FC2ブログ

Category

2020.08

 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  

01/04のツイートまとめ 

boukenkyuu

RT @TomoyukiSugao: 12/4 Googleの画像検索で「期間を指定」がなくなっている。9月くらいからそうなっているとのこと。確かに無くなってるな。 https://t.co/BlJG9TMUMV @rustybrickさんから
01-04 08:55

google画像検索の期間指定は ツールからは1年前以前は出来なく成ったが https://t.co/4kmH2mDeVP 左の演算子before: after:を利用すれば依然出来る様だが
01-04 09:01

RT @kerpanen: では兵糧は一日、一人当たりどのくらい必要か。多めに見積もり一升(1,5kg)。当時、兵糧は基本的に自前。自分たちで運んだり、現地で購入(または略奪)、同行する御用商人から購入、場合によっては大名が支給してくれたり、時期、場所、状況によって様々。必ずし…
01-04 09:09

RT @ekkiwamaje1: 「武者の落馬心得」兜により重心が変わる。頭から落ちないよう気をつけるべし。胴の胸の部分による顎、唇付近の強打は必至。甲冑で様々な所の肉を挟む。地味に痛い。甲冑を傷つけまいと粘りすぎると大怪我に繋がる。諦めろ。重装備で臨んでも…
01-04 09:10

RT @ekkiwamaje1: @kerpanen 兜によって重心が変わることは昔の人も考えていたようで、古流の柔術にはそれを利用した投げ技があるほどです。立ち乗りして、馬の前に寄って乗る時は特に注意が必要ですね。
01-04 09:10

関東や東国の五枚胴は前部が低い故に胸板で首を打つ事は無いと言う事だったかも知れぬし 騎乗戦を考慮した胴と言う事なのかだが
01-04 09:19

https://t.co/KQsw5Dil7j 左の宝島社・兜と甲冑に有る毛利秀元の具足の胴は 騎乗時に首・腰を打たない為に上下端が分割されると有るが こうした物は何処迄利用されたのかだが
01-04 09:25

西国に多い伊予札の胴は 騎乗する事の多い指揮官や馬廻が首や腰を打たない為に利用されていたと言う可能性も有るのかだが
01-04 09:28

西欧の鞍の場合は https://t.co/UZb1Ekwr8I 14世紀には落馬し難くする為に腰を包む様な物が出現していると言う事なのかだが これでも落馬はしていたと言う事なのかだが 鞍に自身を縛り付けるとやられた馬から即時に脱出出来ずに 危険な事と成ると言う事なのかだが https://t.co/7wB4kdKUas
01-04 10:25

https://t.co/Ze1HIOeGnE 12世紀の西欧の鞍は 未だ腰を包む様な構造では無いと言う事なのかだが https://t.co/N3IFt1jXS3 13世紀初期にはそうした構造の物も既に出ていると言う事だろうか
01-04 10:33

西欧で腰を包む鞍が出て来たのは甲冑の重量が増したからでは無く 所謂ランスチャージでの馬の体重を掛けた槍の衝撃で落馬するのを回避する為と言う事なのかだが 一方で馬上での動作は制限され 白兵戦ではやられ易く成っていた可能性も有るのかだが
01-04 10:37

https://t.co/UP8kWODaC4 一方で腰を包むタイプの鞍を装備しても ランスチャージを受けて落馬している場面は描かれると言う事だろうか
01-04 10:50

☆調略☆受筒   検/武具・甲冑・兜・鎧部品 https://t.co/4XoHGS3XhS 戦国期にこうした色の有る受筒と言うのは 有るのかどうかだが
01-04 11:19

カムイ外伝に有るこうしたブーメラン的手裏剣は 今の所未発見と言う事だろうが https://t.co/xNDKvbUU8k アボリジニには戻るタイプの 刃の付いた戦闘用ブーメランも有ると言う事なのかだが https://t.co/hJr9pKkOQv
01-04 12:36

https://t.co/I5M9vIryAm >「ガリアのミサイル」と呼ばれるCateiaという武器は、手元に帰ってくるという記述からブーメランではなかったかと言われています。  ガリア人のブーメランも 戻るタイプで刃の有る物なのかだが 取る際は鎖手袋等が利用されたのかだが
01-04 12:39

こうしたブーメラン的手裏剣を同時多数放られた後で 通常の手裏剣を直打されれば回避し難く成り厄介と言う事は無いのかだが
01-04 12:46

https://t.co/WE5ZdB2j0A >オーストラリアのアボリジニのブーメランは、その翼端がひねってあるのが特徴である。これによって、他のブーメランにはない複雑な軌道を描くことができる。  こうした一見対処し難い軌道を取る物を多数放ったとしても 敵の周囲には余り集まらない可能性も有るのかだが
01-04 12:48

https://t.co/YsvN79zNWL >ブーメランは一般的に「投げると戻ってくる武器」と言われるが、武器としてのブーメランは投げた後は戻ってこない。投げた武器が戻ってきて自分に当たると「痛い」じゃすまないから当然だが。
01-04 13:27

戻って来た物は落下した後で取るか 鎖手袋等を装備して取ると言う例も有るのかだが カムイ外伝の物の様に敵の周囲を周回させ続けると言う方向も有るのかだが
01-04 13:29

こうした喉への蹴りなら 相手を大きく飛び越さなく共良いと言う事だろうが 此れでさえ使われる例は有るのかどうかだが 蹴った後で飛び越して背後に回る事も出来ると言う事だろうか https://t.co/uoOpaImprg
01-04 13:58

