FC2ブログ

Category

2020.08

 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  

01/10のツイートまとめ 

boukenkyuu

56XKF 【貴重】 槍 ヤリ 武具 武器 戦国時代 珍品 骨董品 年代物 時代物 美術品 224.5㎝ https://t.co/CWUpbyh8zQ この恐らく袖絡は 槍部に返しが有るのかだが 捕物用では無く海戦用の可能性は有るのかだが
01-10 12:35

RT @kerpanen: 流鏑馬装束として弓手に着ける射籠手(いごて)。甲冑の小具足の一部だった籠手が原型。籠手はそもそも両腕に着けていたが、騎射では弓を引く時に邪魔なので馬手には着けなかった。後に弓手だけの片籠手は「馬乗り身分の武士」のファッションになった。弓なんか引かなく…
01-10 12:51

RT @kerpanen: 平治物語絵巻には、ご主人が流行の弓手片籠手にしたので、余った馬手の籠手だけを着けている徒武者がいる。そもそも籠手は両腕分あるので、日本中至るところで馬手の籠手は余っていたはずだ。絵には残っていなくても、こういう例はけっこうあったと思われる。でも、もし…
01-10 12:51

騎馬武者も元寇時等の夜間の下馬しての船上への切り込みでは 弓は利用したのかだが こうした場合は両籠手を装備していた可能性も有るのかだが 右腕に籠手を装備するとしても https://t.co/EllwVF35c7 左の足利義尚の様に直垂内部に装備された可能性も有るのかだが
01-10 12:58

https://t.co/KJxCNXGgzq 十二類合戦絵巻では 猿が右手に籠手を装備して弓を引いているし 14世紀前期では騎馬武者も両籠手を装備して馬上・徒歩で弓を引いていたと言う事なのかだが
01-10 13:10

https://t.co/3nWlMH0uyl 一方で結城合戦絵詞だと 右手に籠手の無い弓歩兵も居るが 靭を装備して右腕に籠手をしている兵も多いだろうか
01-10 13:15

https://t.co/GZUR3Ym9y5 https://t.co/M23AEZcsar https://t.co/ghtI0BS8ao https://t.co/9zB1ebsh0a 朝鮮軍陣図屏風・津軽屏風・大阪冬の陣図・黒田屏風でも 右手に籠手を装備して弓を利用する兵は描かれるだろうか
01-10 13:26

日置流だと袖は装備される様だが 隙間の少ない板金的な籠手迄は装備されるのかだが 袖が無い弓兵も合戦図では特に歩兵に多いだろうか
01-10 13:28

58XKF 【貴重】 槍 ヤリ 武具 武器 戦国時代 珍品 骨董品 年代物 時代物 美術品 251㎝ https://t.co/JpqDhlEUcz 透かしの入る 槍の鈎等も有るのかだが
01-10 13:56

https://t.co/utiQnt8n6x 平治物語絵巻・信西巻に 既に右腕に籠手を装備する弓歩兵が描かれるのかだが
01-10 15:12

こう言う相手を抜き打ちで斬って刀を即座に鞘に入れる例は 刀身や鞘の汚れを考えると無いと言う事だっただろうが 抜き打ちからの峰打ちで相手を全く流血させずに倒したとしても 汗の付着等を嫌って 即座には鞘に収めないと言う事なのかだが https://t.co/xIXhauiMOe
01-10 15:29

鞘が付いた儘の刀を突然抜いて 相手を強打して倒した場合は其の限りでは無いと言う事だろうか
01-10 15:31

影丸伝だと馬借が馬に乗って戦闘しているが 基本的に荷物を運ぶ馬しか無いとすると 竜騎兵的な運用しか出来ない可能性も高いのかだが https://t.co/XObZjTPQg7 馬借も護衛兵を連れていると有るが 恐らく歩兵と言う事だろうか https://t.co/zGC65ipAnO
01-10 15:44

https://t.co/5Q2nWp1dFo 石山寺縁起絵巻の馬借の利用する様な荷馬には 果たして人を輸送するだけとしても乗せたのかどうかだが
01-10 15:48

https://t.co/pP8B4dKhbJ >馬借一揆【ばしゃくいっき】中世後期の主要な陸上輸送業者であった馬借が蜂起した一揆。本来は延暦(えんりゃく)寺による強訴(ごうそ)の一環として登場したが,のちに土一揆の先頭を切った行動として注目された。
01-10 15:54

馬上からの鉤縄での騎兵への攻撃や 縄や丸太を使う様な攻撃は 風魔忍者でも果たして有るのかだが 風魔忍者傘下の馬を使う盗賊や 各地の馬の機動力を利用する山賊等なら 通常の騎乗戦は可也出来た可能性も有るのかだが https://t.co/mkDNEu8rrS
01-10 16:15

