FC2ブログ

Category

2020.08

 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  

01/12のツイートまとめ 

boukenkyuu

RT @harima_mekkai: 足軽装備で弓を引いてみました。今回は空穂から矢を取りました。空穂から矢を取るのは初めてでしたが、なかなか使い勝手が良かったです。 https://t.co/MGPo1oJdPG
01-12 09:13

火縄銃  亀の甲羅の火薬入れ。短筒 https://t.co/vdbWURDt1I 早合が有る状況でこうした火薬入れは 遠距離射撃等で火薬を増やしたい際に利用すると言う事なのかだが そうした調整は従者では無く 恐らく射手が行うと言う事だろうか
01-12 09:40

https://t.co/kJpAv0r3JN 雑兵物語の足軽には口薬入れは有るが 火薬入れは無い様に見えるが 足軽は火薬量の調整は無いと言う事なのかだが
01-12 09:50

そうした火薬の追加は https://t.co/J33q1sSs1C 口薬を銃口から入れた直後と言う事だろうが 騎馬武者だとこの前後の装填動作は従者が行ったのかどうかだが 遠距離射撃では口薬や玉の詰め方も精度が要るとして 騎馬武者本人が行った可能性も有るのかだが
01-12 10:46

訓練された従者に そうした操作や火薬量の調整迄も 任せていた可能性と言うのは有るのかどうかだが
01-12 10:48

https://t.co/2DvI4kWMUb フロイスは僧侶・女と老人以外は 足半を利用していると書いているが 16世紀では足半は絵には描かれないだろうが 絵の形式で合戦図等にも描かれていないと言う事なのかだが
01-12 11:06

https://t.co/s5GEsv5rhR 渡辺守綱が足半を履いている絵が有るし 騎馬武者も戦場で足半を利用したと言う事なのかだが https://t.co/z0LHrgebeW 足袋と足半を装備した騎馬武者らしき者も 秋夜長物語絵巻に描かれるだろうか
01-12 11:12

https://t.co/atfsNB9r7X >『信長公記 巻6』より信長は常日頃、足半を腰に付けていた。この度、刀根山の合戦で、兼松正吉は武者一騎を山中に追いかけ、ついに討ち取って、首を持ってきた。その時、兼松は裸足になっており、足は血で紅に染まっていた。
01-12 11:20

>それを見た信長は、日頃腰についている足半を「今こそこれが役に立つ時」と仰って、兼松に与えた。  裸足だと道路外の走行では石等でダメージを受けると言う事かも知れぬし 足半と足袋を装備すればダメージは可也受け難く成ると言う事なのかだが
01-12 11:22

https://t.co/7omhnJIDos 秋夜長物語絵巻の左の場面では僧兵らしき者は 草鞋を装備していると言う事なのかだが 裸足の者も多いだろうか
01-12 11:47

フロイスの言う様に僧侶は足半は利用は無いと言うなら 僧兵も戦場では草鞋装備の可能性も有るのかだが
01-12 11:49

忍者武芸帳・影丸伝で 投石機らしき物で撒菱を散布し 騎兵を撃退する場面が有るが 鉄製の撒菱なら馬の蹄に刺さるのかどうかだが https://t.co/7qGkn0aj5Z
01-12 12:07

撒菱も一人一つ等と 少なく散布される例も有るのかだが 集団戦では少人数でも此れを踏めば 部隊全体を遅滞させられるという事なのかだが https://t.co/ZzUesoBOYM
01-12 12:14

https://t.co/NNgRTW5NXy >戦国時代に蹄鉄が九州の一部で使われたという記述があるが、元々、日本在来種の馬は蹄が固く、蹄鉄が無くても走行にさほど問題がなかったことから、普及しなかった[3]。   戦国期九州の蹄鉄は 撒菱対策で装備された可能性も有るのかだが
01-12 12:24

https://t.co/ufiSdd1zsL 蹄鉄装備でも蹄鉄の内側の部分に 撒菱が刺さる可能性も有るのかだが 対騎兵用の大型のカルトロップ等も有っただろうか
01-12 12:31

https://t.co/FPM2BTDb44 >ローマの兵士たちは主に次のような工夫によって馬を無力化した。 交戦が始まると共に戦場にカルトロップをばら撒く、そうすると戦車を引いてフルスピードでその上を走った馬は必ず撃破された。
01-12 12:34

ローマ帝国時代だと未だ革製の蹄鉄しか無いだろうし 小型のカルトロップも馬に対し有効だったと言う事なのかだが
01-12 12:35

https://t.co/W0Mx9TI4H0 左の様な大型のカルトロップなら 蹄鉄装備の騎兵も阻止出来るのかだが
01-12 12:46

大型の投石機でカルトロップが散布された例等は有るのかだが 振飄石でなら有るのかどうかだが
01-12 12:47

https://t.co/Nq1QYmhnsn 中国のカルトロップ・蒺藜だと 焙烙玉的な物や地雷等で散布される例も有るのかだが カルトロップの入る焙烙玉が投石機で投射される例も有ると言う事なのかだが 棒火矢にカルトロップが入る例は有るのかだが
01-12 13:22

一部の鏃の様に人糞が付いたカルトロップ・鬼箭が利用される例も有る様だが 即効性の毒が塗られる物は有るのかどうかだが
01-12 13:24

https://t.co/L9Quepa6FC カルトロップの入る燒賊迷目神火毬には 毒が入ると有るが カルトロップにも毒が付いている可能性は有るのかだが
01-12 13:36

槍 三角槍 珍品 変わり 握り取っ手?付き 片鎌槍 陣槍 時代物 武具 武道 武術 棒術 登録不要 うぶ荷 https://t.co/ZFgWt04AQF 此れは鳶口槍では無いと言う事なのかだが 鈎は見ない形状だが
01-12 13:58