喉へのキックが外れても後方から延髄を蹴れ 此れも回避さたら後ろに回り込み得るのかどうかだが
01-04 14:02

酉蔵もこうしたブーメラン的手裏剣が危険と判断したら 伏せて攻撃範囲から移動すれば命中はしなかった可能性も有るだろうが 直打される手裏剣が回避し難く成る可能性も有るのかだが https://t.co/T3xgirBbZj
01-04 14:49

カムイが酉蔵の背後の急所を突く様な危険なコースのブーメラン形手裏剣だけでも 遠距離で不規則な軌道であれ針形手裏剣の同時多数投擲等で 撃墜するかコースを逸らす等出来た可能性は有るのかどうかだが
01-04 14:58

ブーメラン手裏剣にも毒が有れば 耐性の無い一般人では急所以外に命中しても やられると言う事だろうか
01-04 15:01

こうした含み針も https://t.co/Kt0jE1iMdQ  >実際には直接針を口に含むのでは無理があるので針を入れた道具を口に含むようである。 筒に仕込んだ上で口に隠すと言う事かも知れぬが 同時に多数放つ事は何処迄出来るのかだが 束とされた筒を複数口に入れる可能性も有るのかだが https://t.co/VOXE8zxBlb
01-04 15:13

含み針も毒が入るタイプは耐性の有る忍者が利用しないと 毒が漏れた場合やられる危険も有るのかだが 射出口は防水紙で封は出来るのかどうかだが
01-04 15:14

含み針も束に成っている発射筒を2つ使って 両目を同時に潰す等は出来るのかどうかだが
01-04 15:24

https://t.co/5Y4TCnJE0C 武芸十八般に含針術が有ると言う事は 忍者専用の物では無いと言う事なのかだが 一般用の物に毒迄は利用されるのかだが
01-04 15:34

ナイフを左右にスイッチしての奇襲と言うのは https://t.co/QIaTAVwqva 左にスイッチした後敵のナイフの届き難い左に回り攻撃と言う様な物も有るが 半身の相手にはこうした回り込みは 困難と言う事なのかだが https://t.co/nsoToQu9Dk
01-04 17:07

敵にナイフを持つ腕を掴まれた際に 逆の手に投げて持ち替えると言う技も有ったかも知れぬが 放せない様に指を拘束されれば困難と言う事だろうか ナイフの刀身自体を掴む技も有るだろうし ナイフを落とす技も有るだろうか
01-04 17:33

https://t.co/nWtaKaqdVj 此れはナイフを投げては無いが ナイフを持つ右手を掴まれた直後に左にスイッチすると言う例だろうか
01-04 17:59

https://t.co/4zMEHnJJLq 下の方のコマは 短刀を左右スイッチして奇襲すると見せて 別の短刀を放ったと言う事なのかだが
01-04 18:05

短刀をスイッチさせた方の手に目を行かせている間に 逆の手で短刀を投げて奇襲効果を高めたと言う事なのかだが
01-04 18:07

https://t.co/4gJbOPZcWa ナイフをスイッチされない様に腕を掴む方法も有るし 両手を抑える例も有るだろうか
01-04 19:08

https://t.co/gOAj5XyU3b ナイフを持つ腕をブロックされた際に スイッチする技も有ると言う事だろうか
01-04 20:07

https://t.co/NiCNwy2D8N 両手を掴まれた状態からでも スイッチし反撃する技が有ると言う事だろうか
01-04 20:20

https://t.co/3SWtbFeU2R 敵のナイフで腕を斬った後 スイッチして攻撃と言う例も有るのかだが
01-04 20:44

https://t.co/4zMEHnJJLq 3コマ目は上に短刀を振り被ると見せかけて背後から左手にスイッチし 下から突く事を狙うと見せたと言う事なのかだが 実際はスイッチした左手に目を行かせた後 右手で別の短刀を投げたと言う事だろうか
01-04 20:52

長内要助の剣は空中での左右スイッチが多いが 敵の攻撃と同方向にスイッチして逆側に抜けつつカウンターを掛ける物なのかだが https://t.co/GeYM7yKb2p
01-04 21:30

半身の相手にはそうした事をしてもアウトレンジ出来ないだろうし 半身では無い相手でも 同様に敵もスイッチすればアウトレンジは困難と言う事だろうか
01-04 21:39

刀を投げてスイッチすると見せるフェイントを掛け 投げた直後に攻撃しようと言う敵にカウンターを掛けると言う例は有るのかどうかだが
01-04 21:52

筒抜けの術と言うのは 巻き付いた鞭を回転して振りほどく技の様に見えるが 巻き付いた分銅鎖からこうした形で脱出した例は有るのかどうかだが https://t.co/nxik3H5ScW
01-04 21:53

腕に巻き付いた分銅鎖は腕を上げて体を回転させれば スルジンの様にロック機構が無い物なら取れると言う事なのかだが
01-04 21:57

衣返しの術は服で視界を奪ってから 手裏剣を投げる技と言う事かも知れぬが このサイズの物では頭蓋骨は貫通出来ぬと言う事だろうか https://t.co/xSHrpcvcgj
01-04 22:07

酉蔵もカムイに類似の技を受けているが 着た状態の羽織を何処迄高速に放れるのかだが 直前に短刀を投げて相手の反応は遅らせてはいるだろうか https://t.co/Kw83CUStyz
01-04 22:37

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://boukenkyuusha.blog72.fc2.com/tb.php/11027-7a6b9148