そうした盗賊が一揆軍の騎兵・竜騎兵として活躍等と言うのは 何処迄有るのかだが 鎮圧者側に付いた盗賊も多いのかだが 忍者の傘下で活躍するだけでは無く 正規軍に編入された例も有るのかだが
01-10 16:23

https://t.co/juWCVyvl3N >こうした土一揆の頻発は、幕府権力の弱体化をもたらしていったが、幕府の対応は鈍く更に実際に鎮圧にあたった守護大名配下の武士の中にも長年の京都滞在に伴う生活逼迫から似たような状況下に置かれた農民達に同情的な者も多く一揆側に寝返る者が現れる始末で、
01-10 16:33

一揆側に付いた武士が 馬を使う盗賊と連携し騎兵として活動していた例も関東等では有ると言う事なのかだが
01-10 16:37

RT @kerpanen: 流鏑馬流派、小笠原流(右)と武田流(左)の流鏑馬射手装束の違い。双方とも鎧直垂に射籠手、騎射手袋を着用しているが、小笠原流は綾藺笠(あやいがさ)、武田流は鬼面を載せた騎射笠を被り、行縢の着け方も違う。右写真は小笠原流の平騎射射手の装束。行縢、箙は…
01-10 16:43

RT @kerpanen: 武田流は直垂の袖を括らないが、弓を引く邪魔にならないように袖は小さい。小笠原流は直垂の船形の袖口を括り、見えにくいが背中に箙を負っている。武田流は箙は使わず、矢は帯に差す。行縢は左右の重ね方も両流派で違っていることに注意。 https://t.co/
01-10 16:52

https://t.co/EQOYthOXcR >9月:東寺、北野社の占拠及び丹波口、西八条の封鎖。延暦寺が六角満綱の徳政令に反対した事から同支配下の近江の馬借が一揆から離反・敵対するも、一揆は更に清水寺占拠。  延暦寺の下位の僧兵が 傘下の馬借の護衛をした例等は有るのかだが
01-10 16:54

RT @kerpanen: 小笠原流の箙と、武田流の流鏑馬射手。 https://t.co/Xci2cEC96r
01-10 17:21

RT @ekkiwamaje1: 連環馬昔横山光輝版「水滸伝」で読んだ呼延灼将軍の連環馬。馬鎧をフル装備、鉄の環で繋ぎ、横並びで迫ってくる戦法。衝撃受けたけど、一頭パニクったらもれなく全頭パニック。敵もびびっただろうけど乗ってる騎兵はもっと怖かった気がする。。
01-10 18:26

https://t.co/360fM7jCtT 連環馬も史実では 前燕の慕容恪が352年の魏昌城の戦いで利用したと言う事なのかだが 馬を一匹でもやられると機能しないなら 以後は対策が採られて廃れたと言う事なのかだが
01-10 18:31

https://t.co/ORgtfaTUDP >また自ら率いる本隊には方陣を形成し、射撃の巧い鮮卑五千人を選抜して各々の馬を鉄の鎖で結んだ上で陣列の前方に配置した。両軍の合戦が始まると、冉閔は朱龍という1日に千里走るといわれる駿馬に跨り、左手では双刃矛を、右手では鉤戟を操りながら、
01-10 18:40

>前燕軍を攻め立てて自ら300人余りを討ち取った。さらに、大将旗を望み見て敵本陣が近い事を知り、勢いのまま突撃を仕掛けた。ここで慕容恪は両翼の部隊を動かして挟撃を仕掛けさせ、冉魏軍を大いに破って7千人余りを討ち取った。   連環馬はこの両翼の部隊に 有ったと言う事なのかだが
01-10 18:41

https://t.co/kxCTRsgO1O 水滸伝の連環馬の動画とは 此れ以外にも有るのかだが 水滸伝の北宋末期の時代のリアルの鎧を装備している動画等は有るのかだが
01-10 18:50

慕容恪も正面攻撃で連環馬を利用すれば 集中攻撃で撃破されると見て 敵を正面で乱戦で持ち込んでからの 側面攻撃にのみ利用した可能性も有るのかだが
01-10 19:09

https://t.co/oquCZr5VBg 五胡十六国時代でも馬鎧は有るが 弩の近距離射撃では撃破され得ると言う事なのかだが
01-10 19:16

https://t.co/oquCZr5VBg >秦漢時代に流行したのは、装備が軽くて動きやすく、機動戦術に適した軽装騎兵でした。魏晋時代になると、騎兵と軍馬に防御力の高い重装の甲冑を装備させるようになりました。  所謂三国志の時代では 魏以外に馬鎧は余り無い可能性も有るのかだが
01-10 19:32

https://t.co/2OUa91ZCC7 >三国時代の軍では全身を鱗状の金属片で覆う筒袖鎧という形式が一般的で、実際に明光鎧を使用していたのは一部の位の高い将官に限られていたと思われる。  明光鎧も三国志の時代から有るが 打物と言うより弩対策で出た物の可能性も有るのかだが
01-10 19:40