「根性論のないアメリカで、なぜ優秀な人材が生まれるのか」 https://t.co/7Y6krYlzdD 執念は日本人より米国人の方が上と言う意見も多いだろうし 根性は防衛的な物だが 執念は攻撃的な物であり 相手を叩き潰す為の技術が生まれ易いと言う事なのかどうかだが
01-12 14:19

一方である時点で一番優秀と見える勢力が 必ずしも次に進めている訳では無いと言う事だろうか
01-12 14:23

ある時点で一番優秀と見えた勢力が 実は進化の袋小路の様な物に進んでおり 滅亡したと言う様な例も多いのかどうかだが
01-12 14:24

槍 三角槍 珍品 変わり 鉄の塊 重量3.2キロ 時代物 武具 武道 武術 棒術 登録不要 うぶ荷 https://t.co/FZYIiqWFTV  中央部は木製だが 金砕棒的機能の有る槍と言う事なのかだが
01-12 14:41

漫画等でもそうした執念が強い者同士が潰し合って滅亡し 執念が少ない或いは無い者が生き残ると言うパターンも多いだろうか
01-12 14:46

こうした泥炭利用の兵器等は有るのかだが https://t.co/JZzj8bACx5 >粘土と泥炭を混ぜ合わせて、球状にしたものに火を付けて、それをカタパルトやバリスタでばんばん目標に撃ち込んだらしい。  西欧ではこの種の物も有ると言う事なのかだが https://t.co/9xpZWfYB4S
01-12 15:23

https://t.co/pGrkE5oP8Z >たどんの起りは不明だが,中国では3世紀頃の史書に加工炭の記述がある。日本にも平安時代に動物(獣)形に固めた獣炭が使われたと史書にある。また鎌倉時代に禅文化が,木炭の新用途であるこたつ,たどん,あんかを伝えたようで,
01-12 15:24

>そのころよりたどんは庶民の燃料として使用され,いろいろのことわざや俳句などにも出てくる。  火矢には炭が入っていただろうが 大型の炭を振飄石等で投げ込む様な事は有ったのかどうかだが
01-12 15:26

応仁乱で焙烙玉的な霹靂を発射する発石木(投石機)が利用された可能性も有る様だが 以後は何処迄有るのかだが https://t.co/hT6dAY0P4w 左の明の礟が輸入或いは コピーされた物なのかだが https://t.co/bjZUR8cGip
01-12 15:42

https://t.co/NoJgQiShIB 四川省西部の山岳地帯での運用を考慮した 四川飛石と言う小型の投石機も有るが 日本ではこの種の物は輸入されていないと言う事なのかだが
01-12 15:46

此れはロープを付けた木材を埋めておき 騎兵が接近したら引いて此れを飛び出させると言う物なのかだが 現実の利用例は有るのかどうかだが https://t.co/8GrFb0MKUB
01-12 15:56

此れは一揆軍が大量に奪った槍を 投擲していると言う事なのかだが 正規軍の場合槍を鹵獲しても 投げる事はせず予備の槍として利用されると言う事なのかだが https://t.co/Itr7HFQVPN
01-12 16:02

脳に電気を流せば記憶力がアップする──人間での実証実験に米研究チームが成功 @wired_jp https://t.co/2nUeOEnGw8
01-12 18:32

三国志時代の小札が銀で描かれている様な絵も有るが 北方騎兵でも南部への侵攻を考慮すると 漆塗が塗られると言う事なのかだが 黒光鎧は黒漆塗りである訳だろうか
01-12 18:43

https://t.co/2OUa91ZCC7 >胸部の鉄板は円護と呼ばれ、その表面は錆による腐食を防ぐため、漆が塗られた上で磨かれている。これにより円護が鏡のように太陽の光をよく反射することが明光鎧の名の由来となった。  明光鎧の光る部分でさえ 漆が有ると言う事なのかだが
01-12 19:14

https://t.co/K93qn7epT1 明光鎧の円護も左の様な形の 金漆が多いと言う事なのかだが 銀や他の色も有るのかどうかだが
01-12 19:32

https://t.co/qRmglWEk0z 三国志時代の明光鎧でも 左の様に小札部分が金の物も 高級品では有る可能性も有るのかだが 銀等の他の色は有るのかどうかだが
01-12 20:09

https://t.co/Cou0qJuJAw https://t.co/9cWEYIyvuk 一方で金の騎兵は 漆塗りの鎧は無いと言う事なのかだが 南部では漆を塗っていた可能性も有るのかだが 宋の北部を征服した直後では 漆塗は無い可能性も有るのかだが
01-12 20:15

https://t.co/PrRiKpC9wR 左の漢騎兵の右腕は 装甲は前腕部にも有るのかだが 一体式で小札が有る或いは 肘で分割されている小札が有る可能性も有るのかだが そうした物は三国志時代に有るのかだが
01-12 21:21

https://t.co/PrRiKpC9wR https://t.co/v1qhjWVD6r 軽騎兵と重騎兵の首は 同じ表現がされているなら 重騎兵の襟状装甲は 無い可能性も有るのかだが
01-12 21:28

https://t.co/WxNbfzLaPx 黒光鎧も左の南北朝時代の明光鎧の様に 円護は黒いが 周辺の恐らく小札を包む皮或いは布の色は 自由と言う可能性も有るのかだが
01-12 22:45

https://t.co/F3AhBpxl3Q 明光鎧は左の物の様に 銀や金の円護が装備されていると言う事なのかだが 周辺の皮或いは布の色は自由と言う事なのかだが
01-12 22:47

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://boukenkyuusha.blog72.fc2.com/tb.php/11035-a0b35f28