宗は、ペルシャ種馬を導入して在来種の改良を行ったと伝えられている[25]。 >しかし、全体としての馬産の方法論は前時代のままであり、継続的な選抜と淘汰による体系的な品種改良という手法は導入されていない。
01-25 16:48

南部馬の一部にもペルシャ馬の血は入っていたと言う事かも知れぬが 文禄・慶長の役時点ではそうした馬の数は無いと言う事なのかだが
01-25 16:55

あずみに有る様な 大型の爆弾を装備した矢と言うのは果たして有るのかだが 忍者用の大型のロケット火矢・大国火矢も爆発力で敵を制圧する物は基本的に無く 焼夷効果を狙っての物と言う事かも知れぬが https://t.co/Z5CepJ9h33
01-25 17:15

https://t.co/WOKrEJCgRW 左に有る四角い火薬が付いた大国火矢も 爆発するタイプでは無いと言う事なのかだが
01-25 17:15

https://t.co/R8AkkFfmWW クロスボウからライフルグレネードを放つ例が WW1に有ると言う事なのかだが 張力はどの程度なのかだが
01-25 17:35

https://t.co/CFiIYwuWEf 黒色火薬では500gでもこうした爆発力だろうし 500g等の火薬の入る大国火矢は無いと言う事なのかだが
01-25 18:38

https://t.co/pejA0Ijp91 現代のM67破片手榴弾の炸薬量は184gだが コンポジションB爆薬の威力はTNT換算で1.1であるし 黒色火薬は0.55だろうが 破片となる重量は200g程度は有るのかどうかだが
01-25 19:02

https://t.co/hwwWLK6IRf >形状は球型で直径16-20cm、総重量は4-10kg(約60%が容器の重量、残りが火薬)ある。 てつはうも火薬の重量は4割程度だろうし 大国火矢に炸裂弾を積むとしても 火薬量は100gも有るのかだが
01-25 19:06

https://t.co/aQJZZflC6y 金網を蹴って相手の頭を蹴る様な例ならMMAにも割に有るが 現実の剣術で木を蹴った例は有るのかだが こうした返し打ちは通常の刀でも 片手持ちなら柄に当てて出来るのかどうかだが https://t.co/lOfmxTmAez
01-25 19:34

https://t.co/o6IfAJSFZB 明のこの種の火矢も 炸裂弾搭載の物は無く毒煙或いは火炎が出る物が基本と言う事なのかだが
01-25 20:30

https://t.co/EDLgSpPrye 左の四十九矢飛廉箭には棒火矢的な大型の筒が有り 炸裂弾も搭載される様だが 弓から放つ様な物では無いと言う事だろうか
01-25 20:50

https://t.co/huewyD1Jzi 弓で放つ弓射火柘榴箭のこの丸い弾頭は 焼夷弾と言う事だろうか
01-25 21:03

炸裂弾なら弓で放つより 火薬500g・破片200等の焙烙玉を スリングや手で投げると言うのが現実的なのかどうかだが
01-25 21:17

風魔忍者なら馬上から焙烙玉を放る例も有るかも知れぬが スリングの利用迄は有るのかどうかだが 棒火矢も果たして利用されるのかどうかだが
01-25 21:19

「忍者は岡山でも活動」 研究第一人者・山田教授が講演:山陽新聞デジタル|さんデジ https://t.co/FhPFzUaQR5
01-25 21:56

>テレビなどで出てくる必須アイテムの手裏剣については「使った記録は存在しない」と述べた。  手裏剣に関しては 一部伝書に記述が有ると言う意見も有ったかも知れぬが 鎖鎌等と同様に極一部の物が利用していた可能性も有るのかだが
01-25 21:57

飛苦無は基本的に 投げて利用と言う事かも知れぬが 全員の装備等は有るのかどうかだが
01-25 21:59

https://t.co/bnvXFd5vEv 見聞雑録に 90m先に手裏剣を当てられる等と言う忍者・次郎坊が出て来るが 忍者全体の装備率はどうなのかだが
01-25 22:10

https://t.co/BLJ8zeI45k >江戸初期から18世紀半ばまでは忍者は普通の人の格好で描かれていました。  一方で17世紀成立の正忍記には 黒や紺・柿色の服を装備しろとは有っただろうか
01-25 22:23

https://t.co/oeNZve8d4f https://t.co/BRKuw2H6E0 >着るものは茶染、ぬめりがき、黒色、こん花色、是は世に類多ければ紛るる色なり   正忍記の出た1681年以前は そうした色指定は無い可能性も有るのかだが
01-25 22:25

手裏剣は旅人が山賊を撃退する為に 携行していたと言う様な記述も何処かに有ったが 野外を少数で活動する様な忍者なら山賊等からの自衛用に 手裏剣を携行している可能性も有ると言う事なのかだが
01-25 22:33

そうした野外を少数で活動する忍者の場合は 山賊からの自衛用に手裏剣を装備するが 敵を撃退する際にも使用したと言う事なのかだが
01-25 22:36

戦国時代初期には印地槍と言う 槍の穂先型の投擲武器が使われたと言うが 戦場での利用は有るのかどうかだが 騎馬武者は持たず投石兵が石や鉄礫と同時に 放っていた可能性も有るのかだが https://t.co/qsmYhD5Z2T
01-25 22:57

https://t.co/GKTc0QAfCd 印地槍も左の明に有るスタッフスリング的な物で 槍を投げる物では無いと言う事なのかだが
01-25 23:04

そうした道具は使われず 投石兵が近距離で手突槍を投げていたと言う可能性も有るのかだが
01-25 23:10

https://t.co/AUZsfM9N7z 西欧の場合ダート的なプラムバタを スリングで放る例も有るが 日本では此れは矢として扱われると言う事なのかだが
01-25 23:25

平三角や両鎬の槍の穂先と言うのも放り難いだろうし 印字槍と称して通常の棒手裏剣が 放られていた可能性も有るのかだが
01-25 23:29

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://boukenkyuusha.blog72.fc2.com/tb.php/11048-0c04c2a8