明光鎧も 五胡十六国時代には装備率は増えていたのかだが  https://t.co/FAeXtbaGMU 左の北朝騎兵の物に類似している可能性も有るのかだが
01-10 19:51

https://t.co/BBw4lUq1Uc 三国志の時代だと完全な馬鎧は無い説も有るが 4世紀半ばには登場していると言う事なのかだが 人の装甲も可也完全な物が 連環馬が利用された352年時点では有ると言う事なのかだが
01-10 20:04

https://t.co/gQ3UDgLeTE >さらに、敵本陣と思われる大旗を望み見ると、勢いのままに全軍を挙げて攻撃したが、陣の先頭には鎖で繋がれた騎兵達が陣取っており、突入できなかった。ここに、前燕軍が両翼から挟撃を仕掛けたので、冉魏軍は大敗を喫した。
01-10 20:17

前燕軍の連環馬も 本陣の前衛に配置されていたのかだが 冉魏軍も前燕軍本陣に至る直前の白兵戦時には 弩部隊は後方に居た可能性も有るなら 此れでの即座の撃退は困難だった可能性も有るのかだが
01-10 20:23

慕容恪も前衛部隊が白兵戦に持ち込み 冉魏軍の弩部隊を後方に下げさせた後 連環馬を突入させる事を考えていたと言う事なのかだが
01-10 20:25

https://t.co/gQ3UDgLeTE >冉閔は一日千里を走る名馬と言われた朱龍に跨り、左手で両刃矛を、右手で鉤戟を操り、風上から前燕軍へ突撃し、三百余りの首級を挙げた。 >冉閔は幾重にも包囲されたが、これを突破すると東へ逃走して20里余りに渡って逃走した。だが、朱龍が疲れから倒れてしまうと、
01-10 20:37

朱龍と言うのは アハルテケ的な馬なのかだが 一日千里(400km)走れる筈の朱龍が20里(8km)で疲労したのは 戦闘で馬鎧を装備してギャロップを繰り返した後だったからなのかだが
01-10 20:40

冉閔も逃走用に別の装甲の無いアハルテケ的馬が有れば 或いは逃げられたのかどうかだが
01-10 20:43

https://t.co/wSM3TAOj0Y >ロシアで成立した品種のドン種が24時間で284km(170マイル)を走ったというのがあります。  >馬が、生命の危険無く、安全に長距離を走る競技で、「エンデュランス」というものがあります。https://t.co/UiDIqvuX5C24時間かけて、160kmを走破します。
01-10 20:52

https://t.co/mIdDQcb7gi >1935年、トルクメン人の騎手団がアシガバートからモスクワまで2,500マイルを84日で走破したのが示したように、
01-10 20:56

アハルテケが2500マイル(4000km)を84日で走破した例も有るが 一日47km程度しか走っていないが 全速なら160kmは走れると言う事なのかだが
01-10 20:57

https://t.co/eYD6mkCzrw >24時間走の世界記録はどれくらいだろう、知っておいても損は無い、と検索してみると。世界記録は、303.506 km、ギリシャのYiannis Kourosさん。24時間走り続けるその速度は、1キロ当たり4分38秒。これはフルマラソンを3時間16分ペース。
01-10 21:03

人間は馬より長距離走行向けと有るが アハルテケでも一日300km程度は走れる可能性も有るのかだが
01-10 21:05

RT @kamaeatte: 新陰流訓閲集に「槍を合わせ戦う時は、敵の内冑を突くべし。敵、くたびれるぞ」とある。内冑(内兜)は兜の眉庇内側の意。また長宗我部元親が初陣のとき、家臣から槍で敵の目を突くよう助言された逸話もあり、槍で目(顔面)を突いていくのは鎧武者に対して有効な戦法…
01-10 21:29

https://t.co/BBw4lUq1Uc 高句麗の安岳3号墳に描かれる騎兵の鎧は 前燕と同形式の物なのかだが https://t.co/f9Hey0kARh 前燕からの亡命者・冬寿の墓と言う意見も有るだろうか
01-10 23:10

https://t.co/OJX8GmoGPe 安岳3号墳は357年造営と有るから 同時期の連環馬が利用した鎧が描かれる可能性も有るのかだが https://t.co/08uhOhH0zP 騎兵の鎧は完全的だが 前腕部は装甲は無いのかどうかだが
01-10 23:13

胸部が明甲鎧的な騎兵は 安岳3号墳では描かれないと言う事なのかだが
01-10 23:19

https://t.co/KYNMOEyLLg … >冉閔は一日千里を走る名馬と言われた朱龍に跨り、左手で両刃矛を、右手で鉤戟を操り、風上から前燕軍へ突撃し、三百余りの首級を挙げた。  https://t.co/KH4IHoNmm0 鉤戟と言うのは 戈と矛を組み合わせた戟と同様の物なのかだが
01-10 23:33

https://t.co/EEKXPpNgaz 冉閔が戟或いは鉤戟を2本持つ絵も有るが 片方は枝の無い両刃矛だったと言う事なのかだが
01-10 23:48

https://t.co/kvIvBMy7yl https://t.co/kIEveeW1Eu 馬上で長物2本を持つ絵は イスラムや日本にも有るが 使用例は有るとしても相当に少ないのかだが
01-10 23:53

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://boukenkyuusha.blog72.fc2.com/tb.php/11033-0a4c81e1