FC2ブログ

Category

2020.08

 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  

01/20のツイートまとめ 

boukenkyuu

https://t.co/3JB1lePSG0 こうした形でハーフソードから殺撃(Mordhau)を奇襲的に行い 敵の武器を払う等する例も有るのかだが
01-20 11:45

https://t.co/3doxhUG8q4 こうした体勢から殺撃にスイッチして 相手を掛ける例は有るのかどうかだが
01-20 11:52

https://t.co/l9IGF1XMDH これも同様の切り替えで頭を打つが 可也強打しないと兜に受張が有るなら ダメージは無いと言う事だろうか
01-20 11:57

掌を殺撃での鍔で強打されれば 剣を持てなく成る可能性も有るのかだが
01-20 11:59

鐵砲秘傳書 鉄砲秘伝書 火縄銃 https://t.co/gb8jLoihfc 妙に短い 陣羽織らしき物が描かれるが 18世紀後期以前には有るのかだが
01-20 12:57

Xp2321【即決】東京 遊就館 唐頭兜【絵葉書】送料無料 https://t.co/9k5pearu7m 獅噛前立からも 長い毛が出ていると言う事なのかだが
01-20 13:31

RT @kamaeatte: 武田流(甲州流)軍法の迎撃戦術「追立」の模式図。戦が始まる時、突撃してくる敵の備の形は「虹形」から「杉形」となり、この杉形の頂点には一番槍や一番首を狙う豪の者が集まる。ここを鉄砲や弓の上手の射手に集中射撃させ、次いで杉形の「広ク成所」に懸かり打てば…
01-20 13:36

RT @kamaeatte: 画像は①越後流の「武門要鑑抄」にある縄張図と、②山鹿流に基づいて実際に築城された赤穂城の縄張図だが、江戸時代の軍学ではこのように稜堡式と見紛うほど塁線が複雑に屈曲する城が推奨された。敵がどこから接近してきても横矢(側射)をかけられるよう死角をなくす…
01-20 13:38

RT @kamaeatte: 軍学的な縄張の欠点として以下のことが想像できる。①城内にデッドスペースが増える ②より多くの守備兵力を必要とする③城内からの見通しが悪い④城兵の移動を妨げる一つずつ説明していくと、
01-20 13:39

RT @samurai__inui: RT 年代別の兵種比率で見た時に、その城の防御構想が長柄主体で阻止するのか、弓・鉄砲主体で阻止するのかが縄張りにも現れる(当然全てではない)。江戸時代の軍学では何を主体にしているのかをしっかり見る必要がある。なお当時の赤穂城の南側は海に面し…
01-20 13:42

RT @urakkun26: >近世城郭の外郭線に見られる「折れ」は、横矢目的というより石垣の安定のために不可欠な構造であるそうだ。直線で高石垣を連続出来る長さには限界があり、それを越えると自然崩落リスクが高まるとか。まあその「折れ」は横矢にも使える訳だが…
01-20 13:42

一番槍の突撃と言うのも基本的に銃・弓兵が近距離で横に開いた後だろうが 射撃は近距離でも続き 一部の兵が一番槍とその周囲の兵を狙撃する可能性は有るだろうが 味方の援護射撃で阻止された例が多いと言う事なのかだが 大阪陣の水野勝成も狙撃はされていないと言う事なのかだが
01-20 13:56

https://t.co/iEABVnpZ6V 星型要塞でもこうした非対称な物も多いが 無駄に細かい構造とはしていないと言う事だろうか
01-20 14:01

RT @kamaeatte: 桃形兜は錣は五段で萌葱糸の素懸威。右側面が大きくへこみ、これは文禄の役で兜を鉄棒で打たれながらも敵将を生け捕りにしたときの傷という。藩祖の武勇の証として大切に保存されてきたのだろう。珍しい江戸後期の馬鎧も展示してあった。 https://t.co/
01-20 14:15

梢子棍も 戚継光の陣形では見ないし 明人出警入蹕図や倭寇図巻の兵でも見ないが 果たして何処迄使われたのかだが
01-20 14:21

https://t.co/28SaGrCgw6 左の様な物もどの程度使われた迄は 不明と言う事なのかだが
01-20 14:29

この種の鎖が短い物だと絡める攻撃と言うのは 何処迄使われたのかだが 流星錘の鎖利用の物なら かなり絡めていたと言う事なのかだが
01-20 14:30

https://t.co/WzRM1gjwG2 1582年には日本にも こうした多節鞭的な物が付いた契木も有るが 鎖装備の物も有るのかだが 長柄の鎖鎌と言うのは戦場利用は有るのかどうかだが
01-20 14:34

明・朝鮮軍でも日本の3.6mの持槍をアウトレンジ出来る様なフレイルは 基本的に無いと言う事なのかだが 流星錘なら10m等も有ると言う事だっただろうか
01-20 15:35

船に乗り込んだ後の戦いなら 日本軍も刀か短槍利用とは成るだろうが 船上の明・朝鮮兵は剣盾兵が多かったと言う事なのかだが
01-20 16:06

18メートルの実物大「動くガンダム」10月に横浜の山下ふ頭に #ldnews https://t.co/rqRcijwSVz >安全性も考えられており、GUNDAM‐CARRIARと呼ばれる支持台座を腰部の後方から接続。   基本的に足だけで歩行だが バランスが狂った最には此れで支えると言う可能性も有るのかだが
01-20 16:22

https://t.co/n7LUEK84CJ >初め、九鬼の船団は敵を持ちこたえられないように見えたが、六艘ろくそうの大船に大鉄炮多くあり敵の船を近くにおびき寄せてから旗船と見受けられる舟を大鉄炮で撃破すると、敵はこれを恐れて中々寄って来ない。 https://t.co/VzwWCPxLAe
01-20 16:58

