FC2ブログ

Category

2020.08

 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  

01/09のツイートまとめ 

boukenkyuu

忍者武芸帳・影丸伝の 後ろに回り込んで棒の後方で突く技は現実に有るのかだが 半身の相手の横に回って棒の後方で突くと言う例なら有るのかだが https://t.co/4DPufKAnan
01-09 09:38

こうした形で分銅を回しても 槍はアウトレンジ出来ないだろうが 刀を持つ雑魚兵なら包囲された状態で 足なら打つ事は出来る可能性も有るのかだが 皆ほぼ等距離で無いと 手を動かして距離を調整しても分銅では無く鎖が当たったり 鎖も当たらない可能性も有るのかだが https://t.co/1GSDAtnp7t
01-09 09:45

雑魚相手なら鎖が当たったり 近距離で分銅が通過するだけでも踏み込みを思い留まらせるだけの牽制には成ると言う事なのかだが 余り内側が当たると鎖が巻き付く可能性も有るのかだが
01-09 09:48

腕だけでは無く体も移動させる事で 旋回中の分銅の位置は可也調整は出来ると言う事なのかだが
01-09 09:54

雑魚相手で無ければ分銅が通過した直後に背後から攻撃されると言う事なのかだが 誰か一人の刀や鞘に分銅を絡められた後 他者に背後等からやられる例も有るのかだが
01-09 10:08

☆調略☆ 兜・胴・籠手・袖・佩楯・脛当金具・鎧櫃   検/武具・甲冑・兜・鎧部品 https://t.co/DwCqBvxVaT 此処迄鉄の少ない籠手は 戦国期に有るのかどうかだが
01-09 11:38

https://t.co/GftnNInHV8 猿や犬の毛皮の中に入って 忍者が偵察と言う様な例は忍秘伝等の伝書にも有るだろうが 熊は有るのかだが こうした形で内部から銃を使う場合は 前脚に入る腕は外していると言う事なのかだが https://t.co/0DICGEDTpe
01-09 15:34

夜間なら雪中で白い布を被って 可也近距離迄接近出来る可能性は有るかも知れぬが 犬に遠距離から発見される可能性は有ると言う事だろうか https://t.co/3eSlBaR2b9 明治期の浮世絵なら雪用の白い忍者服らしき物は描かれるが 白い布を被って偽装した例は有るのかどうかだが https://t.co/7Rj7GRJ7jg
01-09 15:46

こうした偽装をする場合は 敵の首等を利用し 偽の討ち取った盗賊の首を大量に持参しておくと言う事なのかだが 指揮官に変装が困難なら 戦死したとして遺体を丁重に運ぶと言う事なのかだが 盗賊討伐時に指揮官や副将等しか知らぬ様な合言葉が使われる例は有るのかどうかだが https://t.co/4YwbfZRxDj
01-09 16:34

刀が折れて予備の刀も無い場合は 敵の刀を奪うか味方から刀を得る迄 緊急的に二刀とすると言う例も有るのかだが 予備の刀が無い場合は余裕が有る時に敵の刀を奪って 腰に装備しておくと言う事も行われたのかだが https://t.co/kUUNM70Zax
01-09 17:17

余裕が有れば折れた刀を捨て 鞘と小刀の二刀に移行する例も 鞘に強度が有れば有るのかどうかだが
01-09 17:19

こうした星型手裏剣での刀の受けと言うのは 緊急時には行われたのかだが 根本付近に刃が無ければ 衝撃で手が切れる事は無いのかどうかだが https://t.co/BLOoxBIYlT
01-09 17:22

星型手裏剣も右の写真に有る物よりサイズが大きく無いと 刀を受けられるのかどうだが 新陰流の三光手裏剣には持って戦闘する事を考慮した手溜まりが装備される物も有る様だが 戦国期にこうした物は有ったのかどうかだが https://t.co/MALv844tZt
01-09 18:05

上泉信綱考案の三光手裏剣には 格闘戦用の突起は未だ無いと言う事なのかだが 左の十字手裏剣(十四剣)は刃が長い部分が有るが 格闘戦で持つ部分の可能性も有るのかだが https://t.co/dZKROgBTth
01-09 18:14

新陰流に大型の 格闘戦も考慮した手裏剣が有るが ブーメラン的形状の物も有るが ブーメラン的利用は無いと言う事なのかだが https://t.co/eNMLaZm20X
01-09 18:51

RT @kerpanen: 山歩きは和種馬に限る。東山道目指して外乗に行き山中を踏破する映像。和種馬は急斜面を登り降り薮の中を力強く進む。映像ではあんまり急に見えないけど、ホントはけっこうスゴい。昔も街道に出るまでは、こんな道とも言えぬ道を延々と踏破していたんだと思う。ノーサイ…
01-09 19:20

RT @kerpanen: これ本当は道に迷ってる。先導してるノーサイドのオーナーは「馬が怒ってるよ」とぼやきながら、なんとか東山道に出れると「馬はスゴいね」なんて言って。写ってないけど、幅50cmくらいの尾根道も通ったりスリル満点。流鏑馬の装束は「狩装束」だけど、実際あれで狩…
01-09 19:20

RT @kerpanen: 騎馬で山に入る必需品。狩装束の流鏑馬射手が腰に着けている夏鹿毛を行縢(むかばき)と言う(流派によって着け方が異なる)なんでこんなの着けてるの、と、思うかもしれないけど、馬で山に入ると、膝を木の幹にぶつけたり、薮が足にからみついたり、行縢の必要性がわか…
01-09 19:20

足柄山拠点の盗賊行為もする風魔忍者は山に乗馬して逃げる事も有るとすると 木で脚を傷付けるのを避ける為に行縢を装備する例も有るのかだが
01-09 19:23

そうした行縢も夜間の秘匿性を考慮して 黒い熊皮等が使われる例が多い可能性は有るのかだが
01-09 19:25

熊毛らしき行縢も描かれるが 此れは多数手に入るのかだろうし 雑魚的な者は白い斑点の無い鹿皮が利用される可能性も有るのかだが https://t.co/QVV40J2jTZ
01-09 19:39

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://boukenkyuusha.blog72.fc2.com/tb.php/11032-9c1fa20f