FC2ブログ

Category

2020.08

 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  

01/11のツイートまとめ 

boukenkyuu

https://t.co/hYkSEmZ2VD 三国志時代の騎兵鎧は左の様な物なのかだが 馬鎧は北方の物は 完全鎧か此れに近い物が利用されていた可能性も有るのかだが 明光鎧はこうした筒袖鎧の 胴だけ変化した物なのかだが
01-11 12:21

https://t.co/TVP6KTyNOW 左の曹操の精鋭騎兵・虎騎の鎧の首には 襟的な装甲が有るが 此れは前漢の騎兵やの357年造営の安岳3号墳の騎兵にも有るが 三国志時代にも有るのかだが 完全な馬鎧が装備された可能性も有るのかだが
01-11 12:34

https://t.co/l8DpZOlIyT 左の西漢(前漢)の騎兵には首に襟状装甲は既に有るが 脚の装甲は後漢の騎兵より少ないのかだが
01-11 12:43

https://t.co/TVP6KTyNOW 虎騎も鎧の袖は筒袖の可能性も有るだろうが 明甲鎧は精鋭部隊の虎騎でも 余り無いと言う事なのかだが
01-11 12:45

https://t.co/zDX1SlP1sU >あの鎧が明光鎧。加えて、あのタイプで黒い漆を塗ったのが黒光鎧。さて、曹魏にはこの類似品の黒光鎧がまとまった数が存在したようですが、それが発覚した経緯が北伐の祁山にて蜀に大敗して大量に鹵獲されたことで記録に残ったという、>―その数5000。
01-11 13:00

明光鎧に黒漆を塗った黒光鎧は 魏には大量に有ったのかだが 精鋭騎兵及び通常の騎兵指揮官辺り迄は 装備していたと言う事なのかだが 虎騎は此れが完備されていた可能性も有るのかだが
01-11 13:09

https://t.co/1rkyoe1S1Z 第四次北伐時の魏軍は10万は居た可能性も有るだろうが 精鋭部隊・虎騎がやられていた訳では無い可能性も有るなら 通常の重騎兵の黒光鎧も可也多いと言う可能性も有るのかだが 完備迄は有るのかだが
01-11 13:12

魏軍の場合は一般の重騎兵は黒光鎧装備で 指揮官は明光鎧装備と言う可能性も有るのかだが
01-11 13:15

虎騎だと完全な馬鎧・明光鎧が完備されている可能性も 或いは有るのかどうかだが
01-11 13:22

https://t.co/8mAjctiFiv明光鎧 形状が確認出来る最古の明光鎧は525年の物と言う事なのかだが 三国志時代の物とは可也異なる可能性も有ると言う事なのかだが
01-11 13:33

https://t.co/4ssf2jW0iC 三国志時代の明光鎧だと 左の筒袖鎧の上に楕円の鉄板が付く様な物の可能性も有るのかだが
01-11 13:51

>明光鎧は、当時はかなり上級の将帥のためのものだったのではないでしょうか。それと言うのも、呉主伝第2(孫権伝)に孫権が曹丕からこの明光鎧を送られた記述があるからです。  一方で黒光鎧は 魏では大量に利用されていたと言う事なのかだが
01-11 13:52

>手や脚を防護するパーツもありましたが、本格的に使用されるのは後のことです。 https://t.co/yASv5xgYbp 左の様な小札式の 前腕部の防具や脛当等が 一部に有ると言う事なのかだが
01-11 14:04

虎騎には https://t.co/NYG3VmI1ih 左の曹操の様に 虎皮が装備されている可能性は有るのかだが https://t.co/4nk6TlNAw9 『春秋左氏伝』(僖公二十八年:紀元前632年)に、晋軍が馬に虎皮の鎧を着せ、敵を威嚇したことが記されている[4]。  春秋時代には馬に虎皮が付けられているだろうか
01-11 14:24

虎騎も全員に虎皮等は無論無いだろうが 指揮官の馬には有る可能性も有るのかだが https://t.co/vRngbUILWC 左の唐時代の虎皮の被り物と類似の物が 指揮官には装備される可能性も有るのかだが
01-11 14:30

https://t.co/4nk6TlNAw9 >曾侯乙墓などからも馬の鎧が出土している。覆面状の兜や、何枚も甲板をつなぎ合わせた胸甲と全身を覆う鎧などが発見されている。  戦国時代初期に 完全的な馬鎧と 板金的な馬面が既に有ると言う事なのかだが 虎騎等も同様の物を装備していた可能性も有るのかだが
01-11 14:34

https://t.co/9MMEjE825V 曾侯乙墓の馬鎧は 皮製で 戦車を牽く馬用と言う事だろうか
01-11 14:37

https://t.co/e5rGAotLoc 左の関羽には板金的な前腕部の装甲が有るが https://t.co/b7hXBQnsmw 左の東周の鎧にはそうした腕装甲が有るのかだが 三国志時代では小札化されていた可能性も有るのかだが
01-11 14:45

https://t.co/uRvARkCM4V 精鋭軽騎兵・豹騎には馬鎧迄有るのかだが 指揮官の馬には豹の皮が装備されていた可能性も有るのかだが 烏桓族本拠地の軽騎兵での奇襲攻撃の際は 豹騎が主力だった可能性も有るのかだが
01-11 15:27