信長公記だと鉄甲船は旗船を大鉄砲で撃破と有るが 大砲は50mでも旗船には当てられないかも知れぬし 大型の銃で盾板を遠距離から貫通していたと言う事なのかだが 砲の大型の散弾は旗船に命中していた可能性も有るのかだが
01-20 17:02

移動している船相手では 固定式の砲では散弾でも命中させ難いかも知れぬし 周囲の小さい船を威嚇的に散弾で攻撃していた可能性も有るのかだが
01-20 17:08

漆川梁海戦や露梁海戦ではそうした大鉄砲での旗船への集中攻撃は有ったのかだが 鳴梁海戦では船の鹵獲を優先して 大鉄砲の利用は無かった可能性も有るのかだが
01-20 17:22

https://t.co/PmD3THQIYw 第一次の海戦で大活躍した村上水軍もの話もまったく登場せず、ひょっとしたら村上水軍は、この第二次には参戦していなかったのではないか?と言われています・・・まぁ、毛利自身も水軍持ってますし、隆景の小早川水軍もいますからね~。
01-20 17:34

第二次木津川口海戦では村上水軍は居なかったと言う意見も有るが 毛利水軍も焙烙玉は有ったと言う事なのかだが
01-20 17:35

https://t.co/PmD3THQIYw >この時、軍船が苦戦する合間を縫って、兵糧船は木津川口に達し、無事、兵糧を運び込んだとも言われていて、そうならば、石山本願寺と毛利にとって、敗北ではあったものの、目的は達成されていた事になります。   此れは軍船を囮とせねば 困難だったと言う事なのかだが
01-20 17:36

https://t.co/7fjKBhcssZ >仮に鉄張り装甲を施していた場合、重量を増した船がこの方式で実用に耐えうる速度で航行できるかは不明である。  レパントでも使われた大型ガレー船のガレアスの様に 牽引されていた可能性も有るのかだが
01-20 17:49

https://t.co/l6C0KQ2ptn >同じく『信長公記』では、かの6月26日に信長の大船が出発したところ、「雑賀や丹和(たんのわ=大阪府泉南郡岬町・淡輪)の浦々から、その行く手を阻止せんと数をも知れぬ小舟が矢や鉄砲を放ちながら四方を取り囲んで攻撃して来たものの、
01-20 18:42

>指揮を取る九鬼嘉隆は、はじめ、山のような大船に従う味方の小舟に、わざと敵を近づけておいて、適当にあしらいながら、やがて7隻の大船の大砲を一度ににぶっ放した事で、敵の小舟が一斉にダメージを受け、それ以降は近づく事さえできず…
01-20 18:42

https://t.co/IDgMGNyqvF >九鬼右馬允、七艘の大船に小船を相添へ、山の如く飾り立て、敵舟を間近く寄せ付け、愛しらふ様に持(もて)なし、大鉄炮一度に放ち懸け、敵舟余多(あまた)打ち崩し候の間、其の後は、中々寄り付く行に及ばず、難なく、
01-20 18:44

第2次木津川口の戦いの前にもこうした海戦は有った様だが 鉄甲船もこの際は紀州諸浦門徒の旗船は集中攻撃してないと言う事なのかだが 近くや前方の船を排除して堺に移動しただけの可能性も有るのかだが
01-20 18:48

https://t.co/Ok4EcsDFZ1 雑賀衆の土遁の術はこうした完全に人が埋まる様な物は無く 塹壕利用と言う事なのかだが 人が完全に埋まる物は 火縄用の空気穴も有るのかだが https://t.co/USLJ7JDEvr
01-20 19:38

弓を持つ忍者が土中に隠れる際は 靭が使われると言う事なのかだが
01-20 19:41

火縄が土で埋まるのを防ぐ為にhttps://t.co/Tm5DvSjiDs 左の様な雨覆いの様な物が使われた可能性は有るのかだが 空気を通す管がこれに装備された可能性も有るのかだが
01-20 19:47

或いは火縄の匂いが漏れるのを避ける為に 火縄用の空気穴は無く 雨覆いの様な箱の中に空気を入れる可能性も有るのかだが
01-20 19:50

RT @ekkiwamaje1: 雨の日、雪の日は馬の脚が滑らないよう、足が取られた時でも対処できるよう気を遣います。甲冑着用時は普段出来る動きが制限されるので尚更。でも一番は「気は遣うけど気にしないこと」ですね。#騎馬 #雪 #乗馬 #殺陣 #horse #甲…
01-20 21:04

火船筏は 第二次木津川口の戦いでは使われたのかだが 鉄甲船を破壊出来る様な代物では無かった可能性も有るだろうが アルマダ海戦の大型の火船を受ければやられる可能性も有るのかだが https://t.co/aogKDphKdL
01-20 22:19

https://t.co/QIecuN3bho 1585年に3トンもの爆弾を積んだ 機械時計利用の起爆装置の有る火船が使われているが こうした物は16世紀の海戦で利用されたのかだが
01-20 22:26

レパントで機動性の低いガレアス船が 火船でやられた様な例は無いと言う事なのかだが 大型爆弾装備の火船の利用も無いと言う事なのかだが
01-20 22:41

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://boukenkyuusha.blog72.fc2.com/tb.php/11043-c170f038