https://t.co/wQgVNNdL1f 205年には既に 虎豹騎は利用されているし >207年、烏丸との戦いで、曹操の指揮の下、曹純が虎豹騎を指揮して、蹋頓を捕虜にした。  白狼山の戦いでも豹騎が主力の軽騎兵が 烏桓族本拠地を奇襲した可能性も有ると言う事なのかだが
01-11 15:34

https://t.co/wQgVNNdL1f >虎士とは、許褚が指揮を執った曹操の護衛を務める曹操軍近衛兵である。  https://t.co/q1gwcLQTv2 虎士は歩兵部隊と言う事なのかだが
01-11 15:59

https://t.co/W2VvpBGLxP >曹操は自ら曹純・文聘と騎兵5千の指揮を執り昼夜兼行の強行軍で劉備を追撃。当陽県長坂で劉備に追いつくと、劉備は妻子を棄てて諸葛亮らとともに数十騎で逃走した。  この追撃の際も 豹騎主体の軽騎兵部隊が利用されたのかだが
01-11 16:08

忍者も一日40里(156km)程度なら https://t.co/2kDr1vLvnp 現代では303km走った例も有るなら 幾らか装備品を持っても走れるのかだが 未舗装の道路を草鞋や足半を利用して走るのなら 現代の走行よりは可也速度は低下するのかだが https://t.co/f01wlMyZja
01-11 16:23

https://t.co/flZjhkCwxW >たとえば「韋駄天」と呼ばれる忍者は、一日に50里(約200km)を走ることができたとされます。  これ以上走った例も 或いは有るのかどうかだが
01-11 16:32

https://t.co/SgJdp6p7MP  >豊臣秀吉に仕えた忍者に「走りの一平」という者がいた。近江国醒ヶ井の透破でその名の通り俊足であった。一説によると甲斐の武田信玄に仕え謙信の動向を伝えた韋駄天ともいわれる。
01-11 16:48

https://t.co/scLh8n7SbP 走りの一平は 川中島時点では武田家に居たと言う事なのかだが
01-11 16:49

走りの一平は 1558年頃に高坂昌信に仕えたと言う事なのかだが 変化の名人・六平というのは 変装の名人と言う事なのかだが https://t.co/PrQr24550l
01-11 17:31

https://t.co/39ObLi37LQ 草鞋も120km程度迄保った例も有るが 40-50kmで交換と言う事なのかだが 一日200km走行する場合は 4つ程度は必要だったと言う事なのかだが 道中で購入する事も可能だろうが 雨天では耐久性は13km等と 可也低下する様だが
01-11 18:53

https://t.co/3BRtwgWVRS アベベは裸足でマラソンを完走しているし 一日200km走る忍者は何も履いていない例も有るのかどうかだが
01-11 18:56

https://t.co/Zr55iIiQYr https://t.co/dlxEavsoFX 足半を履くと高速走行に適した フォアフット走法と成ると言う事だろうが 足半も草鞋よりは軽量で安価だろうが 200km走るのには何足必要なのかだが
01-11 19:11

飛脚が足半を利用したと言う意見も有るが https://t.co/I2jS53xBdS 浮世絵の飛脚に足半が有る例を今の所見ないが 絵の形式で描かれていない可能性等も有るのかだが
01-11 19:17

RT @kerpanen: @NatsumoriY 本物の鏃は刃物になってますから、流鏑馬みたいに急いで番えると、弓手の人差し指、中指あたりを切りそうですね。それで、ふと思いましたが、小笠原流の矢番えは、鏃で弓手を切らないための形なのかも知れませんね。矢番え比較動画 ht…
01-11 19:36

RT @kerpanen: 箙に25隻の矢をきちんと盛るには時間がかかる。おそらく激しい矢戦が予想される場合には、武士が負っている箙の他に、あらかじめ矢を盛った箙が自動小銃の予備マガジンのように1人に三から五腰ほど用意されていたのではないかと思う。保元の乱で、鎮西八郎為朝は箙三…
01-11 19:36

RT @kerpanen: 矢は一隻、二隻、箙は一腰、二腰と数え、箙に矢を入れることを「矢を盛る」と言い、また箙を腰に着けることは「箙を負う」と言う。為朝が用意したのは、矢をそれぞれ24隻、16隻、野矢9隻を盛った箙三腰だった。為朝の矢は太い三年竹で矢束はおそらく110cm前後…
01-11 19:36

90m先に手裏剣を当てられる等と言う次郎坊はhttps://t.co/bnvXFd5vEv 高坂弾正の忍者と言う事なのかだが 他にも手裏剣の名手の忍者が居たと言う事なのかだが https://t.co/VsS2csTuPR
01-11 22:08

影丸の持つ様なこうした大型の手裏剣を 整列する軽装兵の側面から投げて首を斬り大量に倒した例等は有るのかだが 首の骨迄は斬れず 此れに掛かり落下する可能性も高いのかだが 個々の兵には身長差が有るだろうし 肩や頭に当たって落ちる可能性も高いのかだが https://t.co/kcb4ps5dW3
01-11 22:52

普通の手裏剣を同様の形で放って 1枚で2名程度にダメージを与えられれば良い方と言う事なのかだが
01-11 22:58

https://t.co/pxPW2WoMJs このサイズで曲がった刃が付いた手裏剣でも 首の骨を斬るのは困難と言う事なのかだが
01-11 23:09

https://t.co/UMQougMweE 30cmの最大クラスのチャクラムでも 首を落とすのは余り質量も無いから 困難と言う事なのかだが
01-11 23:16

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://boukenkyuusha.blog72.fc2.com/tb.php/11034-021d448f